以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2014-03-18 (火) | 編集 |
LH−RHアゴニスト製剤には、
ゾラデックス®と、リュープリンがあります。

リュープリンには1ヶ月製剤と3ヶ月製剤がありましたが、
ゾラデックス®では、
乳がん患者は、1ヶ月製剤しか保険が効きませんでした。
(泌尿器科疾患なら3ヶ月製剤OKでした。)

しかし今週、
ゾラデックス®の3ヶ月製剤が乳がん患者にも保険適応OKになりました。
もちろん3ヶ月効果を持続させるため、

針も少し太くなりましたが。

1ヶ月製剤のゾラデックス®は16G針でしたが、3ヶ月製剤は14G針!!!

挿入される『固形薬剤』もやや太く長くなったのよ。

ゾラ


それから薬価の改定もあるんですよ。

今月まで ゾラデックス®3、6㎎デポ:40626円(1ヶ月製剤)
今月まで ゾラデックス®LA10、8㎎デポ:71080円(3ヶ月製剤)

4月からは ゾラデックス®3、6㎎デポ:38888円(1ヶ月製剤)
4月から ゾラデックス®LA10、8㎎デポ:68203円(3ヶ月製剤)



1年間で比較すると、(1ヶ月製剤)
今月までは ゾラデックス®3、6㎎デポ✖12回=158441円
4月からはゾラデックス®3、6㎎デポ✖12回=151663円

(3割負担の場合:病院によって多少の変動アリ)

これが3ヶ月製剤だと、
ゾラデックス®LA10、8㎎デポ✖4回=81844円です。

(3割負担の場合:病院によって多少の変動アリ)



フムフム、、、、
閉経前ホルモン感受性乳がんの患者さんには朗報ですね。




少しでもお安くなることは、大歓迎〜〜




3gatu.jpg
4月






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは。
16G針14G針は具体的にどのくらい違うのでしょう????
私はまだ術後4ヶ月なので、もうしばらく、一ヶ月製剤にしますが、無事2年生になったら考えたいですね。
なんてったって価格が魅力です。
あと気になる点は価格は下がるけど副作用倍増なんてことになったら嫌ですね。
2014/03/19(Wed) 20:50 | URL  | み #-[ 編集]
『み』さん
こんばんは。
1インチ(25、4mm)をゲージ数で割った値が針の太さになります。
ですからGの値が少ないほど針は太くなります。
例えば献血の、本採血の針は17G針。ゾラデックス®1ヶ月製剤の針は16G針。だいたい楊枝の太さをイメージしてください。ゾラデックス®3ヶ月製剤の14G針はちょうどいい例えが無いですが、、、さらに太い。
次回の化学療法センターでのゾラの注射の際に、看護師さんに3ヶ月製剤も、見せてもらうといいのでは?
ゾラデックスの固形薬剤が、少しづつ溶けでるので(一気に溶けるのではない)副作用が3倍!ってことはないのでは。少しづつ溶けるのは1ヶ月製剤と同じ原理です。
2014/03/19(Wed) 21:47 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: