以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2014-12-28 (日) | 編集 |
前回のBlogに
アンジェリーナ ジョリーが受けた
『予防的乳房切除手術』の話に触れたが、
この『予防的乳房切除手術』日本でも一部の病院で既に始まっている。


もちろん希望したからと言って
誰もが受けられるというものではなく
例えば、片方の乳房が乳癌になっている事とか、
BRCA1・BRCA2の遺伝子検査が陽性である、
院内の倫理委員会の承認が得られているなど、色々と条件があるようだ。


先日の日本乳癌学会 関東地方会にて
S病院の、Y先生の教育講演を聞いたのだが、
その中で、とても印象に残った内容がありました。

S病院ではすでに■■名の『予防的乳房切除』手術が行なわれたのだが、
実はその『予防的乳房切除』された乳房の(術後の)病理組織診断において
術前にはわからなかった(画像には小さすぎて写らない)
超早期の乳癌が見つかった人が、◇名も存在したという。

それも、その超早期乳癌のサブタイプを調べたところ、
⚫名はルミナールタイプ、トリプルネガティブも▲名含まれていたとの事。


そもそもまだ乳癌を発症していないと考え
予防目的に乳房切除をしたので
腋窩リンパ節郭清はもちろん未実施だ。

術後の病理組織診断によって、
偶然にもこのような超早期の乳癌が見つかってしまった場合は
腋窩リンパ節を術後どうするのか、
センチネルリンパ節生検はもう出来ないので、
腋窩リンパ節摘出手術を追加で実施すべきなのか、判断に悩む事になるという。


このような『予防的乳房切除』にてはじめて発見される癌(乳癌)を
occult cancer(オカルト・キャンサー)とY先生は呼んでいた。

今後『予防的乳房切除』が増えてくると、
このオカルト・キャンサーの問題も増えてくるだろうと。


オカルト・キャンサーとは、
腋窩リンパ節の腫脹(腋窩リンパ節転移)にまず気がついて病院受診。
詳しく全身を検索したところ、
シコリを作らないタイプの乳癌を発見(乳癌が原発である)
そのような事例を意味するのかと思っていたんだけど、
そちらの意味もあったのね、、、と色々な意味で勉強になった学会でした。




ワタシといえば、
自分の親族の中で初めて乳癌になったので
遺伝性の乳癌とは関係が無いとは思っている。

それでも近い将来
実妹や娘が乳癌になってしまったら、
遺伝性の乳癌への新たな不安がおこる。


遺伝が関係あっても、遺伝は関係無くても
乳癌は根本的な予防ができないので、
自己チェックの大切さ、定期的な検診の大切さを
周囲の人間にしっかりと勧めていきたい。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
mさん
インフルエンザにならなくて良かったですね。
でも、インフルエンザはA型・B型と2回なる人もいますからね。まだまだ油断はならないです。
お部屋の加湿と、マスクや手洗いが大事です。
ワタシも乳癌になった年は、東日本大震災の年でしたから大きく変わった年でした。いろいろ価値観が変わりました。でも今は、けっこう復活してきています(多分)。お互いがんばりましょうーー。
2014/12/30(Tue) 11:16 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: