以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2015-08-16 (日) | 編集 |
少し前の話になる。

「行かなくては、もうそろそろ行かなくては」と、
常々考えていた子宮頸がん検診・子宮体がん(内膜がん)検診に、
やっと行ってきた。

ワタシの住む自治体では、保健センターにて所定の続きをすれば
子宮頸がん検診のみ、2000円で受けられる補助制度がある。
しかし子宮体がん検診には費用補助制度は無く、体がん検診は全額自費。
(体がん検診にも補助がある自治体もあるらしい)
7月の暑い日、半日休みをいただき、重い腰をあげて向かった。

毎年、乳癌の手術をした7月までには
(分娩した)産婦人科病院で婦人科検診を受けるように努めていた。

いつもは子宮頸がん検診でも子宮体がん検診でも
殆ど痛みを感じず、出血してもごく少量なので
「ワタシは経産婦だから、痛みに鈍いんだわ ww」
なんて余裕かましていたのですが、
今年は生理用ナプキンが必要なほど出血しました。

久しぶりなナプキン装着!

そして先日、結果が郵送で届き「異常なし」

これで婦人科系はしばらく安心できます。



何度か記事にしていますが
ワタシは毎年、年末に人間ドックも受けています。
(乳癌になる前からの習慣でした)

この人間ドックでも、
子宮頸がんのスメアと経腟の超音波検査があります。
なので子宮頸がんに関しては、年に2回受けていることになります。



毎年乳癌検診(マンモグラフィー)を受けていても
乳癌を早期発見出来なかった!という検診制度への不信感?が、
半年に1回(年に2回)、子宮頸がん検診をさせるのかもしれません。
子宮体がん検診に関しても、
年に1回の子宮内膜の細胞診と、PETーCT検査を(今年は3月に)受けてます。



それは受けすぎじゃない?と感じる方もいるでしょう。


毎年マンモグラフィー受けていて、
それでも早期発見されなかった!過去を、
恨めしく思っている訳ではないのです。

勘違いされないように。

ワタシ、検診で見落とされたんだ、、、、とは思ってはいないのです。(今ではね)

検診制度における早期発見の限界を、
「医療機器」における限界を知っているからこそ、
ある特殊なタイプの癌については
年に1回の検診での早期発見は無理、と理解しています。
言い方を変えれば、
年に1回検診受けていれば安心と、言い切れないタイプの「癌」があるのだ。(ワタシはそれだったんだな)

たまたま初めて受けた検診で、
早期発見された非浸潤の乳癌で、ある意味幸運だった人もいれば、
毎年マンモグラフィー受けていたのに、
結局自分でシコリに気がついて病院に行った人もいる。


毎年検診受けていたのになぁ、、、って恨み言を言いたく無いからこそ
これからも今のペースで検診を受け続けるだろうな。


婦人科検診の自分のコダワリ。
EBMなんて無い。
決して人にオススメするものでもない。


毎年検診受けてて、その検診で「癌」が発見されなかったことが実は今だにトラウマになっている。


あぁ、面倒臭いけれど。











コメント:
この記事へのコメント:
私は検診で見つけてもらったクチです。見つかってから触ったら明らかなしこりがありましたが、自分でみつけることはできませんでした。以前はがんなんてものができたらさすがに自分でわかるだろ、と思っていましたが、今や自分の感覚は信じられません。だから、ぴこるるさんと意味合いは違うかもしれませんが検診はちゃんと受けようと思います。ただ検診の位置付けは少し変わりました。以前は異常のないことを確認するためのもの。今は異常を早く見つけるためのもの。でも、基本は異常なんてないはず、と思って受けてますけどね。
2015/08/17(Mon) 20:55 | URL  | あべかわきなこ #hyrIbYYQ[ 編集]
こんにちは。
私は、検診で見落とされたと疑ってやまない患者の一人です。
もともと、乳腺症があり、半年に1度触診・マンモ・エコーを受けており、落ち着いた頃に年に1度の検診に変わり、安心しきっていたのに、最後の検診から半年後、何となく不安になって前倒しで検査をしたら、癌が見つかってしまったという・・
しかも、初期ではなく、リンパ節にまで転移してました。乳房を全摘することよりも、私は、リンパ節郭清をしたことのほうがショックでしたね。たった半年で・・・と、当時は検診を受けた医療機関を恨みました。乳癌検診は、2年に1度でよいと言われていますが、それじゃあ遅すぎるんですよね。
だから、声を大にして言いたいです。「乳癌検診は、最低半年に1度は受けるべき!!」と(笑)

ちなみに、私は3人姉妹なのですが、全員乳癌です。
遺伝性ですよねー。ある意味、なるべくしてなったのかなーと。
今は、ステージ2aの段階で見つかっただけ、よかったのかなぁと思うようにしてます。
また、ぴこるるさんのブログ、楽しみにしてますねー。
2015/08/21(Fri) 08:05 | URL  | ぶんぶん #-[ 編集]
eさん
こんばんは。
全然参考にならない、ただのつぶやきのような記事デス。
> 人間のやる事には限界がありますから、運や宿命と受け入れるメンタルが一番必要になるのでしょうか。
本当にそう思いますね。
「腹黒笑顔」!!笑えました!今日も面白いコメントありがとう。

2015/08/23(Sun) 22:18 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
あべかわきなこさん
こんばんは。
検診で見つけてもらえた!という事はラッキーでしたね〜。
病気にならない方がもちろん一番いいけど、
それでも、不幸中の幸いでした。
「検診を受けた」という自分の行動が間違っていなかった、正しい人生の選択でしたね。
自分の行動に、感覚に、自信をこれから持てますヨ!

2015/08/23(Sun) 22:30 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ぶんぶんさん
こんばんは。
そうそう、マンモグラフィーは2年に1回って、うちの方の自治体も言ってますね。
大丈夫な人は2年に1回でもいいんですよ。大丈夫な人はね。
でもある種類の乳癌のタイプは、2年に1回のマンモじゃダメなんですよね。
(成長の早いタイプね)
そういう人は、せめて半年に1回じゃないと!
最初から自分がどのタイプの乳癌か、わかるわけないから、仕方ないんだけど。
3姉妹乳癌なんですか、、、、
うーん、複雑ですね、、、、
でも考えようによっては、3姉妹の結束がさらに強くなりそうな気がします。
お互いが強力なサポーターになれませんか。
ポジティブに行きましょう!

2015/08/23(Sun) 22:41 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: