以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2014-09-20 (土) | 編集 |
外科医より
『手術をした方がいい』と勧められた患者さんからは

入院期間はどのくらい?とか
手術の時間は? なんて質問が多いのだけれど、

入院・手術の費用はどの位かかるのですか?と
お金の心配を(正直に)口にする人もいる。


今まで、家族が大病で病院にかかった経験でもないと

『高額療養費制度』のしくみも、、、ましてや
『限度額認定証』なんて知らないのが普通だよね。




外来看護師は、
手術の決まった患者さんに『手術オリエンテーション』するんだけど
患者さんに『限度額認定証』も受けた方がいいですと、お勧めしたりする。

だから看護師も限度額認定証の仕組みを
ある程度は熟知していなくてはならない。



でも、
若い看護師さんだとどうしても
『限度額認定証』の仕組みが『ピーン』とこないらしく、
オバちゃん サバイバー看護師なワタシが
『限度額認定証』説明の いつのまにか担当となっている。



この『限度額認定証』
ワタシもハーセプチン治療中には お世話になりました。


しかしこの『限度額認定証』に今後変更がある。
2015年の1月から、高額療養費制度の改正があるのだ。
(とっくにご存知の方もいるよね)



現行は収入によって自己負担ランクが3段階に分けられたが
来年の1月からは、5区分に分けられることが決まっている。

2015年 1月から (この表は70歳未満)
            1ヶ月の限度額
年収約1,160万円以上252,600円+(医療費−842,000円)×1% 
  〈4回目以降限度額      140,100円〉
年収約770万円〜約 1,160万円167,400円+(医療費−558,000円)×1%
   〈4回目以降限度額   93,000円〉
年収約370万円〜約 770万円80,100円+ (医療費− 267,000円)×1%
    〈4回目以降限度額  44,400円〉
年収約370万円以下                    57,600円
    〈4回目以降限度額  44,400円〉
低所得者(住民税非課税)                    35,400円
    〈4回目以降限度額  24,600円〉
 

この区分によって、年収約770万円以上の人は自己負担が増え、
年収約370万円以下の人は負担がいくらか軽減されるます。

年収約1160万円以上の人は、自己負担額がドーーンと上がりますが、
まぁ、もともとの年収が高いお金持ちさん だし 実はうらやましい
そのくらいの負担増、ここは我慢していただきましょう。





しかしだ。
看護師の立場としては正直に言っちゃうと
『限度額認定証』の説明が、ちょっと面倒くさくなるなぁ、なんて。



患者立場でいうと、

年収370万円以下の人と
年収370万円 〜 770万円の人のランクで、
多数該当の限度額が同じ44,400円っていうのが
ココ差をつけても良かったのではないかなーーなんて思ってしまうんだけど。









にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
こんにちわ (^.^) ありがたいことに、高額医療費とは縁遠い今日この頃です。
こういった制度はしょっちゅう変わるので、専門の方からの情報のアップデートはとてもありがたいです。 
2014/09/20(Sat) 21:22 | URL  | Pat #-[ 編集]
Patさん
おはようございます。
Patさんお変わりなくお過ごしのようですね〜。
ワタシの方も、今現在は高額療養費のお世話にはなっていません、、、、が、本当、病気ってお金かかりますよね。こうやってサバイバーながらも、、(身体痛いけど)働けることに感謝です。
2014/09/21(Sun) 08:29 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Hさん
コメントありがとうございます。
Hさんの事、忘れるわけないでしょ〜同じ⚫⚫だし、、、(笑)
そんなお悩みがあったんですね、、、、、
リュープリン注射で効果が出る人(小さくなる)と、効果が思ったほどでない人がいます。
自分がどちらのタイプか、、、イザやって見なければわからないのかも。
リュープリン治療で小さくなれば、その後の手術の傷も小さくて済むのは確かです。
2014/09/21(Sun) 08:40 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: