以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2011-11-21 (月) | 編集 |
土日はちょっと忙しくして余裕がなかったです。
田舎在住のぴこるるですが、土日ともに早起きして、東京は虎ノ門のビルへかよっておりました。

『日本病院会』主催の『感染制御講習会』2クール2日間に参加していたからなのです。
私は職場で、今年度は感染対策に関わっていました。
この講習会は1年間かけて全3クールあって、合計6日間講習を受けなくてはなりません。

11月開催の今回は、私は思わぬ療養休暇中ということで講習は不参加が妥当なんでしょうが、、、、1日でも欠席すれば今年度修了とは見なされません。
もちろん病気であっても、参加費は返却はされません。

上司と相談し、『こっそり参加』と言う事になりました。
(療養休暇中なので、出張扱いにもならないので、交通費は出ませんが、参加費が無駄にならないだけ良かった。
参加費は個人なら90,000円、私は会員施設なので51,000円(病院から出張として払っていただいてます)

最後のEC療法から18日目、白血球数は3000位には多分復活しているとはいえ、それでも平均よりはまだ低いはず。
腫瘍内科の主治医に言えば、『そんな大人数の集まるホールには参加しないで、家に居てください!』と叱られそうではあります。

前回の5月は、患者さんや医療スタッフの感染予防を学びに行ったのですが、次回まさか自分が感染を受けやすい身体になっていようとは、ゆめゆめ思ってはいませんでした。

感染対策における著名な先生方の講義を聴きながら、、、、まず自分を感染から守らなければならない事態になってしまったのは、複雑な気分ではあります。

でもね。
来年仕事に復帰したとして、、、ただの給料もらうためだけの仕事とわりきった看護師では嫌なんです。
やっぱり、社会に少しでも役立つ人間になりたいんだな――――。

だから感染の勉強もしないと。
乳癌の勉強も参加していきたい。

まあ、ボチボチやっていきます。ハーセプチンも始まるし~



皆さんのクリックが励みになります~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


コメント:
この記事へのコメント:
看護師の鏡♪
偉いなあ☆ぴこるるさん♪素晴らしい!
でも・・・感染症の勉強に行って感染の心配をされてしまうって・・・(;´▽`A``
主治医の先生としては心配だよねえ〜、そりゃあ。
講習に参加して、ぴこるるさんも充実するんだもの、きっと免疫力も上がったりして?
ぴこるるさんの受け持つ患者さんは羨ましいな♡
2011/11/22(Tue) 03:28 | URL  | うめちゅう #-[ 編集]
うめちゅうさん
いやぁ、偉く無いですよ〜。もっとたくさんの勉強会に参加している看護師いっぱいいるんですよ。
私なんて、もう最低限、興味のあるものだけ(笑)
でも医療や治療ってどんどん変わっていく(進歩している)から、情報を更新して自分自身ついて行くのが大変です。手術にしても、全科の手術について知識を更新して行かないとね、、、、、。
看護師の方の知識が古いと、患者さんの方がよく勉強している場合、叱られちゃいそうでしょ。
ブログの皆さん、よ〜く勉強しているかた多いよね。スゴ〜イと思う。
2011/11/22(Tue) 09:37 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
無事
こんばんは~。
診察から帰ってきました。
お騒がせしましたが、おかげさまでTC療法を続けられることになりました。
先生は、この間おっしゃっていたのは何だったの?!と思うほど、当たり前のように3回目のお話しをされ、拍子抜けしてしまいました。
次回は、アレルギー止めの薬を一に入れて、最初からゆっくりと入れていきましょうとのことで、とりあえずホッとしました。
ご心配をおかけしましたが、あと2回頑張ります!!
2011/11/22(Tue) 17:42 | URL  | akuni #-[ 編集]
akuniさん
それは良かったです!半分終わりましたね!あと半分ですよ!ファイトですっ!
後のこり半分ですからもう少しだけ頑張りましょうね~。
次回の点滴治療の際は、速度最初からすこしゆっくりに落としてもらうとか、最初はできれば看護師さんにしばらく離れずに側についていてもらって点滴様子みててもらって、、、とか、希望を言ってもいいかもね。
風邪やインフルエンザ、まだ流行はしていないようだけど、お互い気を付けて過ごしましょe-319
2011/11/22(Tue) 20:59 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: