以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2013-03-03 (日) | 編集 |
土曜日は
『乳がん患者さんとかかわる看護師対象のTVセミナー』
を聞いてきました。

img455 ①
img455 ②


参加しての感想はと言うと、

う~~ん
内容が物足りないんだわ、、、、、

ついつい(乳がん患者としての視点から)キビシク見てしまうんだろうねぇ。



自分が化学療法を受けていた時、
うちの病院の化学療法センター看護師は、全員ワタシより年下だった。
(ほぼ後輩)


幾度となく『患者への配慮がまだまだ不足だね~』って思わせる事があった。

自分も働いている病院内だから、一応同僚看護師になるから、、、、、
そう思い、グッと堪えて苦情は言わなかったけど、
(でも1回だけ言った

こういうセミナー、うちの化学療法センターの看護師さんにも是非聞いてほしいわよ~。

うちの病院から参加した看護師って、ワタシ一人だけだったのよッ(怒)

(もっと勉強してほしいなぁ~)つぶやいてみる


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント:
この記事へのコメント:
お久しぶりです
ナースに限らず、仕事をこなすということになって、
そこで接する相手に対する配慮が足らないことが、多々あります。

もう少し相手の立場を考えろよ~と
仕事中の部下の対応とか客の立場で思います。

2013/03/03(Sun) 11:03 | URL  | Bun #xtVPAbNc[ 編集]
はじめまして
いつも拝見しています。
看護師さんからと患者さんから両方からの経験は
貴重なものであると思います。
先日、女医さん(主治医ではない)から、化学療法センターの
看護師さんの最新知識は自主学習からと聞き、驚きました。
また、化学療法を受けているときの看護師さんたちの知識の
違いにも、少なからず驚きました。
でも、日々の仕事の内容って、半端なく多いんでしょう?
医師からは言いにくいっていってました。そういうことは、
患者さんからって言ってましたが、なかなか難しいですね?
ぴこるるさんみたいに、自主的に勉強してくださる看護師さんが
増えていただくとうれしいです。
2013/03/03(Sun) 11:19 | URL  | Katy #4VvffNcA[ 編集]
こんにちは
内容が物足りなかったというのは、乳がん患者さんの気持ちや本音を突っ込み切れていないようなところでしょうか。
それに、治療に関する知識って、当時者である患者さんの方が詳しかったりもしますよね。
両方経験したぴこるるさんが講師をやった方が良いかもv-218

私もやっぱり、入院していても通院でも、ついつい看護師目線で見てしまったりすることはありますね。
当時の自分ができていたかっていうと、気づかない部分もたくさんあったんだろうなぁと思います。今更ながら反省したりして。

いろいろなセミナーへの参加も、積極的に参加する人と、そうでない人の個人差、大きいですよね。
私の会社は、看護師・検査技師・薬剤師の出身者が多いのですが、業務終了後や休日を使っての勉強会への参加は、熱心な人とそうでない人の差が大きいように思えます。
でも、通常の業務も忙しいから、業務終了後や休日に無理強いするのもかわいそうかなとも思ってしまいます。

私のAC療法もついに4回目を実施後13日たちました。次からはウィークリーパクリですが、だいぶ血管も固くなり、最後まで持つとも思えないので、CVポートを入れることを先生にお願いしました。空きがあればウィークリーパクリの初回時に一泊入院してポート挿入となります。
そのあとは放射線&ホルモン療法です。
副作用でつらいときは、もうやだよ~なんて思いますが、それを抜けると、ちゃっかりと、またがんばるかって気になるんですね。とりあえずがんばってます。
2013/03/04(Mon) 14:14 | URL  | かめ #-[ 編集]
Bunさん
おぉ〜!なんだか為になるお言葉だなぁ〜
上司っぽい!かっこいいな。
Bunさんのお仕事!今度会ったら教えてもらおうっと。
ホームページもすごく素敵だし、、、只者ではないでしょ!
2013/03/04(Mon) 21:26 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Katyさん
コメントありがとうございます。
ワタシも、自分がこの病気になったからこうやって学習会に参加している、、、、という面はありますね。
この病気にならなかったら、まったく違う種類の学習会に参加していたでしょう。
化学療法という言葉は昔からあったものの、『化学療法センター』という存在はまだ新しい存在です。
最近の看護学生は『化学療法センター実習』も入るようです。
化学療法の知識をどんどん学んでいかないと総合病院では看護師はついていけなくなりそうです。

2013/03/04(Mon) 21:40 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Fさん
ブログ名に『ナース』って入っているからでしょうが、ワタシのブログを見にきてくださる看護師さん多いです。
コメントもよくいただきます。ありがたいです。
乳がんになってもナースとして頑張っていらっしゃる方が、こんなに全国にいるんだ〜と思うと、すごく励みになります。ワタシは自分の病院内ではカミングアウトはしてあるものの、同僚に癌についてはわざわざ話さないので。
自分が癌患者になってわかったことは多いです。
その経験を是非生かして、、、、なんとか役に立ちたいですね。
2013/03/04(Mon) 21:54 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
かめさん
ははは、、、、講師はできないですよ〜(笑)
みんなの前で話すのは苦手です〜。それにスベルんです、、ワタシ、、。
今度ポートを入れるんですね!
ワタシもまだ入っていますよ。胸に傷は多くなりましたが、、、、その分腕の血管は守られましたね。
頑張ってくださいね〜!
2013/03/04(Mon) 22:21 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
こんにちは
いつも楽しく読ませていただいています。

お仕事しながら、日進月歩の医療の勉強をされるのは、大変なことと思います。
今は素人でも、ネットで簡単に情報を仕入れることができますから、余計、お医者さんや看護師さんに期待するものも、大きくなっているのではないでしょうか。

私事ですが、先月切除手術を受け、主治医から術後の治療について説明を受けました。
AC療法とハーセプチンを一緒に行い、その後ホルモン療法をするとのこと。会計を済ませて帰ろうとしていると、説明が残っていると呼び戻され、改めて主治医から、「小柄なので、ACとハーセプチンは別々にしようかと思います」と言われました。
帰宅後、渡されたハーセプチンのパンフレットを読むと、心臓への影響から、通常は同時に行わない旨書いてありました。患者向けの「診療ガイドライン」も同様でした。この点については医師からの説明はありませんでした。
医師の理解不足か説明不足かわかりませんが、疑問を持ったまま抗がん剤を始めるのが嫌で、治療が始まる前にもう一度説明を受けることにしました。

ぐちになってしまいました。すみません。
がんの術後治療って、転移しているかしていないかわからないがん細胞に対して、効くか効かないかわからない治療(そのくせ副作用はもれなくついてくる)をするわけでしょう?「先生やナースが一緒に戦ってくれる!」と思って、信頼して、治療を受けたいです。


2013/03/06(Wed) 10:05 | URL  | Ann #-[ 編集]
Annさん
コメントありがとうございます。
AC療法とのこと、ACもなかなか大変らしいですね。頑張ってください。
ワタシはブログを見てくださればわかりますが、ECの後にハーセプチンでした。
双方とも心負荷があるためEとHerは一緒には点滴しないと、聞いた事があるような気がします。
A(アドリアマイシン)もE(エビルビシン)と同じではないんですかね?
疑問な点はとことん納得できるまで医師に質問するといいです。
2013/03/10(Sun) 11:48 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: