以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2014-12-27 (土) | 編集 |
ちょっと前の話。



大腸癌が疑われる患者さんとその家族と
外科のA先生で話していた時。

A先生は、
遺伝性大腸癌の説明をしていたようでした。
(乳癌のように、大腸癌にも遺伝性のタイプがある)
例えば、家族性ポリポーシス(FAP)とか。

FAPでは大腸に無数のポリープができ、そのポリープを放置してしまうと将来100%癌化することがわかっており、癌化する前に、大腸全摘手術を受けるという治療がある。

A医師は、癌になる前に行う大腸摘出手術の話を例として説明していたのだが、
話を聞いていた家族に、少しでもわかりやすく説明しようと考えたんだろうか。
急に『予防的乳房切除』をしたアンジーの話をし始める。


A医師 『遺伝性の癌って大腸癌だけではないんです。』

A医師 『テレビのワイドショーは見ますか?』

家族♀『はぁ? まあ少しなら』

A医師 『アンジェリーナ ジョリーという女優さんの話を知っていますか』
2014122700443819d.jpg


家族♀ 『・・・・・・・』

いきなりの話の転換に家族はビックリ。

A医師 『その女優さんが、遺伝性の乳癌になる前に、予防的に乳房切除手術を受けたというニュースがあったんですよ、ご存知ないですか?』

家族♀ 『あぁ・・・何となく・・・・聞いた事あるような・・・ たしか・・
トム クルーズの・・・奥さん?

20141227004439e75.jpg


A医師 『そうそう!!それです』



えええええ〜〜
ちょっと待ったァーー!
← ぴこるるナース心の声



アンジェリーナ ジョリーはブラッド ピットの嫁だけど?

20141227004438a40.jpg

トム クルーズじゃないけどぉーー。

オーーイ


会話に思わずツッコミを入れたかったけど、
A先生の顔を潰してもね〜〜とここで思いとどまる。


これは優しいのか?ワタシ?





昨日の
今年最後の外来でお会いしたA先生
本当は『お世話になりました』とワタシから先に挨拶すべきところを
『今年もたくさんお世話しましたとご挨拶。


オバチャンナース ワタシからの皮肉とわかったのね、A先生はニヤリとした。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: