以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2015-01-10 (土) | 編集 |
がん化学療法を受けている時
白血球値がひどく下がってしまい、

好中球を増加させる注射を
うけた経験のある方はいらっしゃると思う。

白血球の一種であるこの好中球を選択的に増加させ、
その機能を更に高める作用のある注射製剤は、
GーCSF製剤と呼ばれている。

がん化学療法による好中球減少症を速やかに回復させる以外にも、
がん化学療法時の
発熱性好中球減少症を予防(抑制)する目的もある。

以前も
ワタシのBlog記事にしたことがあったが、
うちの医師たちは
2年前はグラン®を主に使っていた。
20130928225547c45.jpg

フィルグラスチム®が発売されてからは、
フィルグラスチム®の方が薬価が安いからと、
フィルグラスチム®、グラン®は、使い分けているようだった。

20130928225545f44.jpg


お金を払う患者側にしてみれば
(たぶん)薬効が同じなら、薬価が安い方が良いに決まっている。

ちなみにフィルグラスチムBS注シリンジ
75μg=6882円、150μg=10871円、300μg=17179円(当時)

先発のグラン®では
75μg=10055円、150μg=20048円、300μg=24926円(当時)

であった。(これは10割負担の場合の値段)



先日の話。
うちの外科外来の薬品専用冷蔵庫には
フィルグラスチム®のみ常備なのですが、
H先生が
『ジーラスタ®を患者さんに使うから、用意して』
と指示してきた。

『じーらすたぁ?』初めて聞く薬品名だった。

なに?それ?
また新製品かな?
うん〜もぅ、今在庫してあるフィルグラスチム®を使ってよねー。

なんて思いつつ、薬剤科から『ジーラスタ®』を1箱お取り寄せし、
開封しすぐ注射出来るようセッティングしH先生に渡した。

『落とさないでよ。間違って、ブチュッ!とかしないでよ(笑)』
これ10万円の注射だからさ

えぇ〜〜〜

じゅ、、、10万円。
20150110063756383.jpg


106,660円の『ジーラスタ®』はまだ発売されたばかり
持続型GーCSF製剤なんだそうだ。

例えば、グラン®やフィルグラスチム®を連続投与する際、
グラン®の皮下投与の半減期(薬の濃度が半分になる)が 2,15時間なため
土日でも通院して注射を受けにこなければならなくなる。

ジーラスタ®の半減期は 50時間以上!なので
ジーラスタ®なら、ガン化学療法1サイクルに1回の投与でOKとなる。

ジーラスタ®を好中球減少症の発症前に投与することで、
好中球減少症による感染症リスクを軽減し、ガン化学療法の投与量やスケジュール尊守が可能になる。

もちろん皮下注射の苦痛が1回で済む事、
連日わざわざ通院しなくて済むので、患者の通院負担軽減に寄与する事にもなる。

ただ高い、、、、。
グラン®だって連日投与受ければ、相当いいお値段にはなるが。

『10万円ですか保険が効いて3万円ですよね。
PET−CT検査と値段が同じですね。』


もし今がん化学療法中だったら、
インフルエンザが蔓延しているこの時期の病院に連日通院するのもリスクだし、
でも、3万円が惜しくて『注射使わなくていいです。』って、
お家で(感染を受けないように)ジッとしてますからって、、、、

思わず言ってしまいそう。



新しく開発される薬は大歓迎だけど、
もうちょっと値段どうにかならないかな、、、と思ったそんなお仕事日。







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
はじめまして。
以前からブログ拝見させていただいています。
昨年の夏に左乳癌で全摘+同時再建手術を受け
現在は抗がん剤(EC)治療中です。
(今後は+タキサン系→放射線→ホルモンの
フルコース予定です…)

この注射の件、前回の診察時に主治医から
話がありましたが、先生も「使った方がいい」と
いう事ではなく「ご案内」という程度だったので
こちらも薬の名前すら聞き逃してまして…
自分で検索して調べてもよくわからずで。

今回、詳しくupしていただいて「これだ!」と
一気にテンションが上がりました↑
ありがとうございます♪

しかし、先生も「お高いです」とは言ってたものの
保険でも3万円とは…来月のケモ予定が子どもの
学校etcとかぶってしまい悩んでいますが、まずは
先生に相談するしかないですね。

また訪問させていただければと思います。
よろしくお願いします。
2015/01/10(Sat) 11:07 | URL  | たかっち #-[ 編集]
勉強になります♪
こんにちは。
幸い、私は化学療法中に白血球が下がりすぎることはなかったので、注射のお世話にはならずに済みましたが、こんなにお高いとは!!
どんどん良い薬、治療法が開発されているみたいですが、これだけお高いと、なかなか手が出せませんね(汗)
でも、今日、こういう薬もある、ということを知ることができました。
いつも勉強になりますm(__)m
2015/01/10(Sat) 12:08 | URL  | くくくねこ #-[ 編集]
たかっちさん
コメントありがとうございます。
たかっちさんも夏に手術(全摘)で、その後ECとは、ワタシと共通している所ありますね!
この秋〜冬は治療・闘病のため引きこもりになっちゃいそうですが、マイペースで粛々とこなして行きましょう〜
そういえば当時のワタシ、ニット帽とかをたくさん買ってしまいましたよ。ズラは1個しか準備しなかったんですが、帽子を色々揃えてましたね。脱毛で暗くなりがちな気持ちが帽子オシャレによって、少し明るくなりました。
たかっちさんも頑張ってくださいね。
2015/01/10(Sat) 20:24 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
くくくねこさん
Blogにこんな記事を書きつつ、実はワタシも治療中に、GーCSF製剤の注射は受けていないのです。
当時のワタシの腫瘍内科の主治医は、
『必ず(白血球数は)上がってくるから、打たなくても大丈夫』っていう主義だったんですよね。
でも、同じ病院内の別の腫瘍内科医は、しっかり使っていますから、先生の考えも色々それぞれなんですね〜。
抗ガン剤が高いのは仕方がないような気もしますが、GーCSF製剤が3万!(10万)は本当に高いですよね〜。
2015/01/10(Sat) 20:54 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
mさん
mさんはGーCSF製剤の注射うけた事あるんですね。
保険が効いても3万円はお高いです。
医師にやんわりお断りした、、、そうですね〜(笑)
2015/01/10(Sat) 21:14 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
新しい薬はホントに高いですね
今年になって、初コメントです。
昨年暮れから、仕事も再開し、風邪をひいたり、慌ただしくしていました。
今年も楽しく拝見させていただきます。どうぞよろしく。
私も治療を始めました。
身体的にも精神的にもダメージを受けているのだから、金銭面では不安を感じないで治療やサポートアイテム(下着やかつら等)の利用が出来るといいですよね。
2015/01/10(Sat) 22:39 | URL  | モンノ #-[ 編集]
新薬開発
いつも 勉強させていただいてます。一昨年 抗がん剤投与(TC4回)後白血球低下で 隔離入院3回 自宅療法と 何度もグランのお世話になりましたが 新薬の持続性にはビックリですが 患者としてはもう少し負担が少ないと良いですよね!
2015/01/11(Sun) 00:07 | URL  | はな #-[ 編集]
いつも役立つ情報ありがとうございます。私は骨髄抑制が比較的キツいと言われるTC療法で微熱も続いたので、きっと白血球が減っているのだろう、と思いきや投与日の数値は16000とか18000とかの大増殖で、その手の注射はせずに済みました。浮腫防止に前日に飲むデカドロンのせいかも、とのことでしたが、だったら皆さん飲んでるのでは?とイマイチ半信半疑でした。血液検査は当日しかしないのでデカドロン前の数値はわからずじまいでしたし。そんな治療も終わって3ヵ月半、髪も男前な感じに伸びてきました!モード系のモデルだと言い張ればカツラなしでも歩けるかも。寒いのでしませんけど。
2015/01/11(Sun) 12:33 | URL  | きなこ #hyrIbYYQ[ 編集]
モンノさん
風邪をひいてしまったとの事、仕事再開した疲れも影響しているのでしょうか。
こじらせることの無いように、お大事になさってください。
そう、コメントに書かれていらっしゃるように、医療用ウィッグとか、術後の補正用の下着やパットなど、その他いろいろ、医療費控除になるとか、もうちょっと患者に優しい制度の充実とか、ないですかねえ。
この注射薬も、既に限度額に達している患者さんなら費用はかからないんでしょうが、そうでない場合は、費用負担が大きいですよね。
2015/01/12(Mon) 00:17 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
はなさん
コメントありがとうございます。
はなさんはグラン経験者でしたか、、、、それも何度もですか。お金もかかりましたよね。
注射の痛みも、、、頑張ったんですね。
そうなんです、新薬が出たんですよ。
このタイプの、費用がもっとお安い、ジェネリック(後発品)が早く開発されるとイイなぁと思います。
これから治療を受けなくちゃならない、、、という、未来の患者さんのためにも。
2015/01/12(Mon) 00:24 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Mさん
コメントありがとうございます。
今、入院中なんですね?退院先延ばしになる、、、何か理由があるのですね?
でも、早く退院できた人と自分を、比較しない方がいいです。
一人一人、病状とか、経過とか、微妙に違うものですよ。
Mさんの今、出来る事を、療養を、マイペースで頑張って下さい。
先生や看護師さんにいろいろ不安を聞いてもらって、しっかりと治療を今、受けてくださいね。’
2015/01/12(Mon) 00:36 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
きなこさん
役立つ情報だなんて、そんな情報じゃないですよ〜
ただのつぶやきです。
ところで、、、寒いのでしないけど『モード系のモデル』、、、、とな?
おおお!
実は、きなこさんは、背が高い宝塚歌劇団風な美人なのでしょ!
そんな気がしますが。ふふふ。
2015/01/12(Mon) 00:45 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
昔々、承認前のG-CSFの効果に感動し、商品名がついたバイアルを見た時も感慨深かったのですが今では持続型も出たのですね。
こうやってどんどんと改良、進化していくことはうれしいですが
ただでさえ他にも高額薬品を使っていることも多いので患者側からしたら
値段を考えて使用をためらうことも多いのでしょうね。

以前いた職場は高額薬品、高額医療資材のオンパレードのような部署で、
急性期(Opeなし)の2週間入院で約200万(10割負担)は軽くかかるようなところだったので
1V=16万円(10割負担)を複数本なんていう薬品も日常的に使用していました。
高額薬品は何らかのの理由で廃棄の時は事故伝票を書かないといけないしおおごとになるので、
Drへ「絶対使うと決まってからでないと準備しませんから!」と言っていたのを思いだしました。懐かしい…
2015/01/12(Mon) 00:49 | URL  | はる #-[ 編集]
私もFEC治療中、何度もその手の注射のお世話になり、感染予防の入院をしました。
金銭的にはきつかったけど、抗がん剤中は仕事を休めてたので、その面での影響はなかったです。
でも、仕事しながらだったら、骨髄抑制のための度々の通院入院(想定外だったので)は大きな支障が出たと思います。
その意味で、仕事を続けながら抗がん剤治療する人にとっては福音ですね。
お値段が下がるのを祈るばかりです。
2015/01/12(Mon) 10:39 | URL  | こり #-[ 編集]
一部当たってます!
すごい、ぴこるるさん!確かに私はかなり背が高いです。しかし残念ながら美人でなく、更に痩せてもいないので、伸びかけ坊主頭で歩いたら、クールなベリーショートを決めているようには見えず、ガタイのいいおっさんと間違えられる可能性大。無念…。この身長のせいで化学療法の費用は冊子に書いてあった標準例より1回あたり1万円も(3割負担で)高かったし。でも長年布地をたくさん使うLLサイズの服をSサイズと同じ値段で売ってもらってるからお互い様か?ノルバデックスは1錠で足りてるのかしら?
2015/01/12(Mon) 16:10 | URL  | きなこ #hyrIbYYQ[ 編集]
びっくりですね。
私は初めての投与後
白血球減少で緊急入院したから
8回の投与の間、毎回グラン3本打ち
あげて何とかケモを続けました
自然と上がるのを待っていたら
今は生きていないよ^^

早くリーズナブルになると良いですね

2015/01/12(Mon) 20:23 | URL  | じゅん8008 #V0sVL5lk[ 編集]
はるさん
そうそう、血漿由来製剤などはとても高額でしたね。
持続型GーCSF製剤の後発品が出てくればお値段が下がるでしょうか。
既に限度額に達していれば、10万の注射だろうが費用負担はないですが、そうでなければ外来(通院)でこの値段は大きいですね。
でも、生きるか死ぬかの状況だったら、、、そんなこと言っていられませんがね。
2015/01/12(Mon) 22:00 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
こりさん
コメントありがとうございます。
こりさんは治療中に、GーCSF製剤にお世話になったんですね。
入院もしたとは、、、大変でしたね。
持続型の後発品が早く開発されれば、値段がさがるでしょうか。
何処かでどなたか、、、患者さんがこの薬で病状が助かる方がいるんでしょう。
2015/01/12(Mon) 23:12 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
きなこさん
ふっふっふっ、、、☆
やはり当たっていましたね。

2015/01/12(Mon) 23:40 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
じゅん8008さん
こんにちは。
じゅん8008さんも、このてのお薬にお世話になったタイプだったんですね。
頑張って乗り越えたんですね〜〜
そう、昔、ない時代の患者さんはきっと苦労してきたんですよね。
私たちは、感謝しないといけないんですね〜〜
(でも値段が、、、、、)
2015/01/13(Tue) 13:35 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
おはようございます。
ジーラスタ、この間、打ちましたよ~!!
私が打ったわけじゃなくて、打った方で(あれ?)
値段を聞いて「絶対に失敗できないわ!!」と思いました(笑)
本当、早く値段が下がれば良いですよね。
2015/01/14(Wed) 06:02 | URL  | kaiっち #-[ 編集]
kaiっちさん
おぉ〜打ちましたか!!
ブチュッと間違って押してしまう事はなかったのですね〜(笑)
値段が高い分、高い効果を期待しちゃいますよね。
2015/01/14(Wed) 22:49 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: