以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2013-08-18 (日) | 編集 |
以前、痔という漢字をかけますか?
というBlogをUPしましたが、今日は別な誤字の話を。

先月、外科外来にいらした患者さん。

具合が悪いところを書いていただく問診用紙にですね、
こう書いてあったのです。

image_20130818092729129.jpg
(iPad2で適当に描いてみた)


外科で弁って言ったら、
普通は心臓の弁のことでしょ。
三尖弁とか、僧帽弁とか、大動脈弁のことよね。

弁は出ませんよ。
弁が出てきたら死んじゃいますよ〜。


弁が出ずらい→便が出ずらいの間違いよね。

うーーーん、わかる、わかるわよ。
弁じゃなくて便なのよね。

普通は間違えないような漢字だけど、
きっと恥ずかしくて『便』っていう漢字は使いたくなかったのかな。


この漢字を間違えちゃうと大変です。

例えば、、、、話し方が上手い人の事を
あの人は「弁が立つ」っていうじゃない〜

この漢字間違えると
『弁が立つ人』が、『便が立つ人』
『ウン○が立つ人』になっちゃうわけよ。

アレは、普通は立たないわよね。

え、、、時々は立ちますって?




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ