以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2011-12-10 (土) | 編集 |
フィギュアスケートの浅田真央さんのお母様が48歳という若さで亡くなってしまいました。
最初、病状悪化と耳にした時、『もしかして乳癌とか、、、』と考えたのは、私だけではないはず。
自分と年齢が近いので複雑な心境です。
ご冥福をお祈りいたします。


フィギュアスケートの季節に思い出す、手術室でのエピソードがあります。

フィギュアスケートといえば、私が一番に思い浮かぶ曲は『ラヴェル』『ボレロ』です。
『ラヴェル』とはフランスの作曲家『モーリス・ラヴェル』のこと。

『ボレロ』はフィギュアスケートのテレビ中継番組でよく使用されているので、クラシックに興味なくても耳にすれば『ああ、この曲ね!』とすぐ分かってもらえると思う。

以前にもブログに書いたけど、うちの手術室にはBGMとしてUSENが入っている。
クラシックの大好きな、消化器外科のA医師の手術の時の話。

その日は若い看護師Yちゃんが手術の器械出しについていました。私は間接介助を担当していました。
部屋のBGMはもちろんクラシック、ちょうどラヴェルのピアノ協奏曲がかかっていました。
A先生がYちゃんに
『看護師さん、この曲ラヴェルだよね、、、』と、嬉しそうに話しかけたのです。

しかしYちゃんはキョトンとした表情である。
2人の間にしばし沈黙が流れ、、、、さらにA医師は御丁寧にも
ラヴェルって知らない? ボレロの、、、?』
YちゃんはA先生の言っている意味が、全く理解できていないようでした。
しかしYちゃんが爆弾発言をしたのである。
『ボレロって、、、あの短いカーディガンの、、、、?』と、すっとんきょうな返答。
これには部屋中にいたスタッフ全員が大爆笑。

私『違ーーう
  たーらららららら、たったららー、たららららららー  だよっ
とサビの部分を手術室内でアカペラ?で歌ってあげましたー

Yちゃん、やっとわかってくれたようで『あぁっ、それねー』と恥ずかしそうでした。


手術室のベテラン看護師?って大変です。
若い看護師の指導・監督もしなくちゃならないし、医師のご機嫌もとらなくちゃならないし、医師とお話を合わせなくちゃならないし、歌まで歌えなくちゃならないのよ。
        
(お前だけだろ、そこで歌うのはっていうツッコミはしないのよん)

もちろん消化器外科A医師の、私に対する信頼は絶大です。(ホントか)
病気にならずに勤務してたら、手術室のミタさんになれたな、、、、


皆さんのクリック励みになります~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


コメント:
この記事へのコメント:
看護師さんてエライ!
いや〜緊張の場面なんだろうけど、笑えました。

今に歌って踊れる看護師さん必須になったりして…(*^m^*)
2011/12/10(Sat) 18:59 | URL  | tomuta #-[ 編集]
患者が麻酔で眠っている間、オペ室の中で医者と看護師は、
オペとは関係ない話もいっぱいしているのかしら?

アメリカのTVドラマ「グレイズ・アナトミー」を見ていたら、
プライベートの話をよくしていたけど、日本ではそんなことないですよね。
2011/12/10(Sat) 19:29 | URL  | Bun #xtVPAbNc[ 編集]
tomutaさん
忘年会ではね~歌って踊ったんですよ~(40歳前までは)
でも、今年は職場の忘年会のお誘いなかった、、、、、。
ショックです。
療養休暇中だから、誘われないんだとわかっているけど悲しいな~
赤いズラ買って、レディーガガしようって、考えていたんだけどな~
2011/12/10(Sat) 21:13 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Bunさん
手術中に話をする先生も、話さない先生もいます。
手術中緊張する操作をするところではもちろん無駄話はしませんよ。
手術最後の皮膚縫合の所とかでは、緊張もゆるんで手術と全然関係のない話をする先生もいます。
たとえば、
『そういえば、今度の3階の新しい看護師長ってさ~どういう人~?』とか
『新人看護師の●●さんってさ、美人だよね~』とか。チャラ男系の先生がやっぱりよくしゃべる、、、。

2011/12/10(Sat) 21:32 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
はじめまして。
はじめてコメントします。りんごと申します。
一ヶ月前に乳がんの疑いがあるとのことで検査を受けて、昨日乳がんの告知を受けました。とほほです。
落ち込んでいる中、ブログを読ませて頂きました。皆さん頑張ってらっしゃるんですね。私も自分なりにですが頑張ってみようと思います。お力を頂きました。有難うございました。
また読ませて頂きます。
2011/12/10(Sat) 23:21 | URL  | りんご #-[ 編集]
ボレロかあ。。思い出すのは「20世紀バレエ団」って年がバレる?
真央ちゃんのお母様、余りにも若すぎてとても可哀想ですね。。。
お母様のご冥福と真央ちゃんが早く元気になる事を祈っています。
ぴこるるさん、看護婦さんは何でも出来ないとダメなのね( ´艸`)
後輩教育も大変だね〜!
2011/12/11(Sun) 01:33 | URL  | うめちゅう #-[ 編集]
りんごさん
コメントありがとうございます。
りんごさん、告知受けてしまったんですね。今はショックが大きくて落ち着かない時期ですね。
不安も大きいと思います。私は看護師でありながらも乳癌の手術後の治療はは詳しくなくて、インターネットから得られた知識は多かったです。乳癌ブログの皆さんの闘病の姿にもずいぶん癒されました。
私の周りに乳癌の方はいなかったので、ブログの皆さんの存在を知り、今辛いのは私一人じゃないんだ、、、、と励みになったものです。
りんごさんと同じような年齢で、同じような病状の、同じ治療を受けている方がきっといます。色々参考にして、後悔のない治療を選択して行ってください。
不安やグチなどいくらでも聞きますよ~、またコメントどうぞ~。
治療・手術がんばれ!大丈夫!
2011/12/11(Sun) 20:57 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
うめちゅうさん

でもね~私が就職した頃は『新人類』って言葉が流行していて、私も『この子は新人類だから~』とか、先輩看護師さんに言われていた方だったのよね~
年齢がバレる?すでに化石?
2011/12/11(Sun) 21:07 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Kさん
私も同じです。
新聞の●●●●欄見ちゃいます。病院に勤務しているからか?つい知っている患者さんの名前や、知り合いの名前がないか探している自分がいます。友人の看護師も同じこと言っていました。年齢のせいかな、、、、。
私のブログみてもわかるように、やはり気分がネガティブな日と、ポジティブな日がありますね。
癌になったせいかどうだか、やっぱり浮き沈みがあります。みんな同じですよ~
2011/12/11(Sun) 21:16 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: