以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2016-11-24 (木) | 編集 |
久々のBlog更新になりました。

微熱がおちつき、体調がなんとか復活しました。

相変わらず関節痛は強いのですが
なんとか動いてます~

研修会や勉強会、各種セミナーが多くて
ワタシは無理して参加するタイプなので、必然的に毎日帰りは遅くて

家に帰ってはちょちょっと 手抜き 家事して
毎日倒れるようにリビングに寝ちゃってました。
はっはっは、、、




参加した乳癌関連セミナーで特に印象に残ったもの
201611242213507f4.jpg201611241836100cd.jpg

2013年2月3日のワタシのBlog記事  
乳癌セミナーで 初めて聞いた CDK4/6阻害剤 (シーディーケイフォーシックスソガイザイ)
当時、初めて聞いたこの言葉に
「一体なんのこっちゃ」と
当時は頭の中クエスチョンマークで一杯になっていましたが、

とうとうこの CDK4/6阻害剤
乳癌治療に使用できる新しい分子標的薬の承認販売が申請されたようです。

名前はパルボシクリブ点滴でなく経口薬です。
米国食品医薬品局(FDA)ではすでに承認されており
適応は HR(+)、HER2(−)の進行乳癌、転移乳癌。(詳しくは省略)

あと1年で日本でも使えるようになるでしょうとの事。

HER2(+)の乳癌には、パージェタやカドサイラなどの分子標的薬があるのに
ホルモン陽性、HER2陰性乳癌には、選択肢が少ないと嘆いていた方にも
少し朗報です。

また CDK4/6阻害剤 にはその他、
アベマシクリブがあり、乳ガンのほか、肺ガン、神経膠芽腫、メラノーマなど
に持続的な効果が見られているという報告が出ているそうです。

セミナー演者の先生は、
このアベマシクリブは治験も行なわれており
脱落無く使いやすい分子標的薬、、、などお話しされていました。
今、この薬剤で治験を受けていらっしゃる方もいらっしゃるんですね~

さらに CDK4/6阻害剤 にはリボシクリブも発表されているんですよ。
日本で認可されるにはもう少し時間がかかるでしょうが、
3種も希望をもてる新薬があるのですね。

連日になったのですが、
こちらのセミナーにも参加してきました。

最近は看護師の看護研究テーマの中で
この「意思決定支援」って、やたら多い?流行なワードですよね、、、、。





あと、このようはプログラムもあるようですよ〜〜
勉強好きな興味のある方はどうぞ。
img679.jpg
視聴の仕方は
①アドレスを入力!
② http://breast.chugai-oncology.com/
③ 「はい」をクリック
④ タイトルをクリック!
⑤ 「サンアントニオ乳癌シンポジウム2016トップ画面」の、「朝から生放送」をクリック





コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: