以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2017-02-28 (火) | 編集 |
21歳で看護師(当時は看護婦)として働きだしてから
15年経過した36歳の時に、勤続15年で、職場から頂けた
リフレッシュ休暇の日数は、2日間でした。

初めて頂いたリフレッシュ休暇は、
同じ看護学校から一緒に入職した同期6人で
当時開園したばかりの東京ディズニーシーに出かけ
ディズニーオフィシャルホテルに皆で1泊しました。

舞浜のオフィシャルホテルの高層階
広い部屋に、シングルベッドを6台入れてもらい
ルームサービスで食事をし、
仕事や家事や子育てを忘れ、まるで修学旅行のようにワイワイと
とても楽しかったのを覚えています。
(今では、同じ病院には半分の3人しか残っていませんが)



次に41歳の時に、
勤続20年で再びリフレッシュ休暇2日をいただきました。
この時は、ぴこるる一家でグアムに行ったのです。
これも懐かしい楽しい思い出になりましたね。


46歳で頂いた勤続25年のリフレッシュ休暇2日は
ワタシが乳癌闘病で半年休業した時期と重なってしまいました。

当時はまだ復職したばかりでズラだった時。
2日間のリフレッシュ休暇には何をしていたのか、全然記憶にない。
多分、家事ぐらいで何もしていなかったんだろう。
乳癌闘病により、
ただのお休みと変わらない2日間だった。



そして今回、
51歳の、勤続30年のリフレッシュ休暇
これは特別だったんです。

勤続15年、20年、25年、35年は、全てリフレッシュ休暇は2日なのですが、
この勤続30年は休暇が5日間なんです。

さらに
旅行代金として5万円 まで頂けるんですよ〜〜

ワタシがまだ若かりし頃、
50歳超えの オバちゃん 職員が、
リフレッシュ休暇で「シンガポール旅行した」とか、
「北海道に行ってきた」とか聞かされては

「イイナ〜イイナ〜。」
「ワタシにとって51歳なんて、、、、、まだまだ先の話だわ〜」

なんて、羨ましがっていた訳ですよ。
ところがです。

アッと言う間に、自分もその当時の オバちゃん 先輩方と
すっかり同じ年代になっちゃったではないですか(笑)


あーあ、ババァになっても、でも、哀しい事ばかりじゃあないよ。
楽しいイイ事だってあるのよ。ほら❗️リフレッシュ休暇5日間。
土日を前後に挟めば、9日間も❗️



ウキウキと、どこに行こうか悩んでいるうちに
あらあら期限が迫ってきちゃって。

ズルズルと、忙しくて忙しくてなかなか言い出せずにいたら
〆切り間近の2月3月。

やっと勤務調整が出来、外来の勤務表に
ワタシのリフレッシュ休暇5日間を含む9連休が載り、
あと指折り数えたらぴこるるナースはお休みよ❗️って所で
まさかの(院内感染⁉️)インフルエンザ。
39,2℃



前回同様、またしても病気の影響を受けてしまうのか
ワタシのリフレッシュ休暇よ。


旅行代金は既に支払い済み。
キャンセル❓
キャンセル❓

この時点でキャンセル入れても、
旅行代金のキャンセル料は50%。

往生際の非常に悪いワタシは、
出発ギリギリまで粘ったのでした、、、、、、。



・・・・・・・長くなるのでこの話は続きます。










コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: