以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2015-03-02 (月) | 編集 |
昨年の春
小栗旬さんの主演で「BORDER」というTVドラマがあった。

最終回
刑事である主人公は、犯罪者を取りしまる側から、
犯罪を犯してしまう側になる。

そこに至るまでの葛藤・事情はなんであれ、
主人公はボーダーラインを超えてしまう、
そんなモヤモヤした終わり方だった。

こちら側のポジションに居たはずなのに、
いつの間にか反対側(あちら側)の人間になっていた、、、、

実は、そういう事って結構起こり得る。




自分が乳癌になり、抗癌剤治療を受けてた時
脱毛した自分の頭を
ある日、マジマジと鏡で見ては
「なんでワタシ、癌になってしまったんだろうか」
そう思った。

多くの同病の人も、同じ事を考えたはず。

ワタシ、あの当時何度も何度も考えてたように思う。



どうして自分は、
元気にしている友人たちとは違う、
コッチ側の人間になってしまったのか。

、、、、そうも考えた。

そしてもう二度と
あちら側に戻る事は出来ないと。

病気とは無縁の、
健康でチャキチャキしている友人達と自分とでは、
大きな差ができてしまったのだと。

もう、ワタシはあっち側の友人とは違うのだと、
友人と自分との間の見えない境界(差)を感じ、
そしてチックショーーーなんて
20140719213943d3a.jpg(小梅太夫のように)

そう、、こんな風にワタシは
心の中で暴言を吐いたりもしてた。


ところが去年。
Blogにも書いたが、同級生が乳癌になってしまった。
バタバタバタとコッチ側のお仲間となったのだ。


友人たちの相談にのりながら、そのとき気が付いた。
ボーダーラインのこちら側と向こう側の差って、
実は、紙一重なのだと、ほんの少しの差なのだと。

ワタシがまだアチラ側にいた5年前。
自分は『癌』になんてなるはずがないって、疑いもしなかった。

もしかしたら、、、
いつかはなるかもしれないが、もっと高齢になってからだよね。
そう思っていた。

でもそうではなかった。
こちら側とあちら側は、ある日突然逆転したりする。

思わぬ事が
ある日突然誰の身にも起こる。
それが人生なのかも。


そして

その逆転した立場でもどう生きるか。
それが大事なんだろうねーー。本当はね。


そして逆転しても、どんな立ち位置になっても、
『小さな幸せに気づく』
そんな気持ちが大事だと思う。


( 自分への教訓として!)



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


コメント:
この記事へのコメント:
こっちがわ・・・
私も最初にガンと診断された時
夫の姉(その二年ほど前から 内臓のガンで闘病中)から
暖かく こっちにきちゃったんだ・・・と言われました。

旅行記のことで 色々いってる方もいるようですが
どうぞ 気にしないで。

私は今月は 再発から5年経つので
各種検査をします~結果良ければ 今までのように三ヶ月おきの通院・ホルモン剤の服用も終了かも・・・。
2015/03/03(Tue) 10:59 | URL  | まるせ #h1hDN/P6[ 編集]
モヤモヤします。
ぴこるるさんがナースでなかったら「そうだよね」と思えます。
でもナースのお仕事、それも手術室勤務で色んな病気の人を長年見てきた医療者の人が、あっち側こっち側と思う事にモヤモヤします。
日々診ていただいてる医療者さんは、あっち側というスタンスで接しているのだろうか、と。でもそれが正直な気持ちということでしょうか。
2015/03/04(Wed) 07:08 | URL  | ふうわんこ #Ie1XcKs2[ 編集]
mさん
こんばんは。
まさにそうですね。mさんの感じている通りですよ。
理想ではどうすべきかわかっていても、時々立ち止まっては悩んで、道に迷ってしまったり。
それでも自分なりの、、、マイペースの幸せに気付ける人生がいいですね。
2015/03/04(Wed) 20:21 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
まるせさん
> 私も最初にガンと診断された時
> 夫の姉(その二年ほど前から 内臓のガンで闘病中)から
> 暖かく こっちにきちゃったんだ・・・と言われました。

『暖かく言われた』というのが、その義姉さんの複雑な心境を物語っていますね。
でもごめんなさいね、まるせさん。不謹慎かもしれませんが、ワタシはちょっと羨ましく感じました。
ワタシにはそのような言葉かけをしてくれる義姉も先輩も誰も、当時周りにいなかったので。
今、病状が落ち着いているのですね。お薬服用が終了になるといいですね。
この体調が落ち着いている時、いろいろエンジョイしてくださいね〜。

2015/03/04(Wed) 20:34 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
oさん
こんばんは。
10代でしたか、辛かったでしょう、、、。
> 「あたりまえのこと」は一つもないと自分を戒めております。
> …すぐ忘れるけど(笑)

ワタシもこうしてBlogに書きつつも、大事な事、すぐ忘れてしまうんですよ〜〜(苦笑)
それで自分への教訓として、UPしたんです、、、、。

2015/03/04(Wed) 20:52 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
kさん
こんばんは。
> そんな気分のときに今回のブログ凄く救われました。小さな幸せを感じながらこれから生きていきたいですね!
忘れっぽい自分への教訓としてUPした記事だったのですが、そう言って頂けると嬉しいです。
kさん、、、、きっと今心が一番辛い時だと思います。今は凹むのは仕方が無いです。
でも、徐々に立ち直って行ってくださいね。多くの方が通った道ですから!

2015/03/04(Wed) 21:01 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
kさん
こんばんは。
kさん体調大丈夫でしょうか。心配です。
体調が崩れる時は、グラグラと色々な症状が一気にやってきたりしますが、、、、、
専門家の方々にイロイロアドバイスいただけるといいですね。
> 人混み出れなく、市バス程度乗れるくらいですので、旅行記楽しみしています。
楽しみにしてくださったとの事、、、ありがとう。
旅行記のエピソードはもっとあるのですが、とある方から『自慢している・神経図太い』とコメントをいただいたので、自慢Blogのつもりはさらさらなかったのですが、そう受け取る心境の方もいるのだなーーと勉強させていただきました。そのうち機会をみてUPできれば、、、、、。
kさんお大事に。今の、辛い症状が少しでも改善されると良いのですが。
2015/03/04(Wed) 21:20 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
我が家も
こんばんは。
我が家は4年前は自分が乳癌で
2年前は主人が食道がんで
夫婦でこちら側になってしまった
今は夫婦で同じ病院へ検査に通うがん友ですw
2015/03/04(Wed) 21:20 | URL  | じゅん8008 #V0sVL5lk[ 編集]
じゅん8008さん
こんばんは。お久しぶりです!
大変な闘病・看護・苦労をお二人されたはずなのに、そんな風に(ちょっと明るくさらっと)言えてしまう、じゅん8008さんの、その懐の大きさがとてもいいですね。
世の中二人のうち一人が癌になる時代なんですから、夫婦どちらも、、、も、けっこうあります。
2015/03/04(Wed) 21:30 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
私はクリニックで告知を受けたときは何も感じませんでしたが、総合病院に行ってウィッグやケアキャップのカタログが置いてあるのを見て「がんって大変だな。あ、自分はこっち側なんだ。」と思いました。結局現在に至るまであまり自分をがん患者と意識することなく過ごしていますが、無理しそうになると「ヅラの身なんだから自分優先」と都合よく解釈しています。そういう意味では私のいる所はこっち側というよりヅラ側?
2015/03/05(Thu) 07:52 | URL  | きなこ #hyrIbYYQ[ 編集]
きなこさん
お早うございます。
『ヅラ側』という喩えにちょっとクスッと笑えちゃいました。(ごめんなさいネ〜)
自分優先って大事ですよ。結局は、自分を守れるのは最後は自分自身だけだと思うからです。
ところで、ワタシのBlogのコメント欄にコメントを下さる方でお名前『きなこ』さんがお二人いらっしゃっるんですよ〜。背の高い方のきなこさんだとわかっていますが、もしも時々コメントがズレていた事があったら、勘違いしてたのね!と、ご理解くださいませ。m(_ _)m

2015/03/07(Sat) 09:41 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
yさん
初コメントありがとうございます。
> この数日のぴこさんのブログを読んで心配になりコメントしました。
同業なもんで、『あ、わかるそれ!!』ってのがたくさんあってホント助かってるんです。(年のころも同じくらい)

心配したとの事!
いやぁ〜大丈夫ですよ〜〜!!オバちゃんだからね、神経図太いんですヨ。ふふふ。
yさんも看護師さんなんですね。職業上、イロイロありますよね。お互い頑張りましょう。
私の病気との付き合いは始まったばかりですが、ぴこさんの考え方、参考にさせてもらいますので!ぎゃーー、参考にしちゃダメですよ。(笑)
あ、、妄想ナースとしての参考にはなるかも〜
2015/03/07(Sat) 10:29 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: