以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2018-04-15 (日) | 編集 |
パリ旅行記事は 今回で最後です。



パリ滞在の最終日に
サクレクール寺院に向かいました。



今日も天気は快晴‼️

20180408094403be1.jpeg

教会の中は、写真撮影禁止だった様な気が、、、、、


201804082318564c4.jpegサングラスは合成

『ほうれい線』をジィーっと見ないように。

20180408094405b56.jpeg

サクレクール寺院の帰りはブラブラと散策。

来た時とは違う アベス駅から帰ることにした。

201804080944420b8.jpeg

駅の裏側

たまたま通りかかった 小さな公園に【ジュテームの壁】発見。

色々な言語で『愛しています』『好きです』が書いてあるんです。

さすがフランス💕



でも、、、
我々には関係ないねーー(笑)

20180408094441bcf.jpeg

アベス駅はずーっと地下にあるんです。
地下に降りる螺旋階段の壁には
ずっとこんな写真が貼ってあります。

ワタシ達は【下り】だったので楽々歩けましたが
【上り】の人々は息切れしておりました。



日曜日でも空いているレストランで
簡単な昼食を済ませ

20180408232447b58.jpeg

空港へ向かう待ち合わせの時間まで
ギャラリー・ラファイエット(デパート)などで
お土産のチョコレートやマカロンを物色して過ごしました。

2018040823185565d.jpeg

うーーーん
どれも美味しそう、、、、、💛目移りするぅ。

でも、さすがにこれは持って帰れない。

201804082318541dd.jpeg

カラフルなマカロン。
少しだけ購入しお持ち帰り。


15:00 過ぎに シャルル・ド・ゴール空港へ向かいました。



帰りの飛行機ももちろんエコノミー席。

でも3人並びの席で 1席が 空席でした。
人気路線でこれは ラッキーでした❤️

2018040900054017c.jpeg

帰りも ずっと天気は快晴。
飛行機からは 雪が積もったロシアの台地が延々と見えていました。


羽田空港には15時過ぎに到着し、
高速バスに乗り、渋滞にもあわず自宅に戻りました。



帰宅して ゆっくりしている暇はありません。
翌日から仕事です。


今回は6日間しか休みを取らなかったのでスケジュールがキツキツでした。
それでも自分なりに 十分 楽しめました。




ところで お買い物の話を。

自宅用には
チョコレート、マカロン、紅茶、バター、塩など(食品ばかり‼️)を購入。


このボンヌママンの
マドレーヌと、プチマフィン 自分は気に入っています。

20180408231858b70.jpeg

なかなか美味しいんです。
お値段もお手頃なんですよー。



そして

楽しかったパリの思い出を
時々 思い返しながら

今を頑張っていますよ。



また いつか

旅行資金を貯めて行くぞーー











2018-04-08 (日) | 編集 |
いい加減
2月のパリ旅行話を完結しなくてはね。



パリ3日目。

この日は土曜日。

20180407113041550.jpeg

バス停に座ってバスを待つムスメ。

95番のバスに乗って向かうのは

ヴァンプの蚤の市。



95番のバスに乗っていると
同じ目的と思われる日本人グループが2組ほど乗り込んで来た。

2018040807312241b.jpeg

バスには乗ったのもの その後
どうしたら良いのかわからずオドオドしている日本人オバちゃんズに
「カルネをそこの器械に差し込むんです」
見かねて 声かけたワタシ。 ← 知ったかぶりになってしまった(笑)

30分ほどで バスは終点『ヴァンプ』に到着。

乗りかえないので便利です。

20180407113213bb3.jpeg

ヴァンプの蚤の市も、
日本人が沢山来ています。

途中、トイレの前で話しかけられたのは『一人で来た』という日本人のマダム。
この後 ロンドンに行くとの事。
「昔よりも掘り出し物のレースが少なくなったわ。
最近は本当にただの【フリーマーケット】になっちゃって、、、、」
と嘆いていました。

20180407113214834.jpeg

そう言われれば そうなのか。

確かに アンティーク市とか骨董市というより

家庭の不用品を出してる「フリーマーケット」風な気がしました。


2点ほどお買い物をし、
再びバスに乗り、ホテルに戻って荷物を降ろしました。

ホテルの近くで昼食をとり
今度はメトロ(地下鉄)に乗ります。

20180407113043899.jpeg

まずは 奇跡のメダイ教会行ってお祈りを捧げて

その後 老舗デパートのボン・マルシェに向かいました。

ボン・マルシェを見てから隣のラ・グランド・エピスリー(食料品館) へ。

紅茶とかバター、チョコレート、塩などを購入します。

20180407113731ab2.jpeg

ミネラルウォーター売り場が
本当にキレイです。

20180408081210be6.jpegこの写真お借りしました

きっと『インスタ映え』って言うんでしょうか、、、、

20180407123644385.jpeg

さすがフランスの老舗デパート。
ディスプレイが美しすぎます。
地震がない国だからでしょうか、、、、、、

201804071132158ad.jpeg

バター売り場で、どのバターを買って帰ろうか迷います。
全部美味しそう❤️💛😻

20180407113309e9f.jpeg

以前にも来た
かわいいキッチン用品がところ狭しと売っているお店。
かわいいマグネットがあったのでまた今回も覗いてみたけれど
気にいる物がなく、今回は購入せず。


その後はルーブル美術館前までバスで戻って
ガラスのピラミッド前で写真を撮ったり
周囲を散策したりして過ごします。



冬のコンコルド広場には 大観覧車「グランド・ルー」が設置されますが
今まで1度も乗ったことはありませんでした。

20180407124659f14.jpeg写真お借りしました

エッフェル塔のシャンパンフラッシュを、観覧車の上から見たい‼️
急に思いたったワタシ。
寒い中 大観覧車に乗る列に並びました。

15分ほど待ったでしょうか。
ワタシ達日本人母娘2名と、後ろに並んでいた
スカーフを頭に巻いたイスラム系の、母と6〜8歳ぐらいの子供3人。
6人が同じゴンドラに乗るよう誘導されました。


徐々に高くなるゴンドラの中から見下ろす
ルーブルやパリの街並みが綺麗でした。

20180407113046377.jpeg

隣のイスラム系の子供3人も口ケンカをしながらキャッキャッと大騒ぎして
何語なのかは わからなかったのですが
景色を見ながら、微笑ましくその様子を見ていました。

途中、スカーフを巻いている母親から
「英語は話せるか?」と英語で話しかけられ「少しなら」と答えました。
「どこから来たのか?」と聞かれ「日本人」と答えると
そのイスラム系の母娘達は、(ヤッパリ❗️)という様な納得したようにニコニコ頷き、
「私たちはモロッコから来たのよ」との事でした。

母だけ今フランスで働いており、
子供達を休暇で呼び寄せた、、、と話ししていました。

201804071130451bf.jpeg

観覧車に乗っている間に エッフェル塔のシャンパンフラッシュが始まりました。

キラキラキラキラ、、、、、、
点滅しています。

20180407113308f0a.jpeg

パリ 3回目にして初めて見る事の出来た
シャンパンフラッシュ。

パリ 最後の夜に
見ることが出来て本当に良かった。

思い出の夜です。








2018-03-20 (火) | 編集 |
次の日
メトロに乗って 凱旋門の近く
このバス停を目指して やってきました。



ここから
ブローニュの森にある
ルイ・ヴィトン財団の美術館『Foundation Louis Vuitton』
フォンダシオン ルイ・ヴィトン美術館 に向かいます。

2014年にオープンしたルイ・ヴィトン美術館。

2018031823025847e.jpeg

建物は世界的に著名な建築家である
フランク・ゲーリーが設計。

ルイ・ヴィトン財団が所有する現代アートを展示しています。

あらかじめ日本からネットで予約しておきました。
ルイ・ヴィトン美術館専用の送迎バスも一緒に予約済みです。

20180318221418407.jpeg画像お借りしました

小さな電動バス。
座席は少ないのですが、一番前に並んでいたので座る事が出来ました。

凱旋門のバス停から
美術館の前までバスが連れて行ってくれます。

2018031822142190e.jpeg

見よ❗️ピカピカの 巨大なLV マーク‼️

ルイ・ヴィトン好きの人にはきっと たまらない美術館ですね(笑)

20180318211229ec8.jpeg

写真を撮っている黒い人影はワタシだよ〜。

201803182112262bb.jpeg

ちょうど
ニューヨーク近代美術館から貸し出された絵画など、
『MoMA モマ展』を開催中です。

ニューヨークまで行かなければ見れない絵画が パリで鑑賞できます❗️

20180318211405cff.jpeg

ピカソ「馬を引く少年」
少年は服を着ていないし、「馬を引く」手綱も描かれていない。
服や綱などをワザと描かない、何か意味があるんでしょうね。

20180318211339a0a.jpeg

ルイ・マグリットの「偽りの鏡」
目の中に映る空と雲を描いているだけなのに、
すごく 迫力があります。
なにか、、、、こちらが見透かされているような。

20180318211338208.jpeg

これは、ピカソの「スタジオ」だったかな??

20180318211336d2f.jpeg

アンディウォーホールの「キャンベルスープ缶」
TV番組『世界の果てまでイッテQ』を毎週見ている人なら
「最近TVで見たよ」と分かるはず。
出川哲朗さんがニューヨークで
得意の❓出川イングリッシュを駆使して見に行ったのは、そう❗️まさにコレです。

うちの娘は「出川の絵だ!」と言っておりました。← ちょっと意味が違う。

201803182113350a5.jpeg

ロイ・リヒテンシュタインの「溺れる女」
この絵
すぐ側で ドアップで見ると、切り貼りした布を使っています。
『なんで溺れているのか⁉️』
ワタシはそこが気になりましたが。

2018031821122877d.jpeg

美術館の側にある 階段状の滝。
写真にすると動きが無く その美しさが出ないのですが
水の流れが見ていて飽きないです。



『MoMA モマ展』そのほか屋上など、
ひと通り美術館内 見学した後、また送迎バスに乗って
凱旋門まで戻ってきました。

20180318221420051.jpeg

『真正面からの凱旋門の写真が撮れる』という
道路の真ん中の中央分離帯から
写真を撮ってみる。



その後
今回の旅行で
必ず行こうと決めていた 美術館を目指します。

セーヌ川沿いにある「パリ近代美術館」。

201803182342044f6.jpeg

入場して初めに目に入るのがこの色彩の美しい大きな絵。
パリ万博博覧会のために描かれたという、ラウル・デュフィの『電気の精』

キューリー夫妻や発明王のエジソンが描かれている(らしい)

201803182113057ad.jpeg

マチスの『ダンス』↑
躍動感がある とても大きい絵です。



そして、、、、
ワタシが、一番見たかったのが次の絵。↓

レオノール フジタ(藤田嗣治)‼️

20180318211308d58.jpeg

日本には絶対に来ることの無い 【寝室の裸婦キキ】

(移送できないので)
ここパリでしか見れない フジタの代表作。


タルクを使った有名なこのフジタの白も 魅惑的だけど、
フジタのサインのある、右端の拡大
カーテン?に描かれた天使の絵の細やかさにも、つい見入ってしまう。

20180318211309071.jpeg

本当は 気がすむまで ずっと見いっていたいのに
残念ながら 、、、、
ワタシの背後にいる女 (絵画には余り興味・関心がない我が娘) が
「もう、見るの 飽きたんだけど〜」光線を
ワタシ目がけて 浴びせます。


くくぅ、残念。

じっくり見たいのを我慢して 次の部屋へ向かいます。
(娘に気を遣ってます ワタシ )

20180318211307ab2.jpeg

モディリアーニの「青い目の女」

娘はモディリアーニなんて言っても、全然わかってない。
美術の教科書で見た事くらい無いのかな、、、、、
なんて 勿体無い。→ 豚に真珠だった


パリには まだまだ訪れた事の無い美術館があるので
マレ地区にある『ピカソ美術館』なども訪れたかったけれど
これ以上美術館巡りすると 娘が不機嫌になるので
母は お店巡りに変更。


可愛いものや
素敵なものを置いていそうなお店を見て回ります。




パリの陶器メーカー
【アスティエ・ド・ヴィラッド】に、今回もやって来ました。

201803182214161c0.jpeg

ワタシの好きな 白い陶器達。
お気に入りのカップとソーサーを見つけたい❗️と思いつつ。
今回は見るだけでした。
一番欲しいなと思っていたデザインが見当たりませんでした。

20180318221419f72.jpeg

サントノーレ通り【アスティエ・ド・ヴィラッド】店内の
並んでいる白い陶器たちを見ていると
その素敵さにワクワクします。

(もう少しお値段が安いと良いんだけどなーー)





続く。





2018-03-12 (月) | 編集 |
大学4年の娘がもうすぐ卒業。
4月からはいよいよ社会人です。

娘の職場は、お固い職場らしい。
もう旅行なんて行けなさそう です。

もしかしたらこれが最後 (になるかも知れない)
そんな 母娘旅行に行ってきました。






いつもは成田を使っていたのですが、
今回はANAなので 羽田空港からの出発です。



初めての羽田国際空港。

飛行機はスターウォーズ ジェットでした。

20180304203326192.jpeg

行き先は3度目のフランス(パリ)
今回の飛行時間は12時間。
パリのシャルルドゴール空港に午後 到着しました。

空港からはホテルに直行。
パリでのホテルは2年前にも泊まった同じホテルを選びました。

チェックインが済んだら
暗くなる前に、ホテル近くを散策& 買い出し。
ショッピングセンターをブラブラ。
スーパーにて、お土産になるようなボンヌママンのお菓子を多めに購入しました。


翌日は、
早速 ディズニーランド パリに向かいます。
今回のパリ旅行の1番の目的でした。

ディズニーランド パリは娘のリクエストでした。
ホテル近くの駅から、ディズニーランド パリまでは電車で 乗り換え無し。
電車で約40分位。

終点駅から降りたら、迷う事なく
すぐ目の前はディズニーランド パリ‼️でした。

201803042033274e7.jpeg

東京ディズニーランドのお城は シンデレラ城だけど
パリのディズニーランドはピンクで、眠れる森の美女のお城なんです。


それにしても、随分沢山親子連れがいるなぁ。
平日なのに、、、、


フランスに行けば
ディズニーランドは日本とは違って 空いているハズ。
舞浜とは違い 一杯乗り物に乗れるハズ。
そう思っていたのに、、、、

普通に混んでいました。

・・・・・ ガクッ。

平日なのに、
なんでこんなに子供連れが一杯いるのかなぁ、、、、
そう思っていたんですよ。
(後で知ったのですが、フランスは2月のバカンスの週だったそうです、どうりで休日のように子連れが多いハズだわ)

201803042033281ba.jpeg

最初に並んだのは「ハイパー・スペース・マウンテン」
日本のスペースマウンテンよりは怖いと、口コミに書いてあった。
ホントかなぁ。

日本のスペースマウンテンは全然怖くないけど、
フランスのは「ハイパー」と付くだけあって、乗っている時間も長いし
ツイストしたり一回転したりとけっこう楽しいです。

201803042033577b9.jpeg

こちらはフランス版の「タワー・オブ・テラー」
日本のディズニーシーよりも、時間が長い気がします。
昇ったり下がったりが激しくて これも面白かったです。

緑のキノコの乗り物。

20180304203358477.jpeg

これもブワーーんと上がります。

201803111505599fc.jpeg

イッツアスモールワールド‼️
2018031115223934a.jpeg

パリのイッツアスモールワールドは、
まず屋外でボートに乗ります。
室内に向かってレッツゴー。

20180311152240d89.jpeg

よく見ると、池の底で何かが光っています。

20180311152241cbf.jpeg

何かと思ってよく見たら コイン‼️
沢山の お金が沈んでいます。
「トレビの泉」みたい。
また いつか此処に戻って来る事が出来ますように、、、、かな?



ファストパスも活用しましたが
人気のある乗り物は長い所は60分待ちでした。

待ち時間を少しでも節約したいワタシと娘は
「シングルライダー」専用の列に並び お互いバラバラで、
フランス人?に混ざって乗り物に乗ったりもしました。

「パリ市内よりもディズニーランド パリはもっと寒い」とは聞いてはいましたが
本当に〜‼️パーク内 寒かったです。
もしやと思って 持参したカイロが役に立ちました。

20180304203330d08.jpeg

混んでいるせいか、寒いせいか?
ディズニー キャラクターにもあまり会いませんでした。

スティッチとの写真撮影には、行列が出来ていました。
スティッチ、、、可愛い。


夕方、そろそろ帰ろうかとパークを出て
駅に向かいます。
パリ市内に向かう電車に乗り込みホテルを目指しました。



フランス語が出来なくても
度胸だけで(❓)行って帰って来れました。

何とかなるものですね〜〜。



パリ旅行記 続きます。








2018-02-11 (日) | 編集 |
先月の話になりますが
PET−CT は 3年ぶりでした。


その結果はコチラ。↓


部分切除じゃ無いんだけどな。


右肩の痛みは やはり五十肩でしょうか。
炎症性変化があるようです。


整形外科受診してちゃんと診察してもらえば良いんでしょうが
もう少し様子みようかな、、、、、

整形外科ドクターと知り合いなだけに
「看護師なのにこの程度で来たの」って思われるのがイヤなのよね〜



ところで

世間ではインフルエンザが大流行しております。

うちの病院でもインフルエンザが大発生。
外来の患者さんにも多いけど、
入院の患者さんにも発生してしまい、そしてスタッフにも感染してしまって。


休みスタッフが多いせいか、
さらに欠員の補充が無いせいか
残業時間が凄い事になってます。

連日帰りが遅いワタシ(職場が遠距離なのもありますが)
残業時間も過去最大の残業時間を更新したかも知れません。


先日は 師長にですね、

例えば 小児科とか整形外科とか他の外来勤務の方が、
終了時間ぴったりに
『お先失礼しま〜す』って残業無しで毎日帰れるのを見ると

がん患者で【ながらワーカー】のワタシの方が
内科外来で連日の残業だと、配属場所での この差って
なんだかなぁって、、、思いますね


今までは思っても口に出さなかったのですが
とうとう言ってしまいました。


言っても状況は何も変わらないって、
わかってたんですがねー。



「関節が痛い〜痛い〜」とつぶやきながら
昨日お誕生日でした。てへ。

20180211110657267.jpeg崩れた‼️

20180211110655e1c.jpeg

誕生日と結婚記念日のケーキで、連日ケーキ&ケーキです。

もちろん 体重 2Kg 増えましたワ (笑)