以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2014-07-16 (水) | 編集 |
7月14日は、ワタシの乳癌告知記念日だった。
乳がん4年生となったワタシ。

振り返れば、
この3年間は 『アッ』と言う間だったような気もするし。
とても長い道のりだったような気もするし。





ワタシはサバイバーになってから
毎年の恒例行事として、6月に
子宮頸癌の検診・子宮体癌検診・卵巣チェックを受けるようにしている。
(タモキシフェン内服中でもあるため)

自分の働いている病院ではなく、
別の産婦人科病院にて受けている。

今年はいつもの6月に検診に行くことが出来ないでいたが、
やっと今日の午後から(半日お休みをいただいたので)検診を受けることが出来たのだ。


ここの産婦人科病院は、
20年前、不妊治療でワタシが一生懸命通院していた病院だった。
ここの院長先生も当時は若かった。
今思い返せば、今のワタシ位の年齢だったろうか。

不妊治療を受けながらも、2度流産し、
もう子供は無理かもしれない、、、、そう半分あきらめていた時、
再び妊娠した。

胎児の心音がエコー(超音波検査)で確認できる前に2回とも流産したので
今回もダメなのでは、、、、と思っていた。

数日後、
経膣プローベが写し出すエコー画面に、
胎児の心臓が動いているのを初めて確認できた時、
内診台の上で思わず泣いてしまった。

その時にプリントアウトして頂いたエコー(超音波)写真、
それは当時のワタシの宝物だった。




そして、
あの日と同じように院長先生は、
今日も、エコー(超音波)写真をプリントアウトしてくれた、、、、


がっ、、、、、

img618.jpg

写真には子宮筋腫が写ってたさ。




院長先生、

筋腫の写真はうれしくない。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
ふたつの子宮検診と保険適用
こんにちは。いつも楽しく拝見してます。

以前、子宮頸がんと子宮体がんを同じ日に検診してもらおうと婦人科にかかったところ、同時に二つを保険適用にはできないといわれ、体がんは自費で負担しました。

1日でもずれていれば保険適用だとのこと。

翌日出直し、3時間待って、恥ずかしい格好を再度行えば、数千円お得になるのですがどうも腑に落ちません。

エキセメスタンを飲んでいるので体がんにかかるリスクはあるんです。
(ちなみに子宮頚部異形成あります)
時間もお金も節約できる方法があればいいですね。
2014/07/18(Fri) 22:50 | URL  | junjun #-[ 編集]
junjunさん
コメントありがとうございます。
片方しかダメ?なんて事が、あるんですか。
ワタシも知らなかったです。
3時間も待つなんて、人気の婦人科?患者さんの多い婦人科なんですね。
別々の日は面倒ですが、異形成があるのでは気になりますから、ちょっとの辛抱でオツトメと思って通いましょう。お互いに。
2014/07/21(Mon) 22:05 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: