以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2015-12-27 (日) | 編集 |
一緒に内科外来で働いている看護師さん2人が
ワタシから2メートルほど離れた場所で話していました。

T看護師は(多分)37歳くらい。
Y看護師は(多分)42歳。

二人ともその会話の内容から想像するに
「ガン保険」には入っていないんですね。

T看護師は【あひる】がトレードマークのガン保険のパンフレットを
手に取っていました。
そこにちょうどやって来たY看護師が、


「ガン保険入るのー?
ガン保険入らなくても、
ガンにならない生活をすればいいのよ」

そう言ったのです。

傍で、
そんな会話を耳にしてしまったワタシはちょっと驚き。



Y看護師って、
ガンにならない様に気をつけているだけで
ガンは予防できると、考えていたんだ⁉️

いやいや、
聞き捨てならなかったな、今の発言。

ガンにならないように意識して生活していても
不本意ながらもなってしまう癌もあるって
看護師だったらわかりそうなモノだけど。

その場で一言申そうかと
おせっかい おばちゃん 看護師になろうかと思ったけれど

余計なエネルギー(❓)使うのも面倒臭いって言う気持ちがあり
その場では何も言いませんでした。



ただ、、、
もう新人じゃあるまいし、、、、

食事にどんなに気をつけていても
検診を毎年必ず受けていても
ある日突然、癌を宣告されてしまう事があるって
それ、想像できないかな。

喫煙者でなくても肺癌になる人を、仕事で見てきてないかな。
食生活が偏っているわけでも無かったのに
胃癌や大腸癌になる人、今までに関わっていないかな。
初潮が早いわけでもなく高齢出産でもなく、
授乳経験もあるけど、
乳癌になっちゃった人って知らない?

誰でも癌になる確率のある時代だって、
気をつけていたってなるときはなるって、
そんなの看護師だったらわかると思うんだけど、
やっぱり、自分が実際になってみないと
他人事でわからないものなんだなぁ〜〜

そんな事を考えさせられた。

【ガン保険】は最低限のものでも入っていた方が良いよって、
助言してあげたほうが良いかとも思ったんだけれど、

40過ぎてて
そういう事を平気で口に出しちゃうY看護師には
ワタシが何をアドバイスしてもきっと無駄だと思い、
ワタシは何も言いませんでした。
(Y看護師はワタシの乳癌を知っています)


やはり、、、
(実際に癌に)
なった者にしかわからない、
なってみないとわからない事なんだな、、、。


そんな事を考えさせられました。






コメント:
この記事へのコメント:
ぴこるるさん、こんにちは!

私も同じ意見です。
やはり、経験して初めてわかるってこと多いですよね。
それまで、乳癌なんて他人事・・と思っていたけれど、いざ自分が癌になると、それまでの(自分の中での)常識が、180度変わってしまいました。
保険って、あくまでも保険ですが、健康なうちは高い保険料に嫌気がさしますけど、いざ癌です!って告知されたら、「入っておいて良かった〜!」って絶対なりますものね。
私も、「癌と診断されたら以後の保険料はいただきません!」ていうのに入っていたので、めっちゃ助かりました!

そして、余談ですが、義理の母の言葉・・「癌を取っちゃったんだから治ったんでしょ?」・・
そんな簡単なものではないのに。

癌患者の気持ちは、癌になった人にしかわかってもらえないのかもしれませんね。

またブログ楽しみにしています。
2015/12/27(Sun) 16:46 | URL  | ぶんぶん #-[ 編集]
がん特約をつけるとものすごく割高感がありますよね。
それも「罹患しないかもしれない」のに。実は私もがん保険としては入っていませんでした。
でもハイリスクなことはわかっていたので女性特約をつけていました。(もらえた額の差は微々たるものでしたが)

やはり自分の身に起きるかごくごく身近なところで起きないとわからないのだと思いますし
「自分はがんにはならない」と自信満々に言う人も一定数いますから。(でも人間ドックは受ける)
それは本当にそう思っている人もいるでしょうし、期待や希望がそういう言葉になることもあるのだと思いますが。

がんに限らずですが病気になったらどのくらいの支払いになるのか、治療中の収入はどうなるのか、といったことは
情報も少ないし自分もそうでしたがその時にならないと意識の外なんでしょうね。
この意識は日本の皆保険が影響しているのかも?
<備えあれば憂いなし>わかってるんですけどね・・・


来年もぴこるるさんの楽しいブログ楽しみにしてます!

(区別できているようですが名前変えました(^^ゞ)
2015/12/29(Tue) 12:30 | URL  | K(はる) #-[ 編集]
ぶんぶんさん
こんばんは。
ぶんぶんさん保険では勝ち組(!)でしたね〜。
ワタシはガン保険では一時金をいただきましたが、その後の保険料を免除っていうのではなかったので、その後も払い続けています、、、
一時金も一回だけなので、これからもう入院でしか保険金はもらえないんですけれどね。
義母さんの言葉は「あるある」ですよね〜。
わかってもらうのはもう無理でしょうしね。
理解してくれる人にわかってもらえれば、それで良いですよね。
それから今年、
ワタシのblogにたくさんコメント頂きありがとうございました。
今後もお付き合い下さいね〜。


2015/12/31(Thu) 18:48 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
K(はる)さん
こんばんは。
安心してください、区別出来てますよ(笑)

こんな事を言うのは不謹慎なんですけれど、
もしも自分が1番先じゃなくて身近な人が先に癌になっていたら、
それをキッカケにして、
ガン保険の見直しをしていたかも知れないな〜なんて
思った事もありましたね。
自分が一番最初になっちゃったからそんな事を考えても
後の祭りなんですけどね。
人生なんてそんなもの!なんですよね〜。
2015/12/31(Thu) 19:08 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
kさん
こんばんは。
ワタシも保険のありがたさを、たまーに友人に説明しますよ。
実際に、ワタシが癌になってから、ガン保険に入った友人も何人かいますしね(エッヘン)
来年も頑張って行きましょうね!
2015/12/31(Thu) 19:24 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
「私はならない」と思っているのでしょう。患者の傷みが分からない言動です!デリカシーなし、ですね。ガンになった人でないと傷みが分からないのは、日本に、ガンに対する知識が少な過ぎるとも言えるのではないでしょうか?
しかし看護師さんからそんな発言が出るなんて!
2016/01/12(Tue) 16:43 | URL  | ねこみか #81OYL7IA[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: