以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2014-04-10 (木) | 編集 |
なにか、まわりと違う選択をした場合、
自分の選択に後悔しないことが
肝心だと思う。




ワタシは、
FISH検査にてHER2(➕)と診断された。

FISHの増幅値が高かったので、
ハーセプチンや抗ガン剤治療を受けないという選択は
あり得なかった。

今にして思えば、
まったく迷う隙のない
(あれこれ悩まなくて済む)治療法の提示は
ありがたかったのかも知れない。

ただ粛々と、
こなして行くだけで精一杯だったから。


これが例えば
自分がHER2(−)のルミナールBで、
ki-67値が、微妙な値だったら。
腋窩リンパ節転移が0、または微小転移だったら。
化学療法をしなくていいのか、とても悩むだろう。



または、トリプルポジティブタイプで、
このFISHが微妙な値だったらどうしていただろう。

FISHがカットオフ値ギリギリだったら。
ギリギリでHER2ポジティブ。



そもそもカットオフ値というもの自体が曖昧。
人間が顕微鏡下で蛍光染色された細胞をカウントしているんだから、
例えば1,9と、2,0と、2,1の明らかな差ってなに?と考えてしまう。

1,9の人には効果なくて、
2,0の人にはハーセプチンの効果がどれだけでるの?




それでも

ワタシがHER2(➕)なら、
FISHがカットオフ値ギリギリでも
迷わずハーセプチン(と化学療法)は受けるだろう。





だって、
後悔をしたくない。


もしも数年後に、再発・転移がわかり
「あの時、ハーセプチン(抗ガン剤治療)も受けていれば、もしかして再発しなかったのでは?」

後できっとそう考える。
ずっと、ずっと、悔いてしまいそう。
その考えに度々とらわれてしまう。



ハーセプチンを受けても、
抗ガン剤治療も受けても、結局再発・転移はするのかも知れない。

ハーセプチンと抗ガン剤治療のおかげで再発は抑えられているのかも知れない。

抗ガン剤しなくても、この先、再発しないで済んでしまうかも知れないし

それは、、、、、誰にもわからない。



わからないけれど、

それでも後悔したくない。

抗ガン剤治療を受けても、結局再発・転移がわかったら
『せっかく頑張って辛い治療に耐えたのに、、、、』
と悲しんではしまうだろうけど、

『あの時自分のベストは尽くしたんだし』
そうも思えるような気がする。

そして
再び前を向く気がする。





自分の選択した治療には、絶対に後悔しない
これが大事だと思う。








にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
私は非浸潤だったので抗がん剤とハーセプチンはありませんでした、そのため皆さんのような体験はしておりません。
でもHER2は強陽性だと言われました。
私の場合無治療という事も選択でき、ホルモン治療を受けるかどうかとても悩みました。
ぴこるるさんの言うとおり、受けなくても再発・転移がないかもしれません、また受けてても再発・転移、対側があるかもしれません。
納得して治療を受けるということは本当に大事ですよね。
2014/04/10(Thu) 17:00 | URL  | み #-[ 編集]
そうですよね・・・
突然?ちょっと真剣な内容だったので何かあっったのかな?

治療に関してはまさしくです。最終的にはそこだと思います。
あとは天命だと腹くくるしかない?
がんになって人生は限りがあることを痛感した1年でした。(今月で2年生です)
無駄に時間を過ごさないよう(かといってエンジン全開ではなく休むところは休んで)自分らしく生きていきたいと思っています。

2014/04/10(Thu) 17:19 | URL  | ゆたんぽ #-[ 編集]
同じことを言われた
私の場合、自分のおかれている状況を把握してなかったこともあり、(どうも担当Dr.は細かい数値とかはっきり言わない方みたいで) 抗がん剤をやるかやらないかで悩みました。
で、セカンドオピニオンも受けたけど、それでもごねてたら(だって、どうしてやらなきゃだめか理解できなかったもの…)
『やったけどダメだった、のと、やらなかったからダメだったのと、どちらが自分が後悔するか考えて決めたらいいよ。』とDr.にいわれ、目からウロコでした。
抗がん剤のあまりのイメージの悪さにひびっていただけじゃないかと、ふと頭が軽くなり、現在EC4回後、ドセ2回目を受けたところです。確かにつらい治療だし、やらなくてよければやりたくないなと今でも思うけど、『今できることをがんばってる』と後悔はないのでやって正解だったと心から思えます。治療を受けるのは自分だし、選択権も責任も自分自身にあるから難しいですね…
2014/04/11(Fri) 08:19 | URL  | ともとも #-[ 編集]
後悔したくない!本当にそうです。
私も納得して治療を受けているので、たとえ将来転移があっても、それは神様の決める事だから仕方ないって思っています。
でもそう思うには、乳がんのことがわからないと駄目でした。
HER2強陽性でハーセプチン、Ki67は15%程度でACのみ(タキサン系を追加するかどうかは意見の分かれる所?)、ホルモン感受性は幾つだか忘れたけど推奨グレードBでフェマーラ5年間。
それでいい、と思えるまで、手術から3、4か月かかりました。外科の執刀医(=担当医)がACとハーセプチンを同時にしましょうっていう標準治療から外れた先生だったので。
もしその先生の話だけで治療を受けて転移があったら、きっと「あの時違うことをしていれば…」と後悔することになったと思います。
コピーをもらった「組織診報告書」を、辞書を引きながら、「患者向けガイドライン」を見ながら解読するのは、素人にはなかなか手強い作業でした。
乳がんと闘っているのか医者と闘っているのかわからなかった。
せめて、病理検査の結果を患者がわかるように日本語で書いてくれるとか、ちゃんと意味の分かる先生が説明してくれるとか、どこの病院でもそんな風になったらいいと思うのです。
別の病院にかかった知り合いは数値を聞いた時、「聞いてどうするの?心配になるだけでしょ?」と言って質問に答えてもらえなかったそうです。
でもそれって違うでしょ?自分の体のことだもん、ちゃんと知って治療受けたいじゃない!って思うんですけどね。
どちらもがんの拠点病院になっている所で、ぴこるるさんには悪いですが、日本の医療ってこんなもんなんだ、と思いました。
幸い私は、地域連携しているクリニックの先生が状況を飲み込んでくださって、丁寧に説明して下さり、病院にも連絡してもらって担当医を替えてもらえたので良かったんですけどね。
長々と失礼しました。
2014/04/11(Fri) 13:05 | URL  | トロイ #-[ 編集]
「み」さん
コメントありがとう。非浸潤はそれでいいんですよ。
ご自身で理解も、納得もできているし。
乳がんの病理やサブタイプを知ってゆくと、本当に一人一人微妙に違うことがわかります。どの道が自分自身には合っているのか、納得できるのか、見極めが大事ですね。
2014/04/11(Fri) 13:49 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。
乳がんを告知され、このブログを読ませていただいています。
私は、今、術前FEC2クール目です。
ポートのことなどのいろいろなこと、とても参考になります。
そして、マンガを読んで笑っています。
コメントはしないつもりでしたが、自分の今の気持ちと同じだと・・・自分の中でうまく言えない、気持ちの整理ができてないことを言ってくださってると思って、コメントしました。
やっと、治療も前向きに受け入れられるようになりました。
でも、2年くらいで再発するだろうと言われたことが頭から離れません。
今の治療を信じて、後悔しない事、大事ですよね。
2014/04/11(Fri) 15:31 | URL  | ドリーノ #-[ 編集]
後悔したくない、本当にそう思います。私はすでに後悔してますが。今年の一月の健診で要精密検査とされ、乳がんがわかったのですが、一年前の健診では三ヶ月ごとの経過観察とされてました。でも、経過観察って何をすればいいのか、どこかの病院で三ヶ月おきに見てもらうの?とあれこれ考えながら一年が経ってしってました。あの時自分が行動を起こしていたら、もっと早く乳がんがわかっていたかも。せっかく手がかりがありながら、もっと積極的に動かなかったことを後悔してます。
この病気になってからいろいろな方のブログを拝見しましたが、健診の時のドクターの判断でその後の運命が左右されてしまった例もあり、医療機関の選び方はむずかしいですね。自分で触ってわかるがんと言いますが、今回エコーで引っかかったのですが、同じ日に受けた医師の触診は「所見なし」でした。
私はHER2(+3)、ホルモンレセプター(−)なので、治療方法に選択の余地はありません。ハーセプチンとTCが効いてくれることを祈って治療しながら手術の日を待っています。
2014/04/11(Fri) 23:27 | URL  | メイホー #-[ 編集]
後悔 …抗がん剤治療をどうするかで悩みました。先生は「定年後楽しみたい?」との一言と 看護師さんの「あの時受けていたらと思う事があったら」の一言で受けました。後悔しない様に治療を受けたいですね!
2014/04/12(Sat) 20:12 | URL  | はな #-[ 編集]
ゆたんぽさん
お早うございます。
ゆたんぽさんは鋭いですね、、、、、ふふふ。
Blogにはなかなか書ききれないくらい、実は波瀾万丈な毎日を送っています。
でも、皆さんのコメントをいただくと、うんうんって、納得できますよね。ほんと。コメントをありがとう。
自分らしく、、、コレ大事ですね!
2014/04/13(Sun) 08:29 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ともともさん
お早うございます。EC終わってドセなんですね。
あとちょっと、あとちょっと。
頑張ってますよーー!自分で自分を褒めてくださいね!
乳癌3年生のワタシが今思い出せば、化学療法中の時代は、アッという間でした。
お互い今のベストを尽くしましょうね!
2014/04/13(Sun) 08:36 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
トロイさん
ACとハーセプチンを同時ですか、、、う〜ん、聞いた事ないですね。
アドリアマイシンとハーセプチンはどちらも心毒性があるから、重ねないはずなんですが。色々な?医師がいるのですね。
医師の言いなりでは本当にダメですよね、自分が納得しないと。
今できるベストをお互いしたい、尽くしたいですよね。
2014/04/13(Sun) 08:43 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ドリーノさん
コメントありがとうございます。
治療頑張っているんですね。
それにしてもハッキリ言ってくれちゃう医師ですね。
「そんなの無視したらいい!」と、言いたいところでが、、、、、こればっかりは本当わかりません。
ただうちの病院でも、病理の結果リンパ節に転移が沢山あった人で、すぐ再発しちゃうかな、、、、と思われた患者さんが、実はもう◯年経過してて再発兆候ナシ!元気に外来で見かける方いるんです。
うちの医師もジツは驚いていて、、、その方がいらっしゃるたび毎回ワタシに話すんですがね。
だから、、、、、今後どうなるかなんてわからないです。
是非、免疫力アップ目指し、そしてみかえしてやりましょう!
2014/04/13(Sun) 08:56 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
メイホーさん
検診についての後悔は誰にもありますよ。
もっと早くに行けば良かった、、、、とか、違う病院にもう一カ所行けば良かった、、とか、毎年検診受けてれば良かった、、、など。
この病気になって、誰もが思ってます。病気になってしまったのはもう仕方がないので、、、「後悔したくない」のは、治療のことね!
お互いがんばりましょうよ。
化学療法中は、家に引きこもり気味で、、、、何かと落ち込むけどね!
2014/04/13(Sun) 09:02 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
はなさん
悩まれた方なんですね。
ホルモン剤でさえ、飲むか飲まないか悩む人いますから、抗ガン剤ならなおさらですよ。
ホルモン剤なら途中で止めることも簡単だけど、抗ガン剤は1回だって受けたらもう脱毛が決定的だものね。
先生からの言葉はインパクトが強かったんですね、、、、
抗ガン剤治療を無事乗り越えられてよかったです。
これからも、お互い自分を大事にして頑張ろう〜!
2014/04/14(Mon) 13:58 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
pさん
初コメントありがとうございます。
悩んだんですね。お気持ちとてもわかります。pさんと似たケースをワタシも外来でお見かけしてきましたので。決心したら、歩み出したら、、、もう後ろを振り向かずに進むしかないのです!
ワタシは7月で術後4年になりますが、抗癌剤を受けた事に全く後悔はしていません。
あの時、あの頃治療辛かったけど、とても辛い経験だったけど、それでも頑張って良かった!乗り越えた自分を自分でほめてあげたい〜、と髪のすっかり伸びた自分をしみじみ見ながら毎年ちょっと思うのです。
pさんも頑張ってくださいね!

2015/05/15(Fri) 23:02 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: