以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2014-07-31 (木) | 編集 |
がん放射線療法の看護師対象セミナーの中で、
『陽子線治療センター』を見学する機会がありました。



まず、陽子線を加速させる大型機器『シンクロトロン』の見学をします。
照射装置の舞台裏側と思って下さいね。
201407311443001e5.jpg

非常に重厚な作りの巨大なドアが、今ゆっくりと開いてゆきます。

20140731144301c74.jpg

見て下さい。このドアの厚さ。 (黄土色の部分よ)

人一人が通れるくらいの隙間ができたので、
私たち見学看護師もゾロゾロ後に続きます。

tr12_02[1]
ガン細胞へ照射する陽子を加速させる大型機器シンクロトロンの全景。

部屋いっぱいに円形に配置されているこの加速器は
内径約7メートルくらいの円形です。
(この写真はインターネットからお借りしました)

実際にワタシが撮影したのはこちらのピンボケ。

201407311445244a5.jpg

この部屋は実際はすごく広いのです。

水素から取り出した陽子を、
磁力によって写真の円軌道に並んだ機器の中で高速回転させます。

エネルギービーム状になるまで加速させたのち、
ガン細胞にビームを当てて破壊するのです。

陽子線治療の講義で、スライドで見たことがあったけれど、
実物を見るのはモチロン初めて。 ちょっと感動です。

201407311443041bc.jpg

こちらは
実際の治療を受ける治療ベッドです。
リニアック治療をイメージしていただければ。
ただ、360度回転する『ガントリー』という巨大なドラム状機械の中に位置しています。

実際にこのガントリーを回転させてもらいました。
治療ベッドの周りを円状に照射器がゴゴゴーッ、、、、、と移動してゆきます。
裏側からみると大迫力です。


写真は、患者さんの側面からの陽子線治療セッティングになっています。




20140731214428fb8.jpg
現在治療中の患者さんの、
頭を治療する際の、頭部マスクや、
身体に照射するためのボディーの固定具が置かれています。
(一般の放射線治療でもこういった固定具は使用しますね。)




陽子線治療にしても、また重粒子線治療にしても、
乳ガンの非切除治療の研究がもっと進んで欲しい、、、と、
願わずにはいられませんね。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ





コメント:
この記事へのコメント:
テレビで見たことあります。
行くこと、あるかしら?
2014/08/04(Mon) 08:08 | URL  | ねこみか #81OYL7IA[ 編集]
ねこみかさん
やはりお世話になる機会ない方がいいですよ。
お金かかるし、、、、。
2014/08/09(Sat) 22:16 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: