以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2013-12-11 (水) | 編集 |
もう12月も 1/3 過ぎてしまい、
あっという間に2014年になってしまいそう。

思えば、昨年の12月に『患側上腕の浮腫み』が気になって、
リンパ浮腫の疑いということで、造影CT検査をして以来、
画像診断をまったく受けていない。


1年経ってしまったなぁ。




途中
人間ドックと脳ドックは自費では受けたけど、
術後初の乳房エコーは1回うけたけど、
やはり再発とか、骨転移とか気になるわよね。
さすがにドックではわからないからね。


『再発は、
早期に見つけて治療開始しても、ある程度大きくなってから治療開始しても
結局予後に有意差はなかった』
なんて、聞くけど、、、、確か、、、、
何年か前の外国での発表だった気がするけれど。



どうなの。


『そうは聞くけど、その報告はたしか何年も前の外国の報告であって、
その調査があってから何年も経っているし、
新しい抗ガン剤はどんどん開発されてきたし、例えばハラベンとか、、、
ホルモン薬にしたって、フェソロデックスとか、、、
分子標的薬でいえばタイケルブだってあるし。
新しいとこでいえば、パージェタやカドサイラ(T−DM1)が開発されてきたし、
早く見つけて早く治療を開始した方が、やっぱりいいんでないのーー?
例の小さいうちに開始と、症状が出てから開始では、今では差が出てくるんじゃないの。』

そうワタシがつぶやくと、主治医は、
『本当はもう、そうなんだろうね。
以前みたいには言い切れないと思うよ。
一部のサブタイプに関しては、当時よりも治療薬がだいぶ開発されているからその恩恵がありそうだよね、、、、、。』

否定しなかった。



それどころか、やっぱりーーーー!?

主治医もうすうす思っているのね。


やっぱりそろそろCT検査希望しようか。


うーーーん、
それともPET−CTを希望しようかな。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント:
この記事へのコメント:
私も同じ事考えてました!!
やっぱりそう思いますよね!!
でも、病院で聞いたら。症状がない時に検査受けても、小さかったらうつらないから意味ない。って言われました(ー ー;)
2013/12/11(Wed) 10:29 | URL  | ヒヨ #-[ 編集]
ヒヨさん
確かによく聞く話ですね〜
小さすぎても造影CTやPET−CTに写らないし、、、、
ある程度の大きさにならないとちゃんと写らない、、、とは聞きますね。
判断が確かに難しいです。
その方の再発リスクが高いか、低いかで医師も判断しているかもしれませんね。
私はけして低くはないので、1年ぶりに検査を!と言えば、検査を入れてくれると思うんです〜。
で、、、、見つかっちゃったら見つかっちゃったで凹みますが。

2013/12/11(Wed) 11:17 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
私の主治医は患者会の講演会でそうおっしゃってました。
でも、私達患者としては早く対応して欲しいという気持ちも
あって複雑な思いをした記憶があります。

私は半年ごとCТ受けてます。転移が見つかった時
「細かくフォローしてるからよかった」と先生は言ってました。
やっぱりそんなもんなんですよね。
私は今フェソロデックスを使ってますが、いっそ思い切って・・・
なんて思う事もあります。
2013/12/11(Wed) 12:59 | URL  | 夢かあさん #-[ 編集]
『夢かあさん』さん
『夢かあさん』さんは半年に1回のCTフォローしているんですね。バッチリ、フォローしてくれる主治医でイイじゃないですか!
うちの主治医に半年ごとに検査してくれっていったら、嫌な顔されそう〜(苦笑)
フェソロなんですね?フェソロの注射はやはり痛いですか?、、、、でも脱毛は無いし、効果が大きければイイですね。
2013/12/11(Wed) 21:17 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
どっちなのでしょうね
この話はよく聞きますし、私もぴこるるさんと同じ意見で、やってくださいよ~とお願いしたところ、主治医も「小さく見つかっても・・・・という意見もあるけど、やってみるか~」と。
その検査結果が出るまでというか受けるとき既にドキドキですし、去年別のが見つかった時も、最初の物の経過観察のための検査だったので、「知らぬが花」だったとも思っちゃいました。
「一部のサブタイプ」う~ん、絶対トリネガは入っていませんよね、と少々いじけてしまいます。
2013/12/11(Wed) 21:30 | URL  | ともりん #beTn5LnY[ 編集]
フェソロデックスは1回量5mlと多いんですが、針を刺す
痛みはありますが、かなりゆっくりと注入してくださるので
注入による痛みは気になりません。インフルエンザの予防接種の方が
痛いかも。

ただ、その後体動時や注射部位を触れたりすると違和感は
ありますね。初回はその違和感で夜目がさめましたから。
2週間たってもしこりが残ってる事もあります。
主治医や看護師さんは事前に注射自体の苦痛の話しかしてくれませんでしたが、それよりその後の注射部位の違和感
鈍痛の方が気になります。そういう説明もあればいいかも・・。

ところで、私の主治医はCTは半年ごとに組んでくれますが、
PET-CTについては原則としてやらないと言ってました。
術後検査は施設ごといろいろなんですね。
2013/12/12(Thu) 16:13 | URL  | 夢かあさん #-[ 編集]
悩みます・・・。
早く見つけても一緒…本には書いてあるけど、
たとえば骨転移なら絶対早く見つける方がいいと思うんですよね。骨折したりする前に手を打てるもの。

来週が診察日です。
健側の鎖骨上にリンパの腫れ?があり、気持ちが腐っております。風邪引いたからだわ、と自分で自分をなだめつつもドキドキしてしまう。

私の病院では、術後検診はどうやら1年ごとにMRIと骨シンチ、肺のX線みたい。半年ごとにエコー。

ほんとに各病院でまちまちですね~。



2013/12/13(Fri) 15:24 | URL  | mikicha #Bs/Xgq9g[ 編集]
ぴこるるサ~ン…こんにちは(・∀・)ノ

私も 同感です!
私の主治医も「そんなに検査ばかりしても、仕方ないですよ。いつも 病気の事ばかり考えてちゃ、楽しくないでしょう」っていうタイプ。患者の事……分かってないな('ε'*)!って思います。

ぴこるるサンも 確か~私と同じHER2でしたよね。やはり 再発や転移の事は気になります。でも、その……予後は変わらない!っていう話は 前から気になっていました。どうなんでしょうね?

新しくお薬も 出来ていますしね(^^)。やっぱり~早期に治療すれば 何らかの恩恵がこうむれる……そうあって欲しいですね(^ー^)
2013/12/13(Fri) 16:54 | URL  | さくら色 #-[ 編集]
ともりんさん
調べてみたら、イタリアでの大規模試験の報告だった、、、、、でもだいぶ前の報告です。
今はまた(絶対に)変わっていると思う〜。
検査したいと患者が希望したら、すぐ入れてくれる先生がいいよね。
いろいろゴチャゴチャ言われたくないですよね。(笑)
サブタイプ、、、実は、HER2陽性のタイプの事です。
でも、、、HER2も、ハーセプチンが効かないタイプの乳がんがあるので、なかなか安心はできないです。
2013/12/16(Mon) 14:53 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
hさん
早く見つけて早く治療した方がやはりいいタイプと、症状が出始めてからでも(もう)同じです!っていうのがある気がします。増殖力の関係で。
ワタクシごとですが、、、、、毎日仕事が忙しく、主治医と顔は合わせるけど、ゆっくり自分の事を話すことができず、検査はまだオーダー入れてもらっていません。
あぁ〜、このままズルズルと、検査しなさそう、、ワタシ。
まずいか、、、も。
2013/12/16(Mon) 15:00 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
「夢かあさん」さん
半年ごとにCTなんですね!
サイクルが決まっているなら、その方がいいですね。自分の予定も立てやすいデスし。
ワタシは放射線の被曝は全然怖くないし、気にしないんですが、
(気にしても仕方がないですし) CTの造影剤の副反応の方が恐怖ですね。
一度、アレルギー起こしているので。
フェソロはインフル予防接種よりも痛くなかった、、、なんて、注射の上手な看護師さんです!
ワタシはインフルの予防接種くらいだったら、なんでもないんですが。
フェソロはいかにも痛そうで、、、、、
2013/12/16(Mon) 15:06 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Yさん
コメントありがとうございます。
造影CT検査は、造影剤が高いし、被曝がすごいですが、でもやっぱり、やっておくと安心があります。
腫瘍マーカー検査も、その誤差の増減の度に、一喜一憂してしまうんですがね〜。
ほんと、術後の検査は、病院によって、様々ですね。主治医の考え次第なのかな。
2013/12/16(Mon) 15:17 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
mikichaさん
mikichaさんの病院はMRIなんだぁ〜、本当、病院によって各種ありますなぁ。
何?腫れがある?よく先生にみてもらってくださいね。
もしかしたら、生検とかするかも、、、、、。一応鑑別のため!
ドキドキになってしまいますが、頑張って行ってみてくださいね!
2013/12/16(Mon) 15:27 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 私の主治医も「そんなに検査ばかりしても、仕方ないですよ。いつも 病気の事ばかり考えてちゃ、楽しくないでしょう」っていうタイプ。患者の事……分かってないな('ε'*)!って思います。
ホント、わかっていないですね、、、この発言。
自分が同じ立場になっても、やはりそう思うんでしょうかねぇ。
もちろん検査のやりすぎはよくないですよね。
イタリアの調査はもうだいぶ前の報告なので、今は変わっていますよ!きっと。
ちゃんとエビデンスにのっとっての説明できないけど(苦笑)


2013/12/16(Mon) 15:33 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
初めてコメントさせていただきます
ぴこるるさん、初めまして。
いつも楽しく読ませていただいています。

11年の10月にHER2陽性の乳がんの手術を、地元の大学病院で受けました。
サイズは2センチ未満でしたが、センチネルリンパに転移があり、治療はフルコース。現在はノルバデックスの服用のみとなり、経過観察中です。

私の場合は、『予後の有意差がない』という理由で、術後のフォローは年1回のマンモグラフィーとエコーのみです。腫瘍マーカーも抗癌剤治療が終わってからは調べていません。(手術前も数値の上昇は見られなかったのもあって)

「結果に一喜一憂するよりも、毎日を楽しんで過ごす方がいいですよ」という主治医の言葉に、私自身は納得できなくもないのですが、家族はそうは思ってくれないだろうな~と。

「早く見つけた方が、何か対処の仕方があるのでは?」と、普通そう思うと思うんですよねー。

何より嫌なのは、「もっと早く再発をみつけて治療を開始すれば、なんとかなったのに」ってことになりはしないかということ。

ほんとにこのままCT検査等せずにいてもいいのか、主治医の言うこともわからなくはないだけに、考えれば考えるほど複雑です。
もう1回相談してみようかなー。



2013/12/23(Mon) 23:05 | URL  | tyuru #-[ 編集]
tyuruさん
コメントありがとうございます。
お返事がすごく遅くなってしまい、スミマセン〜。
術後経過観察のためだけのCTは撮りません、って主義の先生いらっしゃるんですよね。確かに〜確かに〜。
そういう主義もわからなくもないんですが、、、、撮って欲しい患者もいるんですよね。
わかって欲しいですよね〜。お金がかかっても、余計な被曝を受けるとしても、検査することによって、心の安心が得られる患者もいるんですってね。
う〜ん、そんな厳しいことを言うのは、もしかしてワタシの知ってる♀先生かしら?
なんとかうまく、こちらの希望を言えるといいですね!頑張って!

2013/12/31(Tue) 18:06 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: