以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2013-12-04 (水) | 編集 |
今みたいに図太い神経の持ち主じゃなく
まだ、初々しい看護学生だった昭和60年代に

病院実習の中で二度ほど見学をして、
当時、衝撃を受けた検査があった。



それは血液疾患(例: 白血病)の患者さんが受ける
骨髄穿刺(マルク)だ。

今はこんな短針だけど、
20131204134823f06.jpg

昭和の時代は、たしかこんな金属の
2013120413482433b.jpg
やたら太くて長い針だった。



あの太くて長い針を胸の中央、胸骨にブッスリと突き刺す様を見ては、
20131204134854212.jpg

あんな太い針を局所麻酔だけで刺されるなんて、、、
顔のすぐ前で刺されるなんて、、、、恐怖。
あまり介助も見学もしたくない検査だなぁ〜。



ハタチのワタシはそう感じてしまった。
(実際は患者さん本人からは、針が見えないように顔に覆いがかけられていました)





就職してからは、(手術室勤務が長く)
血液内科病棟に勤務したことがなかったので、
あの『マルク』には、ずっと関わることがなかった。

が、、、
しかし、



ここ外来では、何度も何度もマルク検査の介助にあたる。

昔と違って、
今のマルク検査の介助には抵抗はなくなった。
(ワタシも大人になった、、、、、)






そんなある日、20代女性のマルク検査についた。
女性を見てすぐに髪がウィッグであるとわかった。

マルク検査はベッドの上で、仰臥位(仰向け)または腹臥位(うつ伏せ)で行うのだが、
彼女は横になりながらもしきりに髪に触れていた。
ベッドに寝ることによってウィッグがズレてはいないか、
チェックをしているのだとワタシにはわかった。



マルク検査はサクッと終了し
終了後15分安静だったので、彼女の血圧を測りながら、
『そのウィッグすごく似合うね〜、とても自然だし、、、
医療用?おしゃれウィッグ?』
そう話しかけてみた。


続けて

『ワタシもね、化学療法受けてたのよ〜。2年前にね。
もちろん 脱毛して、ウィッグ買ったのよ〜。』

そう、自分ががん患者であるとカミングアウトしてみた。


彼女は
『え〜〜、そうなんですか!』と驚き、
その後は彼女と「ズラ話」で盛り上がった。

ウィッグは⚫個持っていて、今日のウィッグはネットで買った⚫円のオシャレウィッグで、届くまで期待はしていなかったけど、届いてみたらアタリだった、、、、と彼女。


脱ズラしてから、使用済みウィッグを某患者団体に寄付するっていうのもあるけどねぇ
ワタシは寄付が出来なくて。
まだウィッグ持っているよ〜
再発したら、また化学療法しなくちゃいけないでしょ。
とても手放せないのよね、、、、とワタシ。





45歳の女の古!の脱毛だって十分ショックだったのに
20代で化学療法し脱毛を受け入れた彼女の心の葛藤は
どれほどだっただろう!


それでも、今日は嬉しそうに、
『やっと最近眉毛が少し生えてきたんです〜』という。





帰り際にワタシが
『気をつけて帰ってね。風邪ひかないように。』と声かけると

『看護師さんも、、、、、頑張ってください。』と返された。


彼女に「エール」を送ったつもりだったのに
実は看護師のワタシの方が、「エール」をもらっているのかも。



一人で帰ってゆく、
彼女の小さい後ろ姿を見送りながら、、、、、





彼女の未来がずっとずっと続きますように。



そう願わずにはいられなかった
そんな日。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
私もケモを受けてた頃、採血の時に看護師さんが「乳がん?私と一緒だね。大丈夫よ。私は脳転移したけど今こんなに元気に仕事してるから。」って話しかけられて。

なんかすごく勇気と元気をもらえたんですよね。

その20代の彼女もすごく嬉しかったと思います^_^
2013/12/04(Wed) 15:32 | URL  | アクア #Y7gMrD.E[ 編集]
うるうる。ええ話や。
治療で辛い時に、看護師さんと、こんな話が出来るなんて。
若い子の持つ純粋さが伝わって来ました。

ぴこるるさん。ちなみに、うちの高校生も家事できません。
親として伝えられなかった事に後悔しています。
今さら、よその子と比較して責める訳にも行かず・・・
2013/12/04(Wed) 23:42 | URL  | ねこみか #81OYL7IA[ 編集]
うるうる
いろんな患者さんを見ている看護師さんは顔には出さないけどやっぱり見てて辛い気持ちになる事もありますよね

私も1人で診察に行ってるけど…小さな背中にはならないんです(-_-;)

ぴこさん今日から仕事復帰(仮復帰)しました朝6時~9時迄ですけどね(*^^*)3時間だけど疲れましたでも一緒に働いている人が声をかけてくれるので嬉しく感じました

ゆっくりと働く時間を元に戻したいと思っています。
2013/12/05(Thu) 11:04 | URL  | にこ #-[ 編集]
昔のマルク針、懐かしい!
最初マルクを見学した時、ゴリゴリと針を刺され、注射器でグイッと吸うでしょ、私の胸骨が吸われていくような気がしました(笑)

同じ病気の人に励まされると、嬉しいというか、仲間意識が芽生えるというか・・・私もこの間、薬をもらいに薬局に行ったら薬剤師の人に「私も5年前乳がんで手術をしたけど、今は、元気に働いているから、あなたも頑張って」とエールをもらいました♪
2013/12/05(Thu) 11:44 | URL  | kaiっち #-[ 編集]
涙腺決壊(;_;)
こらこら私を泣かすな~
只今帰宅車内なのに(T_T)
経験者だからこそ分かり合えたり
辛い現実もネタにして笑って話せたり
突っ込んだり…

様子が目に浮かぶようです。

アクアさんの看護師さんのお話も励みになりました。
書いて下さり感謝!
2013/12/05(Thu) 19:18 | URL  | yannchan #zHAUYs2U[ 編集]
しんどい治療中に 気持ちをわかって貰えるって、癒されたお時間でしたでしょうね!仕事柄 同じ病の方とお話ししますが~何も言えないですよ・・
2013/12/05(Thu) 19:25 | URL  | はな #-[ 編集]
アクアさん
その、脳転移治療をしたことのある看護師さん、今も元気かなぁ〜。気になりました、、、、。
患者側にとっては、やはり少し励みになりますよね、、「大丈夫、ワタシも同じ病気だけど、今は元気になったよ!」って声かけられるの。そういう存在が目標かも。
2013/12/06(Fri) 15:00 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ねこみかさん
そうなの、、、色々辛かっただろうに、、、、。
かわいい子です。
今年苦労した分、病気を克服し幸せになって欲しいです。
ねこみかさん、、、、うちの娘、、、、。
浪人覚悟かも、、、、まぁ、いいけどー。はぁ。
2013/12/06(Fri) 15:05 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
にこさん
仕事開始で疲れたでしょう?土日はおやすみですか?
(それとも土日も出勤かな。)
土日がお休みなら、どうぞゆっくり休んでくださいね。
そうそう、、、、前のペースにゆっくりあげて行ってください。
朝早い仕事もこの季節はなかなか寒くて大変ですよね。
お昼寝必須ですよね?
2013/12/08(Sun) 09:19 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
kaiっちさん
そうそう!そうなのよ!!
あのマルク針をゴリゴリ刺した後、注射器でグッと吸い上げる時、なんだか自分の骨髄液がひきぬかれてるような錯覚をするのよね。
看護学生の時は、あの検査の見学がどうしても苦手だったなぁ。
その薬剤師さん、嬉しい励ましでしたね!
2013/12/08(Sun) 09:29 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
yannchanさん
ダメよぉ〜泣いちゃ〜!綺麗なアイラインが崩れちゃう(笑)
病院で働いていると、色々考えさせられる事や人に出会います。
守秘義務があるのでなかなか紹介できないし話せないのですが、よく心をきゅーーーっとしめつけられる事例があります。
いちいち感傷的になっていちゃダメよっ、て考えもあるんだけどね。
2013/12/08(Sun) 09:42 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
はなさん
お話する機会があっても、話せるタイプの方と、核心は話せないタイプの方はいらっしゃいますよね。
そう、、、ワタシはこんなBlogを公開しているだけあって、話せるタイプなんだと思います。自分の体験が誰かのお役に少しでも役立つなら、役立てて欲しいって考えるタイプなんですよね〜。不幸な経験だったけど、今後誰かの役に立つなら、それはそれで少し浄化されるような気がして、、、、ね。
2013/12/08(Sun) 09:49 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: