以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2017-03-02 (木) | 編集 |
今まで何年も、、、、いや何十年
職場の病院で、多くのインフルエンザ患者と
(インフルエンザになった同僚とも) 接してきたが、
1度もインフルエンザに感染した事が無かったので
自分は違う、ワタシはならない体質と、
変な思い込みを持っていたのだ。

そう、、、
まるで
乳癌になる前の自分ですね。

まさか乳癌にはならないだろうと、考えていた自分。
また同じ事を繰り返したんですよね。

反省。

予防接種を受けてもインフルにかかってしまう事はよくあるけれど、
その場合罹患しても予防接種を受けて無いよりは、
症状が軽く済むとか、あまり高熱にはならないとか
確か耳にした記憶があるけれど、あれは嘘だー。
症状は結局、人それぞれだ❗️と思う。

ワタシの場合、
イナビル使ってもなかなか症状は改善されなかったと思う。

ロキソニンを頓用すれば熱は下がるけど、
夜には再び38〜39度の熱。
ただ脱水だけに気をつけて、水分だけは沢山摂るようにしていた。

1日目 まずは喉の違和感・鼻水 → 発熱・倦怠感へ
2日目 「イナビル」使用 扁桃腫脹・発熱・咳・痰・関節痛
3日目 扁桃腺腫脹・発熱・関節痛
4日目 扁桃腺腫脹・発熱・関節痛 扁桃腺がいよいよヤバイ状態に。
このままでは治らないと自己判断し、抗生物質「クラビット」
この日から自己判断で内服し始めました。

5日目 旅行の日 朝の熱は37,9℃(口腔温) クラビット2日目内服。
12:00 熱は37,6℃(口腔温) 扁桃腺の痛みが強くロキソニン・ムコスタ内服。
倦怠感はなく身体は動けたので、急いでスーツケースに荷物をまとめ、
家族の夕食を準備してから、成田に向けて自分の車で自宅を出発。
22:00 成田出国。扁桃腺が腫れたままだったので、ゴクンとするのが激痛だったが発熱は治る。

今回の飛行機は久々のJAL。
ワタシはトイレの事を考えて何時も通路側をリクエストします。
乗ってみてガッカリしたのは、機体が古いこと。
タッチパネルじゃないし❗️
どーやって操作するんだっけ❓このタイプは❓
あぁそうそう、このスイッチを引き出してゲームのリモコンみたいに使うんだわー。

JALは映画の種類は充実していましたが、
たった7時間のフライト。
少しでも寝ておかないと到着してからの身体が辛い。
映画は1本だけ「ファンタスティック・ビースト」を鑑賞、その後少し寝ました。

熱もなく咳も無く、
ただ扁桃腺が腫れているので食事が(機内食が)喉に入りません。
エコノミーではありますが、多分食事はまぁまぁなんでしょう。
オレンジジュースを何気に頼んだら、コレが扁桃腺にしみて激痛でした。


行きのフライト時間は約7時間。


病み上がりの 51歳 オバちゃん ひとり旅。

さて、何処に向かったのか。








コメント:
この記事へのコメント:
お答えします❗️
こんばんは。
インフルエンザの感染は、飛沫感染と接触感染が主であるという事はご存知ですか?
飛沫感染とはお分かりになりますか?感染者の咳・クシャミが原因です。
飛沫感染を防ぐために感染者は、不織布で出来たマスクをするよう推奨されています。
接触感染は、感染者が咳やクシャミを手で防いだ場合、その手で触れたドアノブなどを非感染者が触れて感染することです。
外出先から(学校から)戻ったら手を洗いましょう、と言うのはこの為です。
そしてインフルエンザの感染力が特に強いのは発症後3日間です。(まぁ、これには諸説あります)
タミフル内服の場合、内服中の5日間は不要な外出は避けるようにと指導されてしまいます。
だからワタシはイナビルを選択したのですよ。
ワタシの場合、咳は1日のみで、飛沫感染の心配はありませんでした。
家族にも全く影響が出なかったので。
接触感染については(飛行機の中)気を付ければ良い訳で、不要にその辺は触れないようにし、ひとり旅ゆえ、必要最低限しか人との話もしませんでした。マスクも濡れマスクを使用してましたしね。
全て計算した上で、考えた上での行動ですよ。
さらに貴方のように、匿名でこんな時だけコメントを入れてくる人がいるのも、想定内ですよ(笑)



2017/03/04(Sat) 23:24 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ありがとうございます。
イナビルとタミフルの違いということですね。説明してくださってありがとうございました。
2017/03/05(Sun) 01:25 | URL  | 私もキャンサーサバイバーです #-[ 編集]
お答えします❗️
> イナビルとタミフルの違いということですね。 ← そうでは無いですね( 笑)
2017/03/05(Sun) 01:43 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
梅子さんへ
毎回ワタシのBlogに長文コメントを送られてくるのですが、いつも内容が「自分語り」で、毎回リコメするのに苦慮させられます。
どのブロガーさんも同じに感じているでしょうが毎回の「自分語りの長文コメント」は嫌われるのですよ。
ワタシも大人の対応として、今までも梅子さんからのコメントに対し、当たり障りの無い返事をしてはいましたが、こちらが「ブロ友になりたくない、迷惑している」と察してくれないだろうかと、淡く期待していました、、、が、また今日も長文コメントが届いてしまいました(苦笑)
今回も変わらず、長文の自分語りなので、削除させていただきました。
オーストラリアからのその留学生は日本で検査してもインフルは出なかったんですよね?数日後の梅子さんがインフルBだからと言って、その留学生が感染源かどうかは、確定は出来ないはずです。
ウィルスは目に見えないのはもちろん当たり前で、ウィルスに名前が書いてある訳じゃない。
その留学生は検査して(➖)なのだから、梅子さんの感染源は実は別だったのかもしれないです、夏のインフル Bなんてザラにいます。インフルAよりもです。
PCR検査をしたわけでも無いのでオーストラリアからのインフルかどうかは不確定です。
さらに、飛沫感染・接触感染を元看護師である梅子さんががきちんと理解していれば、家庭での感染防止対策ができたはずです。
室内の換気・加湿・空気清浄機の使用、寝具の取り扱い、留学生が触ったであろう室内箇所の消毒など。
上記対応を怠ったうえでの「留学生から私は感染させられた❗️」はないと思いますね。
それから某製薬会社の患者向けのパンフレットに、5日間の外出を控える内容が明記されているとの事ですが、
製薬会社なんですからそれは当たり前です。必要以上に、やや過剰に、休むよう書くものですよ。
何故かって?そんなの訴訟のリスクを減らすためです。
イナビル吸入後、例えば2日目に外出した患者が、その後インフルエンザ脳症を発症した場合、「薬局で、説明されなかったから、書いてなかったから外出したら、こうなった!製薬会社は責任を!」と、言われないためです。
(だから患者用の説明書には長めに休むよう書いてあるはずです) ← 医療従事者なら常識です。
それから、コメントの中に「イナビル内服」と書いてありましたが、イナビルは吸入薬ですよ。
最後に、医師(呼吸器内科)の知り合いは沢山いますが(笑)、みんな間違いなく「旅行は自己責任で!」と言いますね。
自分の患者で無ければ、自己の責任を問われる範疇ではないのですよ。

梅子さんが看護師としてどの職場でも長続きしない理由がわかります。
うちの職場にも梅子さんのようなタイプの方が過去にいましたからね。皆さん、数年で辞めていきますが。
妬み、嫉みが多いタイプですね。
ワタシもBlog記事以外で、こんな面倒臭い長文コメントを入れたくないので、
数日で削除します。
2017/03/06(Mon) 05:31 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: