以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2016-06-01 (水) | 編集 |
先日、表彰式に呼ばれました。

平成27年の優秀学術論文に選ばれたのです。

20160531224935503.jpg

最優秀賞が2名、優秀賞が2名
最優秀賞は放射線技師さんと看護師のワタシです。

優秀賞が循環器内科のY先生ともう一人研究員の方。


嬉しさよりも、
「困った 厄介なモノを戴いてしまった、、、」
と言うのが正直な気持ち。

今後の研究割り当て費までもれなく戴くようです。


正直、今の内科外来の仕事が忙しく
外科(乳腺外科)に勤務していた頃のように
時間の余裕がありません。

看護研究に費やす暇ないよ〜〜。

内科はブースがとても広いのに
スタッフが作年より削られてしまい
さらに療休者も出てしまい
毎日毎日残業するのは
残業が出来るのはワタシ(だけ)



研究費の割り当てよりも
先ずは残業できる看護師(正職員)を
内科に配属してよ〜〜って感じです。








コメント:
この記事へのコメント:
おめでとうございます!!
素晴らしい賞を受賞し
おめでとうございます!!

私も今年、看護研究という
重荷を背負っていて憂鬱です…

自分が乳がんになったので
乳がん患者さんのためになる
研究をしたいのですが、なかなか...

田舎の病院なので、週に3例のオペ。
術後は紹介元のクリニックで
病理結果説明。
術後の治療(抗がん剤のみ)は主に外来。
オペをした人が自分の病院で
治療するかどうかも退院時では不明…

かなり限界のある感じですが、
取り組みたいと思い、もがいている途中です(笑っ)

患者さんの役にたちたいという気持ちだけでは研究は進まず、
自己満足にしか過ぎないのかなぁ…
と落ち込む日々です…


2016/06/06(Mon) 02:46 | URL  | うぅ #n605dsxY[ 編集]
うぅさん
こんばんは。
お久しぶりです。
お変わりなさそうですね。(^o^)
うぅさんはお若いから、まだまだこれからも看護研究のノルマが回ってくるでしょ。
頑張ってください。今回頑張れば、しばらくは逃れられるかな、、、?
自分が乳癌サバイバーだからこそ、乳癌に関係するテーマの看護研究の方が、モチベーション続くと思いますよ〜。
ワタシは今の内科外来がとても忙しく、自分への仕事の重圧もあり、また体力の限界をヒシヒシと感じる日々です。
2016/06/06(Mon) 22:54 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: