以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2016-02-08 (月) | 編集 |
母娘二代で看護師っていう
友人とか、先輩看護師がいて、
ずっとスゴイなぁ〜って思っていた。

子供が母の(看護師として)働く姿を見て
自分も同じ道を歩もうとするなんて、
母親を尊敬している証ですね。



かく言うワタシは、自分の娘に対しては
「看護師」を勧めませんでした。

娘が進路に悩んでいる時に、
「長い目でみたら、資格を取っておくのも良いかも」
と、チラッと言った事はあったけれど。

結局娘は
医療系ではなく普通の大学に進学。


でも自分が乳癌患者になり、
「夜勤」は乳癌発症リスクになるとか
夜勤している看護師やキャビンアテンダントに乳癌が多いとか、
そんな文献を目にすると、
母が乳癌、(父方の)祖母が乳癌の娘には
「夜勤」のある看護師の仕事は避けた方が良いんじゃないか?
とも考えるようになり。


「母の姿を見て看護師に憧れました」
なんていつか娘が人に話すシーンにチョット憧れはしましたが、
いやいや、これで良かったんだと。


ワタシとは違う職業に進むであろう娘。

一生乳癌なんて経験しないで済むように!
そう願わずにはいられません。


娘とは反対に
息子は医療系の大学(第一志望)に決まりました。


診療放射線技師(レントゲン技師)を目指す学科です。


ダメモトと思い受けた推薦入試で(指定校推薦ではない)
合格出来ました。


4月から一人暮らしが出来るのか?
授業についてゆけるのか?
そして無事卒業できるかどうか?
さらには国家試験に合格できるのか?
(診療放射線技師の国家試験合格率は70%前後)

ウチのおバカ息子に対しては不安が尽きません、、、、、




それでも

4年後

患者さんに優しい「レントゲン技師さん」になって欲しい。
目指して欲しい。

それが癌患者である母の願いです。










コメント:
この記事へのコメント:
mさん
こんばんは。
リコメが遅くなってしまいましたが、その後お子さんのインフルエンザ?はどうでしたか。
今日は14日なので、もうお熱は下がったでしょうねー。
ほっと一息でしょうか?
春が来るのは楽しみのような、、、、
子供の学年がひとつ上がってしまうことへの不安があるような、、、
親の心は複雑ですよね。
ワタシの方も
勤務移動がありそうで、落ち着かない気持ちな春です。
まぁ、進むしかないんですが、、、、

2016/02/14(Sun) 22:56 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: