以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2013-04-21 (日) | 編集 |
今日は気分が悪くなる恐れのある内容が含まれています。
今からスパゲッティや乾麺ゆでて食べるという方は、読まないで下さいね。




『手術室に勤務しています』と話すと、必ずよく聞かれたのは、

『血をみて気分が悪くなったりしないのとか、

『内臓とか見てももう平気なのなど

この系統の質問である。


その度に、いつも
『慣れちゃったから平気』って答えるんですが、

実は、実は、、、
未だに慣れないもの(慣れたくないモノ)があります。




さぁ、、、いやぁ~な予感がした方はこの先読まないように。








ワタシは16年以上手術室看護師していたのですが、だいぶ昔
ある日の大腸手術の時。

大腸手術の最中、患部(大腸)を電気メスにて切除した際に、
その輪切りになった腸の切り口(断端)から、

白くて、平べったいヒモの様なものが出てきた。


大腸の手術では、手術の前にたくさん下剤をかけるので、
本来なら腸の内腔には何もないはずなのに、スパゲッティを思わせる細長いヒモ。

あれ消化されなかったスパゲッティかな。

、、、、 まさかね。

はははは



と、、、思ったら、このスパゲッティが今なんだか動いたような?

気のせいじゃない。ぎゃーーー、動いてるし。

動くスパゲッティの訳なーーい。

ムシだぁ。ギャーーーッ

先生こっちに向けないでよッ。
ワタシに向けた医師に対して、殺意をいだく。



手術室内は騒然。ギョウ虫ってやつ?それとも回虫ってやつ?
 (違いがわからない)


  これ
img_1611750_42115588_0[1]
     
懐かしのギョウ虫(の卵)検査。
(しかしこの絵、ギョウ虫を調べるよりも先に羽を調べてもらった方がいいという意見もアリ)





騒ぎを聞きつけその手術室に入ってきた50歳台のベテラン外科医長が、

『これはサナダムシだよ』

執刀医『サナダムシ?条虫ってやつかーー』

さすが年の功。
その医長は昭和30年代から生きてきた人だから、よくご存知で。
医長以外、生きてるサナダムシを見るのは全員初めて。



サナダムシとは、
昔、、、衛生状態の悪い時代には、この条虫をお腹に持っていた人は多かったらしいけど、
今の平成の時代には早々お目にはかからないものなのだ。
(でもニャンコを飼っている人にはわかるかな。)



この条虫がお腹にいると痩せるというので、
『サナダムシダイエット』と言ってお腹にわざと寄生させておく輩もいるんだそうな。

あの有名なソプラノ歌手
『マリア•カラス』もダイエット目的でサナダムシお腹に飼っていたとか。
9072375[1]
『マリア•カラス』知らないって?しーーーん。

サナダムシの名前の由来は、
あの真田幸村一族が関ヶ原の戦いで豊臣側について敗北し、
その後徳川の天下になってから生計のために細々と作って売った紐(真田紐)に似ていることから『サナダムシ』と呼ばれる様になった所以らしい。



このサナダムシ、人間の腸の中でどんどん育つ。
この時の手術で引っ張り出されたサナダムシちゃんは、

2m強。
ぎゃーーーっ。
いやーーーっ。


ワタシ動物好き女の古とはいえ、
蛇とかミミズとか細長い生き物は不得意です。

ずいぶん昔のことなのに
久しぶりに思い出しただけでもまだゾワゾワします〜。


この手術の後、
スパゲッティが食べられなくなったのは、言うまでもありません。




このサナダムシ興味がある方はどうぞネットで画像検索して見てください。
その後気分が悪くなっても、苦情をコメントしてこないように(笑)




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント:
この記事へのコメント:
あー私もムリ (__;)
私も手足がなく細長いのは大嫌い!
、とか言いながらネットで調べちゃいました(笑)
本当に平べったくて白いんですね。
寄生虫ダイエットって聞いたことあるけど…ヤツが体内に居ると思うとゾッとします。
幸い?痩せていかないので安心ですね(^^;
2013/04/21(Sun) 20:39 | URL  | tomuta #-[ 編集]
こんなところに見慣れた天使ちゃんが‥‥‥と思ったら虫話でしたか。
ただいま必死にダイエット中の私には痩せるためなら大腸にペット飼うのもいいなぁ~と頭をよぎります。

もう少ししたらうちの子が学校から天使ちゃんを持って帰ってきますよ( ´艸`)
2013/04/21(Sun) 21:19 | URL  | サヲサヲリ #-[ 編集]
猫のサナダ虫もエグいですよね。
拾って飼い始めた猫の寝床に落ちてる白ゴマみたいの、寄生虫の卵かと思って獣医さんに持っていったら、
節で切れたサナダ虫って・・・(涙)
しばらくは我が家の胡麻和えは黒ゴマonlyになりました。
2013/04/21(Sun) 21:58 | URL  | Ann #-[ 編集]
tomutaさん
ププププ、、、調べちゃいましたか!
tomutaさん、なんて素直なんでしょう〜。笑ってしまいましたよ。
サナダムシが腹の中にいると、本当に痩せるらしいです。
ワタシもこんなのがお腹にいて、動くのかと思うと、『胎動』みたいな感じなのかなぁ〜と考えてはゾーーーっとします。
2013/04/21(Sun) 22:10 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
サヲサヲリさん
ぎゃーーー、勇気ある発言ですッ(笑)
腹の中でムシが動くのを胎動みたいに感じるのかと思うと、何だかなぁ〜。
でも本当に痩せるらしいです。
今でもこのお尻ペッタン検査はあるんでしょうか。
2013/04/21(Sun) 22:16 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Annさん
見ちゃいましたか、、、、ニャンコのサナダムシ。
そうなんですよね、、、、いるんですよね〜。落ちてるんですってね〜。
我が家ではまだ見たことはないんですけど、よくネコマンガで読みますね。
ニャンコも駆虫が大事ですよね。

2013/04/21(Sun) 22:28 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
タイムリー
息子は新学期恒例ぎょう虫検査だった
今日、朝っぱらから息子のケツの穴をながめ
シートをペタッとやったとこ(^-^;

怖いもの見たさでネットで検索してやったぜい
痩せたくともアレをお腹で飼育する勇気は無いな(--;)
2013/04/22(Mon) 10:10 | URL  | ayaya #-[ 編集]
むかし~犬を飼ってて、虫下し飲ませた後出ました・・・みた・・・こわい!確か回虫博物館みたいなのあったな・・・どこか都内に。
は~2mもあったから下剤で出なかったんですかね?
すごいお話…
マリア・カラスしってる~そんなことにしてたんですね!
2013/04/22(Mon) 19:47 | URL  | きよら #-[ 編集]
私も、ニョロニョロした生き物、苦手です…>_<…

それから、今日の半年ぶりの診察、手帳に書き出して言って良かったです。主治医の先生も丁寧に朗らかに答えて下さいました。
ぴこるるさんのブログで勇気づけられました。
ありがとうございました*\(^o^)/*
満足いく診察時間が持てたので、ぴこるるさんにお礼が言いたくて、コメント欄使用させて頂きました。
残念な事に、検査結果でエコーでひっかかってしまい、MRIを受ける事になってしましいました。
今度は、検査頑張ってきます(^-^)/

ぴこるるさんの漫画、私も大好きです。
2013/04/22(Mon) 21:05 | URL  | akm #-[ 編集]
調べる順番
その子はね、ツノも診てもらった方が良いと思われます♪
2013/04/22(Mon) 23:46 | URL  | yannchan #zHAUYs2U[ 編集]
ayayaさん
今でもあの検査はあるのですね~。
やはり説明書きはあのイラストでしたか?
息子ちゃんに『ギョウ虫アリ』という連絡が来ない事をお祈りいたしまする~。
2013/04/27(Sat) 04:11 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
きよらさん
ただの下剤ではダメらしいです。
駆虫剤(ムシ殺しの飲み薬)を飲むと出てくるらしいですよ。
出てきたムシを見たくないけど~
ゾワゾワゾワ~
2013/04/27(Sat) 04:17 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
akmさん
診察の時、予め聞こうと思っていた事が全部聞けて、医師とコミュニケーションがスムーズにいった時は満足感がありますよね。
エコーで引っかかってしまったんですか。肝臓かな?
私は肝臓の血管腫があるので、毎年の人間ドックにて必ずひっかかります。
良く調べてもらって早くスッキリさせてもらってください。
2013/04/27(Sat) 04:24 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
yannchanさん
プププ、、、、(笑)
そっちのツッコミに行きましたか!
2013/04/27(Sat) 04:28 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: