以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2013-11-08 (金) | 編集 |
11月2日は、最後のEC療法からちょうど2年で、
ある意味記念日でした。


あのEC療法から2年の月日が過ぎ
あっという間で早かったような、、、、、
まだまだ2年なの?と言うような、、、、





ホルモン療法のノルバデックスを飲み出してからも早2年。
EC療法中に無月経になってからも早2年。

当時45歳という年齢からLHーRHアゴニスト製剤の注射は免れ
その後生理は復活しないまま現在に至ります。


もしかして、完全閉経状態?(ホトフラ無いけど)
これ薬剤閉経したんでないの?(ホトフラ無いけど)
と思いつつ、ノルバデックス内服し続ける事、早2年。

ワタシはホトフラが無い人なので、煩わしい生理もなく
結構快適に過ごせてきた方かもしれません。
(タモキシフェンの効果は不明だけどね、この両足の関節痛さえ無ければね〜)


先日主治医に、
『先生、閉経したかどうかホルモン値を測ってみようかな?』
と言ってみた。



閉経が確認されれば、
ノルバデックスからアロマターゼ阻害薬への変更も『有り』だ。

文献によれば、
抗エストロゲン薬のタモキシフェンとアロマターゼ阻害薬の比較試験から
アロマターゼ阻害薬のほうが再発リスクを下げる事が明らかになっている。

『乳癌診療ガイドライン』でも
タモキシフェンを2〜3年使ってきた人が閉経を確認すればアロマターゼ阻害薬に薬を変えて、
合計5年間用いるのも推奨されていますし。


主治医♀『いいですよ。でもきっと微妙な値が出るわよ』


で、、、、採血の結果。

FSH(卵胞刺激ホルモン)29、2
E2 (エストラジオール)≦ 5、0




ホント、微妙な値が出た。

E2は低値でオッケーなんだけど、
FSHが充分上がっていない。




うーーーん。
この値では完全閉経とは言い難い。
このE2値では、アロマターゼ阻害薬に変更して生理が復活?とは思えないが、
いや、、、、復活したら困る。
(アロマターゼ阻害薬は卵巣を刺激する作用がある)


タモキシフェンを服用していた人が閉経と判断され、
早期にアロマターゼ阻害薬の投与を始めると、
一旦止まった生理が戻る人がいる。
ある文献ではそのような人の
予後はよくないとのデータもあり、
アロマターゼ阻害薬へのシフトチェンジは
慎重に行わなければならないのだ。




過去に百日咳に罹患した時、
激しい咳で2回も肋骨にヒビが入った
骨スカスカ気味のワタシには、
アロマターゼ阻害薬にシフトチェンジした場合の
骨粗鬆症の助長も恐ろしいんだけど。




『閉経後はタモキシフェンよりもアロマターゼ阻害薬の方が再発リスクを下げる』
これにワタシが心惹かれていると、

主治医♂が鶴の一声。

『タモキシフェンからアロマターゼ阻害薬に変えたからと言って、
(自分の長年担当してきた患者さん達の)再発率が以前よりも
(薬のおかげで)下がったなーーという実感はないよ〜』

とのこと。




そうか、そうなのか。


ならタモキシフェン内服続行だな、ワタシ。







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント:
この記事へのコメント:
ホルモン値・・・
私は、子宮筋腫で全摘しているので、閉経かどうか分からないんですよ~。
TC中も今も、ひたすら頭だけ暑くなって、ホットフラッシュは、あるみたいなんですけどね(笑)
これから放射線療法が始まるし、ホルモン剤の内服も始まる予定です。
その前に、ホルモン値、計測するのかな~。。。
2013/11/08(Fri) 08:25 | URL  | kaiっち #-[ 編集]
勉強になりました
はじめまして。
私は年明けからハーセプ+ホルモン療法に入りますが、やっぱりECの2回目から生理がとまってます。あっ、44才です。

生理がとまっているからとりあえず注射は打たなくていいけど、ハーセプ単独になると、戻ってきちゃう人もいるから、そしたら注射だねぇと、看護師さんと昨日話したところでした。

2013/11/08(Fri) 10:07 | URL  | mina #ciZ.EuIc[ 編集]
こんにちは~(・∀・)ノぴこるるサン

抗がん剤投与から 2年なんですね~(^^)。
元気にお仕事をなさっている姿を、こうしてブログを通して 拝見出来るのは、とっても励みになります。いつも 元気のお裾
分けを頂き 有り難うございますm(__)m。

私も~ホルモン療法を始める前、本当に閉経したのかどうか心配したもの……数値的には FSHが 92.0、E2は≦5.0で、しっかり閉経後ので 値を示していた為、最初から アリミデックスを服用しています。ホトフラは~ケモ中に比べたら ウンとましです。それから~骨粗鬆症予防に関しては、食べ物をいろいろ工夫はしているものの~、何せ 長丁場ですからね。続ける事が大事!と思い……あまり肩に力を入れずに 頑張ろうと思っています(*^^*)
*薬の切り替え時……難しいですよね~
(ーoー)3
2013/11/08(Fri) 14:21 | URL  | さくら色 #-[ 編集]
こんばんは!
おひさしぶりです、こんばんは。

ちょうど今、全く同じことで悩んでいたので思わず。
私は抗がん剤をやっていないのでまだ閉経はしておらず
しかしもういつ閉経してもおかしくない年齢、
むしろPMSやPMDDがきついので早く終わって欲しいと
心から願っているわけですが、きちゃうんですよね~。
また来たか!まだ来るか!って。

ホトフラや関節痛等まったくなく、タモキシフェン効いてる??
と思っていた矢先、タモキシフェン代謝テストを受け、
代謝の酵素の働きが「低下」だったので、大慌て。
さっさとアロマターゼ阻害剤に変えて欲しい!と
思って先生に相談したのですが、
やはり変えてはくれなかった・・・
しかし

>予後はよくないとのデータもあり、
>アロマターゼ阻害薬へのシフトチェンジは
>慎重に行わなければならないのだ。

そういうことだったのですね。
素人が製薬会社のテストで「この薬効かないから変えて!」
といってもそう簡単にはいかないんですね。
よくわかりました、ありがとうございます!
2013/11/08(Fri) 20:16 | URL  | ゆり #IrF973n6[ 編集]
閉経したらホトフラなくなりますか?
私はホトフラ酷いです(^^;;
ちょっと肌寒いこの季節でも汗凄いです。
ホトフラ無くなってほしいです。
私はタスオミン飲んでるんですが、タスオミン飲んでても生理が戻ったらあまり良くないのででしょうか?
知識が無いので、変な質問してたらすみません(^_^;)
2013/11/08(Fri) 20:20 | URL  | ヒヨ #-[ 編集]
kaiっちさん
子宮の手術していると、月経がない分、確かにわかりずらいですね。
きっと血液検査で判断するのでしょうか。
放射線療法がいよいよ始まるんですね。
保湿!保湿が大事ですよ〜。
毎日の通院も頑張ってくださいね。
2013/11/10(Sun) 01:19 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
minaさん
コメントありがとうございます。
minaさんもワタシと同じような経過をたどっていますね。
ワタシも生理が戻ったら『注射』と言われていました。
ワタシもその分余分なお金がかからなくて済んでラッキーくらいに思っていました。
この年代の治療ってなかなか悩みますよね〜
でもお互い頑張りましょうね。
またBlog見にきてくださいね。
2013/11/10(Sun) 01:27 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
さくら色さん
まぁ〜、さくら色さんのホルモン値は、教科書どうりの基本の値だったんですね!
なんだか羨ましいゾ〜〜(笑)
AI剤って、乳がん再発予防にはなっても、骨が弱くなってしまってはダメじゃん!って感じな薬ですよね。
食事工夫をちゃんとしていて、偉いなぁ。
ワタシ忙しいことを言い訳にして、何にもしてません、、、、。
ショボーーーン。
2013/11/10(Sun) 01:42 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ゆりさん
お早うございます。
ゆりさんもホトフラが無いタイプなんですね。
気になるお年頃ですよね、、、、お互い(笑)
でもホトフラが強くでているからと言って、よく効いている証拠という訳でもないようなのでね〜。
何の種類のお薬でも、その人の体質によく合う薬、よく効く薬はあると思うのですよ。
反対にいえば、皆に平均的に効くのではなくて効果は実は人それぞれだと思うんですね。
全く効かない0ゼロではなく、いくらかは効いているはず。
効果があっても再発してしまう方はやはり再発してしまうし、効果低くても再発しない人はやはり再発しない。
そう考えてしまうワタシです。
PMSにずっとなやまされてきたんですか、、、、それは辛いですね。
2013/11/10(Sun) 08:58 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ヒヨさん
閉経後のホットフラッシュはあります。
(個人差があります。)
タスオミン内服中に生理が戻ったらあまり良くないのか?という疑問は、
ヒヨさんの乳がんのサブタイプやヒヨさんの年齢にもよりますので一概にはここでお答えできませんが、
病理結果がホルモン感受性の強い乳がんな場合、(LHーRHアゴニスト製剤を使わずに)早々に生理が復活してしまった場合、生理を止めた方がいいようです。復活した場合は、主治医に相談が良いかと思います。
2013/11/10(Sun) 09:21 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
お薬変更
ぴこるるさん
私はもうすぐホルモン治療を始めて1年。
化学閉経だったけど、年齢からしてもう戻らないだろうから
タモキシフェンよりアロマターゼ阻害薬がいいなって思ってたんです。
主治医に、アロマターゼ阻害薬の方が効くんでは…とお尋ねした時に、ぴこるるさんの主治医のおっしゃったことと同じ回答を頂きました。
閉経から1年 、アロマターゼ阻害薬を服用して急激に女性ホルモンを下げると卵巣が刺激されて生理が戻ってくることがある、それはよろしくない、と。

納得してこのままタスオミンを飲み続けようと思いました。
だいぶ慣れてきたし、この薬で関節痛がこのくらい出るなら、アリミデックスに変えるともっと関節痛が辛くなるかも…とか、理由を見つけて更に安心感を得るようにしています。(うーん、ってことはやっぱりどこか不安なんですよね。)
2013/11/10(Sun) 14:59 | URL  | mikicha #Bs/Xgq9g[ 編集]
私の主治医と見解一緒です
初コメントです。
(今更ですが、Pシンポジウムでお会いできて嬉しかったです)

私はAC療法4回目で無月経になりましたが、ノルバデックス服用開始
約4ヶ月で復活。
現在、周期はメチャクチャです。

閉経前だけれど、LHーRHアゴニスト製剤はなし。
・ホルモン陽性率が低い
・副作用に見合うほどの再発抑制がない
つまりは、過剰投与はしない意向なのかも!?

ノルバデックス服用3年経過していますが、ホトフラはないです。
副作用は、最近、朝だけ片方の親指の関節が少~し動かしづらいな…
というぐらいで、ほぼないです。

ちなみに、服用開始2ヶ月でCYP2D6検査をしました。
正常型でホモという判定だったので、副作用のあるなしは一致しない
ということが分かりました。

やっと本題です(笑)

閉経したら、アロマターゼ阻害剤にしないと的な話題を振ったところ、
最近の臨床試験の結果を見てみると、有意差はない、とのこと。

私の通っている病院では、アロマターゼ阻害剤で副作用が厳しい人は、
ノルバデックスに変えているとも言ってました。

あと、もしも私が閉経したとしても、年齢と閉経している期間が長く
ないので、薬の変更はなくノルバデックス継続らしいです。

長々とコメント失礼しました~。
2013/11/10(Sun) 22:51 | URL  | FB☆AYA #KDTXero2[ 編集]
mikichaさん
微妙なお年頃の女の古は、薬の選択にもお互い迷いますなぁ(苦笑)
確かに乳腺外科外来で患者さんが何を処方されているか見ていると、
ワタシより同年や年下で、アロマターゼ 阻害薬処方されている人いないのよね〜
処方されている方は、みんなお姉さんです。
またしばらく経ったら(半年とか、1年とか)ホルモン値調べてもらおうと考えています。
この病気の治療は長ーくお付き合い!ですからね。

2013/11/12(Tue) 21:09 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Hさん
まぁ、Hさんお若いのね、、、、(ピチピチ?)
卵巣もピチピチですね。
お若い頭脳なら、セミナーの話もしっかり勉強できますよ〜。
自分に関係のあることだから、バッチリ勉強してきてくださいね。
治療の道は長ーいですが、お互い 頑張りましょうね〜
2013/11/12(Tue) 21:14 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
FB☆AYAさん
コメントありがとうございます。
たぶん、、、yさんのBlogのコメント欄で『FB☆AYA』をお見かけしていたので、シンポジウムでお会いした時、名前ですぐわかりましたし親近感♡でしたよ〜。今回はコメントありがとうございます。
CYP2D6遺伝子検査受けていたんですね。
正常型で、タモキシフェン内服中で、ホトフラが無いタイプ!なんですね。
ありがとうございます〜、貴重なご意見です〜!
(なんだか嬉しい)
コメント長くないですよ〜。
ぜひ、もっと書いてください!
またセミナーとかでお会いできたらイイナ。
これからも、宜しくお願いしますね〜。
2013/11/12(Tue) 21:27 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Tさん
コメントありがとうございます。
Tさんもなかなか治療にご苦労されているんですね。
再発も怖いですが、骨密度下がって骨折!も怖いです、、、よね?
ワンアルファ内服中なんですか、、、、内服の薬が増えちゃいますね。
お互い乳がんとのお付き合いは長々〜と続きますが、ボチボチと頑張りましょう〜。
2013/11/12(Tue) 21:38 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: