以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2011-11-17 (木) | 編集 |
またまた手術室の話。

手術前日に手術室看護師が術前訪問に来た際、
『CDとか持参すると手術室でお好みの音楽をかけることが可能ですよ~』とか、説明された経験はありますか。

手術室で音楽が聴けるとは言っても、全身麻酔の場合、入眠するまでのほんの数分から数十分までの短い間なんですが。
ただ、緊張して心臓バクバクの患者さんは血圧が上がってしまう事も多く、好きな音楽を流す事によって緊張を少しでも和らげる効果がでればという、手術室スタッフの配慮ではあります。

ところで私の病院の手術室にはUSEN(有線放送)が入っております。
USEN(有線放送)なにそれ?という方もいらっしゃるかな~
喫茶店やデパートのフロアになにげにエンドレスで静かに流れているBGM(を提供する会社)のことです。

術前訪問時、
『USENがあるので希望のBGMおかけ出来ますよ~』とお話しすると、患者さんによっては、
『今どきの曲で』とか『静かな曲にして』とか『クラシックがいいわ』とか『美空ひばり特集』とか『演歌』など、色々リクエストがあります。

変わったところでは、『讃美歌お願いします』おや、クリスチャンなのかな~?、、、、
『詩吟をかけて』えっ、シギンってなんだろう?、、、、などなど。

患者さんの希望どうりの音楽(BGM)を流した中、麻酔科医師により全身麻酔が施され患者さんに無事麻酔がかかったのを見届けると、手術室看護師はちょっとホッとします。

さていよいよ執刀の先生方がそろいます。
患者さんの希望のままのUSENチャンネルにしたままだと、こんな事を言う先生が、、、、
『なにこのBGM?誰看護師が選んだの?え?患者さんの好みの選曲?ふ~ん。僕のいつものに早く変えてよ!』

   A先生はクラシックのチャンネル●●番が好き
   B先生は東京ベイFMが好き(ラジオもかけられる)
   C先生は週間ベストヒットが好きだから●●番
   D先生の機嫌が悪いときは90年代ベストヒットメドレー●●番を流すと機嫌が良くなる。
   E先生の時はなにもかけてはならない(手術中に気が散るから、BGMがかかっていると怒る)

などなど、各先生方の嗜好を把握しておくのも、デキル手術室看護師になるためのポイントのひとつです。
各先生方が気分よく執刀(手術)できる事が、手術が順調にすすむという事につながるので、それが結局患者さんの利益にもなるのだ、、、と考えています。


『F先生はこのウイスキーが好き』
『G先生はビールが好き』みたいな、、、、手術室看護師のしている先生たちのご機嫌取りって、ちょっとホステスさんがお客様のお酒の好みを把握するのに似ているなって思うのよね~
きちんと把握している看護師はポイント高いし。う~ん、水商売にもなれるか?
    

でもそんなこと言ったら先生方に
『ホステスさんはもっと若くて美人だから!』と、言われるよね、、、、。

はいはい、お呼びではないわよね。



皆さんのクリックが励みになります~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村






コメント:
この記事へのコメント:
なるほど〜〜♪
水商売かあ・・・笑っちゃいました♪確かにできるホステスさんは博学で心配りが細やかだって聞くものね(≧▽≦)
でもそうなんだ〜。先生によって音楽の好みも違うのね。それで手術がはかどるなら、どんどん聞いてください!!って患者は思っちゃうね。
患者さんの好みも様々、ぴこるるさん、有線のチャンネル詳しくなっちゃうね、嫌でも(^^ゞ
家の父なんて古いから、きっとE先生タイプだろうなあ。
ちなみにこっちではそんな気の聞いたサービスはないですね。今回のプライベートの手術(ポートと全摘)でもなかったなあ。でも出産の時は先生達、手術しながらツーリングの話をしていたけどね(  ゚ ▽ ゚ ;)
2011/11/17(Thu) 01:10 | URL  | うめちゅう #-[ 編集]
はじめまして
ぴこるるさんこんにちは。おじゃまします。sashidak
と申します。いつも楽しい話題をありがとうございます。手術の時、BGMがえらべるんですか。いいですね。私の手術の時は、点滴のルートが事前にどうしてもとれなくて、「手術室で入れるからいいって」と手術室に連れていかれ、それでも入らなくて「先に眠ってしまおうね、そのほうが血管がよくでるから、とやさしくいわれ、あっという間に眠らされてしまったので、BGMはもちろん聞けず先生のお顔も見られずに手術でした。で血管は結局どうしたかというと手首の動脈!に入れられてました。私にはもう静脈が無いらしくて(泣)術後HCUの看護師さんが抜いてくださるとき「ネエ動脈だよ、どうする」「あたし自信ない」「とにかく圧迫だよね」とひそひそ、抜いたとたんに血がぶわっとか出たら怖い><;;。看護師さんのお仕事、本当に大変ですね。
2011/11/17(Thu) 10:18 | URL  | sashidak #-[ 編集]
ちょっとへこみ
血液検査に行ってきました。
今回は、1630で前回よりは下がりませんでしたが、しっかりノイトロジン打ってきました。
今日は、次回の治療のことを主治医にしっかり聞こうと思って行ったのに、なんと先生は学会でお休み。
すっかり、へこんでしまいました。
みなさんもでしょうが、やっぱり主治医は心の支えなんだな~と思います。
おまけに、代わりの先生には、ストップする方向みたいな言い方をされ、ますます不安が募ってしまいました。
来週火曜の主治医の外来でどういう方向になるのか…
こんなに簡単に中止になってしまうのでしょうかね…
2011/11/17(Thu) 11:19 | URL  | akuni #-[ 編集]
うめちゅうさん

たぶん、USENが手術室に入っている病院って珍しいです。新しく赴任してきた先生は、みんなびっくりするから。
『誰が聴くための~?』とか、言われると、本当誰のための設備なんだろう、、、、って思ってしまう。
手術患者さんは、、まあ、局所麻酔の人もいるけどね。
緊張で音楽がかかってたの、気が付きませんでしたって言う人もいるから。
ラジオ(FM)ききながらOPする先生は、どーなのよっ!って思いますね。
私はBGMにこだわらない先生が一番いいかな。(患者さんのリクエストのままの選曲BGMで平気な先生)
2011/11/17(Thu) 16:06 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
sashidakさん

コメントありがとうございます。
血管が細くて苦労されたんですね、それは大変でしたね。
けっこう、手術室で点滴ルート入れることはある事なんですよ~。麻酔がかかると血管壁が弛緩するんですね、そうすると普段血管が細い人も静脈が太くなるんですよ。起きている時より点滴が入れやすくなるんです。
点滴用のラインは必ず静脈に入れたはずですよ~。
動脈にもラインが入ることはありますが、それは手術中やICUで血圧を持続的に測るためのラインですね。抜くときは静脈よりも、動脈の時は確かにしっかり押さえなくてはなりません。(動脈は止血がしにくいので)
でも看護師のコソコソ話が聞こえちゃって、冷や汗ものですよね、、、。聞こえさせてしまってはマズイですよね。私も思い当たるかも、、、、反省するところあります~。また色々聞かせてくださいね。
2011/11/17(Thu) 16:28 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
akuniさん
代診の先生でしたか、、、、代診の先生に言われては不安が増してしまうよね~
とにかく今は考えても仕方ないので、来週先生とよく話してきてください。
とにかくそれまで身体休めてくださいね。風邪に注意してね。
しかし本当に、、、、今後は点滴速度をゆっくり落とすようにして、ちょっと工夫して治療を継続するとかって方法ないんですかね~。
2011/11/17(Thu) 16:36 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ラジオショッピング
あたしの病院の手術室は無音だったなぁ(ーー;)
でも、放射線治療室にはラジオが流れてます。
治療中、ヒマだから聞いちゃう。
たまにラジオショッピングの時があるんだけど
最後の値段が聞く前に治療が終わっちゃうの。
その日は1日中、あれはいくらだったのさ~!?って消化不良です(-.-)
2011/11/17(Thu) 20:09 | URL  | ayaya #-[ 編集]
ayayaさん
そのリニアック室はじつはアフィリエイト機能みたいなの?があって、放射線照射患者さんがラジオショッピングを聞いててその商品を購入すると、実はリニアック室にお金が入る仕組みになっているのでは?(笑)
だからラジオショッピングが流れるんですよ~、技師さん達の作戦なんですよ~、あぶない、あぶない。
2011/11/18(Fri) 22:12 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: