以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2015-07-05 (日) | 編集 |
7月2日から4日まで
東京フォーラムで開催された
第23回日本乳癌学会学術総会に参加してました。

20150705001107ca2.jpg


まず、7月2日。
実はこの日は、4年前に胸のシコリで乳腺外科を受診し
穿刺吸引細胞診を受けた日だったのです。

あの日から4年。

あの7月はすごく暑くて汗だくだった記憶があるのだけれど、
今年は雨降りです。


午前中は諸先生方の厳選口演を聞き、
午後からは
乳癌学会参加したなら、まずは中村清吾先生の講演を聞かないと!ということで、第1会場を目指します。
中村先生の講演に続いて、日野原重明先生の特別講演も聞く事が出来、もうそれだけで満足。

イブニングセミナーを終えて
(患者の)ワタシを担当してくださった、今は別の病院に働く元主治医2人(♂・♀)と、うちの病院の腫瘍内科医と合流し、4人で再会を祝し 飲み会 食事会。
ワタシにとっては、久しぶりの主治医2名との再会!
一緒に働いていたあの当時と同じように、とても楽しい時間でした。

主治医(♀)「ぴこさんッ!再発したら、私の今の病院に(転院)来ていいからねッ!」
主治医(♂)「またそんな事言って!失礼だよ。再発なんて〜。」
ワタシ「はいわかりましたッ。その時はお世話になります。頑張って通いますからッ!」

先生、転勤する時も同じ事を言ってくれてたけど、
気にかけてくれてるのが嬉しい。(でも県外なんだけどね〜〜)


学会2日目。
モーニングセミナーから参戦?し、
「薬剤師・看護師向けのケースカンファレンス」→「ランチョンセミナー」午後からは「看護セミナー」に参加。

がっ、、、、、
「看護セミナー」は正直物足りない内容。
これは新人看護師対象ですね?と言うような印象でした、、、、、。
同じ病院の看護師友人Kは「思わず眠くなった」と言い出す始末。

その後は企業の展示ブースを見てまわり、ちょっとビールをいただき?
夕方からの「ポスター討議」をKと共に、気が済むまで見学し回りました。


学会3日目。
お目当てのランチョンセミナーのチケットをGETすべく、
今日も7:20には会場入りしたものの、
ワタシの直前にてHER2のランチョンセミナーチケットは〆切。

仕方がないのでとりあえず適当なセミナーのチケットを選び、
まずは、モーニングセミナーに向かいました。
「メトロニダゾール・ゲル」の作成話 を聞き、
→「サバイバーシップ」 →「妊孕性温存」 →「緩和医療」の話を。

途中、隣の部屋の「HER2」の厳選口演が気になりましたが、
一旦部屋移動すると、次には座れなくなってしまいそうなので、
結局は同じ部屋にいました。

ところで、
PET-CTのランチョンセミナー券は手に入れていたものの、
どうしても別のランチョンセミナー(HER2)が聞きたかったワタシ。

HER2のランチョンセミナーを聞きたいあまりに、
わざわざチケットを持たない人の列に並んじゃいました。
(キャンセル待ちの列に並ぶみたいな感じね。)

会場が広いので、多分入れるでしょーー
そう予想し、並んだ甲斐があって無事入れました。

トリプルポジティブ乳癌のワタシにとっては、
やはりこの抗HER2薬の話は外せない。

ワタシが部屋に入れた時には、講演は既に始まっていました。
お弁当はすぐには開封せず、とにかく内容に聞き入りました。

午後からは再び3日目の展示ポスター等を見学し、
そして会場を後にしました。



乳癌患者になって、

乳房は失ったけれど。
身体はアチコチギクシャクしているけれど。

こうやって、自分の患った病気について、
勉強できるって、プチ幸せなことだな、、、、、。

そんな事をぼんやり感じた3日間でした。

20150705003306c47.jpg

来年は会場が東京ビックサイトに変更になってました。
来年も参加出来るかな。












コメント:
この記事へのコメント:
私はこの7月で3年目を迎え 、先日のCT検査も無事終わったとこです。3年前の今頃はかなり、落ち込んでいて病名からいつまで自分は生きていられるのか、、と眠れない日を過ごしていたのを思い出します。その頃ネット検索で闘病ブログにたどりつき、たくさんの方のブログを読みあさりました。その中でピコるるさんのブログはやはり看護師さんということもあり、ずっと読ませて頂いていろいろ乳癌の事を勉強出来て感謝してます。乳癌学会のお話しも、いつも楽しみにしていますので、来年も期待してます!私は地方にいて参加となるとハードル高いですけど、一度参加するのを夢に(大袈裟)病気と向き合っていきたいです。
2015/07/05(Sun) 05:57 | URL  | そら #-[ 編集]
そらさん
こんにちは〜。
ブログ見てくださっていてありがとう。
こんな、時々妄想ブログなんですけど(笑)
そらさん、7月が告知だったのかしら?それとも手術が7月だったのかなー。
手術だ何だとバタバタしている当時は、例えば2年後、3年後とかって、自分がどうしているのか、はたしてちゃんと生きているのか?全然想像できなかったです。過ぎてしまえば当時の辛かった記憶も徐々に薄れてゆき、何も無かった様な気がしてしまったり。毎年毎年この時期に、今、生かされている事に感謝です。
相田みつをさんの「幸せは自分が決める」に教えさせられますね。
お互い、、、「自分なりの幸せ」で、頑張りましょう。

2015/07/05(Sun) 12:53 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
お久しぶりです
以前 微小転移のことで コメントさせて頂いたものです。
そのせつは お世話になりました。
あれから 「健側」もOPをし、現在両再建にむけて 頑張っています。
乳がん学会私も3日間 参加していました。
・・・看護セミナー同じホールにぴこるるさん いらっしゃったのですね。お会いしたかったです。日野原先生の講演も聴いていました。
来年も行きますよ~。

2015/07/18(Sat) 02:12 | URL  | 夕鶴 #bM4TJFTs[ 編集]
夕鶴さん
こんばんは〜
お久しぶりです。夕鶴さんのコメントされた時間にちょっとビックリ!起きていらっしゃるんですか?
美容に悪いわよ〜〜(笑)
学会に参加されていたのですね。ではきっとすれ違っていましたね。
ワタシもだいぶ会場内をフラフラ〜していましたから!
来年はビックサイトですけど、再来年は熊本ですね。
多分、夕鶴さんからは近いのでしょう。
お互いすれ違った時に気が付くよう、目印つけときましょうか(笑)

2015/07/18(Sat) 23:40 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: