以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2014-11-22 (土) | 編集 |
ママとパパが生きる理由。

ドラマ観ました。

乳がんブログ村の中でも、
観る派と、絶対に観ない派に分かれているのでしょうか。

ワタシはもちろん必ず『観る派』です。

多くの看護師さんがよくやるように
医療ドラマを見ては、ついついアラを探す。細部をチェックします。


例えば、
吹石一恵さんがCNB(コアニードル針生検)受けるシーンでは

普通の患者感覚だったら、
自分が昔、検査された時を思い出すよね。

でもワタシは、
『お、モノプティ使っているんだ!リアルだねぇ』
『エコー下じゃないのね。エコー無しでCNBとは、相当シコリが大きいね』

なんて、ドラマを見ている視点はバリバリの看護師目線です。



それにしてもドラマの中で
医師の後ろにいた看護師の動きが不自然だった、、、(笑)



検査結果の告知の際も、吹石一恵さんは子供抱っこして一人で聞いてたけど、
シコリが大きく?、普通はほぼ『悪性』の結果が出ると予想できるだろうに、
一人で来院させるのはどうよ?って思う。



MMG(マンモグラフィー)の画像だけですぐ『乳癌』であるとわかるタイプ。
MMGはカテゴリー3だけど、エコー(超音波)にてその形やエラストグラフィで乳癌であろうとわかるタイプ。
上記のような患者さんで、CNB受けた後の患者さんには、
『次回の結果聞きには、例えば旦那さんとか、お母さんとか、お家の方と一緒にきて頂いた方がいいです』
と、ワタシはお話しするようにはしています。
(2011年のワタシは一人で聞いたけどね)

患者さんも、ワタシ(看護師)に
『次回は誰かと一緒に来た方がイイって言われるってことは、もうこれ告知みたい?』
って、不安な気持ちになるだろうけど、、、、でも

これからもっともっと嫌な思いを乗り越えていかなくちゃならなくなるのだ。

彼女たちがこれから歩まなくちゃならないその道が想像できる分、
ワタシも言葉を選びながら話すことにしてる。





木曜日にドラマが始まって(ドラマの影響で)
これから乳がん検診を受ける人が増えるだろうなぁ〜とか、
乳腺外科を受診する人が増えるだろうなぁ〜とか予想していたら、
金曜日に乳腺外科希望の患者さんがひとり来院。

金曜日は手術日で、乳腺外科外来は休診なんだけれど、
その患者さんは病院の診療予定表も、
ホームページもチェックすることなくいらっしゃったようだ。

金曜日は手術日でお休みである事、
今日は専門医にはかかれないけれど、MMGだけなら可能で、
専門医がいない為、結果は来週に聞きにきて欲しい事をお話しすると、
今日中に結果を知りたいので他の病院を探します、との事。

どこの病院にかかるのかな?とちょっと心配になり
お節介オバちゃん看護師は
『一応、専門医のいるオススメ病院はですね、A病院、B病院、C病院ですが』
とお話し、その彼女は頭をぺこりと下げて帰って行った。


あの彼女、良い病院にかかれたかなーー。




ママとパパが生きる理由。の、番組の来週の予告では、
抗ガン剤投与のシーンがあり、あの赤い点滴『ドキソルビシン』または『エピルビシン』がチラッと写っていましたね。
あの赤い点滴は(ドラマとはいえ)
見たくないって思うサバイバーさんもいるのではないでしょうか。



でもこのドラマを観て
乳がん検診に行く人が増えるのなら、
乳腺外科に相談する人が増えるのなら、
それはそれで良い効果もある、そう考えています。


芽生さんのBlogはリアルタイムで知っていましたが、
今後のドラマの展開が、
どのように進むのか、、、やはり気になります。

丁寧に作って欲しい。







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
おはようございます。
私も医療系のドラマを観てアラを探す派で、どうしてもドラマの内容よりそっちを探したくなっちゃうからあまり観ないようにしてます(笑)
テレビの影響って、大きいですよね。
健さんがMLで亡くなって・・・私の着いている科では、なかなかMLなんて知られていないから『私もMLかもしれません』って来院する人はいないけど、『私も同じ病気なのよね』とか言われる患者さんが何人かいました。

検査結果の告知・・・私も1人で聞きましたよ~!
2014/11/23(Sun) 06:28 | URL  | kaiっち #-[ 編集]
Sさん
おはようございます。このてのドラマは観る派と観ない派に分かれますよね。
知りたくない事も、さらには知らなくていい事も知ってしまったりしますからね。
その人に合ったチョイスでいいんですよね。
そう言えばワタシも術前は『非浸潤』の診断だったなぁ。
術後の病理検査で『浸潤』と診断される事はすごく多いことです。珍しくないんです。
手術してからが始まりです。お互いマイペースで頑張りましょう。
2014/11/23(Sun) 11:02 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
kaiっちさん
おはようございます。
職業病なんでしょう、、、医療ドラマ観ると、ついヤジ入れてます。
ママとパパが生きる理由。も観て裏番組の『ドクターX』も録画して観ているワタシです(笑)
骨盤内臓全摘出から脳外科の開頭手術まで、全部米倉涼子がやっちゃうムリクリ設定に苦笑いしながら、、、
それにいつも手術シーンで、やたらメッツェンバームばかり使うのも、元ORナースとしては笑っちゃう、、、、。
それにしても、、お仕事どうですか、だいぶ身体は慣れましたか?
ワタシは週1で血液内科外来にも実はかかわっているのですよ。よくわかっていないんですけど(笑)
kaiっちさん偉いですよ〜本を買って勉強しているし、、、ワタシなんて帰ってきたら疲れてすぐ眠くなっちゃう グータラババアです。
2014/11/23(Sun) 12:06 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
こんにちは。私のなかでは告知時の印象が薄く、なぜだろう?と思っていましたが、謎が解けました。私の場合、人間ドックでわかったのですが、郵送された結果表に「カテゴリー5:悪性。乳癌を認める所見」と書いてあったので、確定診断は針生検の後ですが、実質的な告知はこの郵便物でした。針生検のときも「悪いものがでた場合ですが」という前置きは一応付いたものの、かなり具体的な今後の段取りの説明がありました。結果を待つ間に病院のこととか調べられてよかったですけど。
ちなみに人間ドックね結果は通常3週間くらいかかるのに、その時は1週間できました。早く来たときは要注意ってことでしょうか。
2014/11/25(Tue) 12:37 | URL  | きなこ #hyrIbYYQ[ 編集]
きなこさん
きなこさんはカテゴリー5のお知らせだったのですね。
郵送された結果の、カテゴリー5の意味をわからないなら??だけれど、カテゴリー5乳癌を認める、まで書かれてちゃ、大ショックでしたね。でも色々調べる時間が取れたとのことで、うまく時間が利用できたんですね。
結果を早く郵送してくれる所に、担当者の誠実さや親切心が見えますね〜。自分もそうありたいです。
2014/11/25(Tue) 21:13 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
初めまして
初めましてm(_ _)m

ゾラのことを検索していて、こちらにとんんできました。

ドラマ、みようと思いながら見れてないです^^;今週は忘れず録画しようかと。

私は外科外来にいたリタイアナースです。
しこりを自分で見つけ、乳腺外科にいきました。
エコーで腋窩を丹念にみられた段階で、「クロだわ」と思いました。
そして帰り際に「来週は必ず誰か連れてきてください」と言われ確信しました。

結果、ひとりで聴きに行きました^^;

明日はゾラを打ちに行きます。
毎月注射で主治医と会って、体調の変化などあれば報告しやすいかな、と思ってゾラにしました。

主治医からは月1回と3ヶ月に1回とどちらにする?ときかれただけでしたが、後で注射室ナースに費用面など違いを細かく教えてもらって、リュープリンにすればよかったかな、と後悔しました。
でも、このままゾラで頑張ります。

長々とお邪魔しましたm(_ _)m
2014/11/26(Wed) 02:15 | URL  | なんちゃってナース #zNmJ5rC2[ 編集]
ヤフーの無料視聴で初回分一気に見ました。
丁寧に作られてるなと思いました。2回以降もそうであって欲しいです。
主人公が私より若いし、突然のガン告知に、何で?何で?神様のイタズラと思いながら見ました。
最近の医者は、患者に対して、ガンに対する言葉(告知とか)が軽すぎると思います。患者は、そんなに軽く受け止められない。強くない・・・
(そんな時、看護師さんの優しさが身に染みますが)
2014/11/26(Wed) 03:45 | URL  | ねこみか #81OYL7IA[ 編集]
なんちゃってナースさん
コメントありがとうございます。
なんちゃってナースさん、お名前の通り看護師さんなんですね(笑)
看護師さんからのコメントとても多いです。
でもワタシのチョーいい加減な妄想おバカBlogは、真面目な看護師さんには、全然参考にはなりませんよ。
『ぴこるるナースってオバカだわ』と思って笑っていただければ幸いです。

2014/11/30(Sun) 22:44 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ねこみかさん
> 最近の医者は、患者に対して、ガンに対する言葉(告知とか)が軽すぎると思います。患者は、そんなに軽く受け止められない。強くない・・・
個人差がありますかね?
うちの病院の外科医は、ほとんどの先生が、けっこうアッサリ『癌の告知』していきます。
特別なことじゃない、、、、よく起こる事なんだよ、、、、
今の時代にはもう珍しくないよ、、、、一生のうち二人に一人は癌になる時代、、、風なニュアンスをかもしだしながら。
あまりに気の毒そうな神妙な態度で癌を医師に告知されると、聞かされた患者さんの方がビビッてしまいます。
自分はそんなに悪いんだろうかと。進んでいるのかと。
事実をありのままに聞いた方が、いい場合の方が多いと思います。
(個人差もありますが)

2014/11/30(Sun) 23:07 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: