以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2013-05-25 (土) | 編集 |
乳がんの手術目的で入院したママさんが、
入院病棟の看護師さんにお願いしていた事。

子供さん(小学生)が面会にきている時、
ちょうど母子が部屋に一緒にいる時に、
『乳ガン』とか『ガンで手術』というセリフを言わないで下さい、と。
子供に病名を知らせていないんです。
動揺させたくないのです、絶対に悟られないように『禁句で』お願いしますと。


子供さんが幼稚園とか、小学校低学年くらいだと、子供に話すべきか悩むのだろうなぁ。


ワタシは娘が高校1年、息子は中学2年だったから、
なんの躊躇も無くそのまま子供に話したけれど。


もしもプチ悩んでいるママさんがいたら、
このようなDVDが乳腺外来にあったりします。


看護師さんに聞いてみてくださいね。

あなたのモヤモヤが、
少し、晴れるかも知れません。

img512 400


img513 400


img525 200



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ



コメント:
この記事へのコメント:
そんなDVDがあるんだ!!
私も悩んで当時小4の娘に伝えました

というか言わざるをえなかったです。
唯一の親は私だけで入院・手術をするのに実家に預けなくてはいけない。
未だに「一緒にお風呂入ろう」と言う娘に一緒にお風呂は入れないなんて言えないから。

娘を心配させないように「手術すれば大丈夫だから」と笑いながら話しました。
その時の娘の強がってるような笑顔を思い出すと今でも胸が締め付けられます。
2013/05/25(Sat) 07:09 | URL  | サヲサヲリ #-[ 編集]
難しいけど
病気の治療という点からみて、
隠し通すことで多大な負担が患者さん自身にかかるのならば
伝えて、協力して、支えあって…。

隠したい、
子どもに限らず、ですが、
病気になった自分を自分で許せない気持ちもどこかにあるのかもなぁ…そんなことを思ったりします。
2013/05/25(Sat) 11:05 | URL  | mikicha #Bs/Xgq9g[ 編集]
私なりに噛み砕いて中2の娘に伝えましたが、
保健室に頻繁に行くようになったり、心の動揺がかなりあったようでした。
小出しに、様子をみながら伝えるのが良いのかも知れませんね。
子どもの理解度にもよると思います・・・
2013/05/25(Sat) 14:15 | URL  | ねこみか #81OYL7IA[ 編集]
私の主治医は、結婚してる?子供さんは何歳?
(高1息子と中2息子、もう大きいんだけど)


主治医が旦那にも、『これからが大変だから、支えてあげてね、お子さんも小さいから』と言っていました。ガン告知にショックをうけながら 、子供たち大きいんだけど…と思った事を思い出しました。

病気治療は、家族皆で理解してなんぼ
仕事場の理解も大事ですよね!!
私は知られても良いことかなぁと思っています。
でも本当に知って欲しい人たちには、噂もながれないんです( ̄ー ̄)。
2013/05/25(Sat) 16:00 | URL  | リゴルヘ #-[ 編集]
サヲサヲリさん
小学4年生だったんですね。
お母さんが笑顔なら子供さんの心は大丈夫ですよ。

2013/05/25(Sat) 23:25 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
mikichaさん
病気になった自分を『認めたくない気持ち』になるのは誰にでも起こりえますね、、、。
『否認』とか『怒り』『取引』『抑うつ』とかの感情が、みんなに出るようです。
乳がんブログ村の皆さんのブログを読んでいても、、、ありますね。

2013/05/25(Sat) 23:35 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ねこみかさん
お子さんの動揺がわかったのですね。
うちの息子(当時中学2年)は鈍感なタイプで幼稚なのか、なにも変わりませんでした。
やはり女の子は繊細なんですね。

2013/05/25(Sat) 23:40 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
リゴルヘさん
でも、、、、優しい、配慮のある主治医ですね。
うちの先生がこんなセリフを患者さんの夫に言っているの、見たことないなぁ。
ところで、リゴルヘさん。
コメントいただくのは2回目ですが、前回から気になってます。
『リゴルヘ』とは、何語ですか。由来など、、、、。
良かったら意味を教えてください(笑)
2013/05/25(Sat) 23:46 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
子供は敏感ですね。
うちの子は発症時、小学3年でしたが風邪程度の考えのようでした。手術すると話た時は、さすがに何かを感じたらしく病院にいくと黙って下をむいていましたね。現在小学5年ですが、片方の胸が無い母親ともいっしょに風呂に入ります。まだ本当の病気の名前とか詳しい話はしていませんが、どう話しておくべきなんでしょうかね。父親から
2013/05/26(Sun) 07:00 | URL  | はる #XNJXB.sA[ 編集]
まだ…
私は話していません。でも入院中お見舞にきているから、病院名がひらがなでがんと入っているから、何となくは小6だった娘は気づいているかな。小4の息子はわかってない。
娘も将来は…と思ってしまうので、いつかはきちんと話をしなくてはと思って2年経ってしまった(ーー;)
娘の同級生が、小児がんを発症し入院、良くなって学校に行き出し、何カ月かで再発し、亡くなりました。娘はショックを受けT^T情緒不安定に。それをみたら、余計に話せなくなりました。
いまだおふろも入っていません。
今更ですが、入院する時に話した方が良かったのか…タイミングを逃した様な。
2013/05/27(Mon) 20:40 | URL  | あ〜ちゃん #-[ 編集]
はるさん
5年生なんですね。話すべきかまだ早いのか、悩む年齢ではありますね。
でも一緒にお風呂に入るのなら、例えば、『交通事故にあって足を切断した』風に、
『病気になったので乳房を切断した』と理解しているのかも知れませんね。
癌とは思っていないかもしれません、、、、。
女の子には、母が乳癌の場合子も乳癌になるリスクがありますので、もう少し大きくなったら、話さなくてはならないですね。お子さんの性格にもよるかな。
2013/05/29(Wed) 20:59 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
あ〜ちゃんさん
娘さんは今は中学2年生でしょうか。
そろそろすべてわかってくる年齢ですね。
お子さんの性格にもよりますから、タイミングって難しいですね。
お母さんが『悲壮な感じ』は出さずにごく普通にサラッと、『心配ないよ〜』風に話せればいいのでしょうかね。
2013/05/29(Wed) 21:10 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: