以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2013-08-04 (日) | 編集 |
先週参加した乳がん治療の講演会。

木曜日夜の開催だったので、
翌日金曜日の勤務は眠くてつらかったですーー

でも、参加していた先生方も翌日眠たかったのは同じなはずよね。

img540.jpg

実はいままではいつもワタシは一人で参加していたのだけど、
今回は同じ病院勤務の某分野の認定看護師2人を誘って参加してみた。

彼女たちはもちろん『乳がんサバイバー』じゃないし、
乳がんに興味なかったら誘っても~~~悪いかな~~~と考えていたけど、

『良い話が聞けた

そう言って、とても喜んでくれた。

 
良かった。



また機会があったら、お誘いしよう。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
ぴこさんお久しぶりです。毎日、忙しくしているんですね(羨ましい)

私は化学療法の説明を受けて来ました、看護師さんが何か質問はありますか?
って聞かれたので、アイスグローブの事を聞いたら…
アイスグローブと足を冷やす物もあるそうですが皆さん使ってない見たいです。私は使わせて貰うつもりです

FEC治療の時口の中に氷を入れておくと口内炎防止になると聞きましたがした方が良いでしょうか?

氷は自分で用事しなきゃダメなんで水筒に入れて持って行こうかなって思っています
2013/08/04(Sun) 12:02 | URL  | にこ #-[ 編集]
にこさん
> FEC治療の時口の中に氷を入れておくと口内炎防止になると聞きましたがした方が良いでしょうか?
FECの「F」である「5-FU」が口内炎の原因になると言われています。
ワタシはFECではなくECでしたので口内炎とは無縁でしたが、にこさんはFECなら、氷を口に含んでいると、口内炎予防になると聞きますよ。是非水筒を持参して試して見た方がイイです。
それから、病院で用意してくれる氷なんて〜〜、病院の水道水?でしょうし、ミネラルウォーターで氷を作ってくれているとは思えないし、浄水を使っているとは思えないし、自分で準備、持参した氷の方が断然信用できるし、その方がいいですよ〜。
ワタシ、自分の病院の水道水は飲めない、、、、、何となく。(笑)
2013/08/04(Sun) 12:41 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Yさん
忙しい、、、忙しい、、、といっては、なかなか皆さんのBlogにお邪魔することが出来ていませんでした。
そして、、、久しぶりのコメントを読んで、、、、、。
Yさん、AI剤がすごい効果が出る方もいますからね。
治療の日々は長丁場ですが、マイペースで進んで行きましょう。
優しい穏やかなYさんでも時々は毒を吐き出しましょう!
仕事も頑張って続けましょう!きっと働いていた方が気が紛れます。
応援してます!
大きな声では言えませんが、ワタシの職場にもいらっしゃいます。
働いていらっしゃいます。

2013/08/04(Sun) 14:41 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
外来化学療法
かつて大学病院や総合病院で働いていた頃には、外来で化学療法をするなんて考えられなかったけど、いろいろ進歩してますよね。G-CSFだって治験の時代から製品になった頃でしたからね(^^)
外来化学療法室の認定看護師さんが点滴中にいろいろ教えてくれます。1回目の時に口内炎になったことを話したら、試供品をくれました。試してみたら効果あり!!病院の売店で買って来なかったことを悔やみ、アズノール含嗽水を買ってしのぎました。今回はちゃんと試供品の製品を買って来て、効果を上げてます。私はTC療法なので、あまり口内炎はひどくならないのですが…。
点滴を届けてくれる薬剤師さんも教えてくれるし、なかなか安心できる環境です。ホルモン療法のリュープリンも外来化学療法室でやるので、2年は付き合うことになります。上手く付き合って行きたいです!
2013/08/04(Sun) 21:18 | URL  | むぅむ #MRRqj/gE[ 編集]
むぅむさん
むぅむさんはリュープリン2年なんですね。先日の講演会はリュープリンの会社主催だったんですが、リュープリンの6ヶ月製剤を今開発中って言ってましたね。そのうち出るのかな。
本当にお薬は色々開発されていますよね。もっと開発して欲しいですよね。
外来で日帰りで化学療法するなんて、本当に昔では考えられなかったですねーー。

2013/08/09(Fri) 23:49 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: