以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-11-16 (金) | 編集 |
今日はハーセプチン点滴18回目の日。
そう、、、、、記念すべき最後のハーセプチン。


おとといから発熱していたけれど、
インフルエンザの検査は(-)だった。
腫瘍内科の医師からはインフルエンザでもハーセプチンは打てます!と
太鼓判を押され、ハーセプチンの全18回が無事終了となった。

去年、自分がHER2(+)と知り、
HER2(+)だからki-67も高い!と言われ、
当時はだいぶ落ち込んだものだけど、、、

こうして振り返ると、一年間の18回は、アッという間でした。



帰り際、
もう二度とこの部屋(化学療法センター)には戻ってきたくないワ、、、、と
乳癌初発の抗癌剤治療を終えた方は誰もが思うだろう。

(でも、ネガティブ思考のワタシは)
こればっかりは自分の意志ではどうしようもない。
また化学療法センターにお世話になっちゃうかも、、、、、と考えてしまう。




医師が言うのだ。

乳癌は、みなさん『固まり』とか『固型のような物』とイメージしがちです。
その固まり部分を手術で切除したらそれで安心、、、と思いがちですが、しかし実際はそうではないのです。
超早期ならまだしも、実際は非常に小さな癌細胞が身体に散らばっている、、、と考える方が正しいのです。
ですから、乳癌は固まりというよりも、液体みたいなイメージの方が近いです。
血液の病気、、、例えば悪性リンパ腫とか、白血病と似ています。



医師が再発の患者さんに説明している内容を診察室の後ろで聞いていると、
どーーーん!とワタシも落ち込みます。
(ワタシも乳癌って固まりのイメージだからね、目からウロコなの)


来年の今頃、
ワタシ化学療法センターに(再発して)また通っているかも知れないし、
それは、、、5年後かも知れない。
いやいや10年後になるかも知れない。
それとも?それとも?どうかな、、、?どうかな、、、、?って、
そうこうしているうちに、いつのまにか天命にたどり着くかもしれない?


1年後も〜、
5年後の事も〜、
未来の事は、、、、、、
誰にもわからない。


ただ、唯一はっきりしているのは、
いつかは誰も虹の橋を、一人で渡らなければならないという事。

今まあまあ元気でいると、
このまま未来が永遠に続いてゆくような錯覚をしてしまうけれど、
本当はそうじゃないんだってこと。



同じ乳がん患者でも、初発の時よりも再発の時の方がショックが大きい。(と聞く)
自分はそうなるのかな、、、、?
再発・転移と知らされた方の落ち込む気持ちを推し図れるのは、
同じ立場を経験した者だけ?

初発は、まだ乳癌の怖さがわかったばかりで、
転移や再発の話をきいてはその恐怖に少し怯えながらも、なんとか自己を維持出来る。
ポジティブでいよう~と、まだまだ頑張れるよ~って、自分を奮い立たせられる。

でも現実で再発・転移を知ってしまうと、
ヒタヒタヒタ、、、、、と忍び寄る怖い足音をハッキリ感じてしまうのかも知れない。


何が怖いのか、、、、。
ワタシの場合は、痛みかな。苦しみかな。
その時、終末期に、痛みをマッタク0(ゼロ)にしてくれ~とまでは言わないが、
痛みが強烈でないといいなぁ~とか、
息が、呼吸が苦しくないといいなぁ~とか。



いままで救急センター勤務にて、
たくさん老若男女様々な亡くなった方の姿を見てきたせいか、人の死に対しては

『そりゃ~、ワタシにもモチロンX(エックス)デーは来るわよ、、、
でも、なんで友達よりも夫よりもワタシのお迎え早いのよッ!(怒)』

ぐらいの心境でありたい、、、、。





ハーセプチンの点滴を待っている間、
今日も隣の患者さんの話がカーテン越しに聞こえてきたよ。

「昭和16年◯月◯日生まれの◯◯です」
今日のお隣さんも、実母よりも年上だよ、、、、。
自分の親よりも年上の癌患者に囲まれながら、ワタシ1年間点滴してきたのよ。

私は両親よりも先に癌になった。
あぁー、なんてそれだけで親不孝なんだろう。
(モチロンなりたくてなった訳では無いけれど)

ワタシは実家にハーセプチンの話はしていないので、
親はワタシがこうやって「高額な治療」をしていることは知らない。

乳癌で手術をした事・抗癌剤で禿げた事を知らせただけ。
もう、、、それだけで十分。

親より先に癌患者にはなったものの、せめて
死ぬのは親を看取ってからにしたい、、、。
長生きしたいなんて贅沢は言わないから、
ただ、親は見送ってから死にたいなぁ。(唯一の孝行?)



両親と住んでいても、
おひとり様でも、
結婚したが子供には恵まれなかったとしても、
結婚して子供を授かってはいても、
結局、ガンとの戦いは『自分一人でよッ』とワタシは思っている。
孤独って言う意味ね。

いつか誰もが渡る虹の橋
一人で渡る虹の橋


その日が1年後か、5年後か、10年後かはわからないけれど、
その日まで、なんとか『ガンと闘う』というか、『ガンと共存』していこう。

たくさん泣いて、叫んで、悩んで、落ち込んで、毒をはいて、、、、、、
それでも、それでも少しずつ前に進んでゆこう。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント:
この記事へのコメント:
ハーセプ終了おめでとうございます。
まずはハーセプチン終了おつかれさまでした。
本当に高額ですよね。。。しかも体重が重いほど負担が (-"-)
お高い分の仕事はして欲しいですよね。
転移・再発の不安はどこまでもついてきますね。
私もかなりの所のリンパ節にまで行っているのでそこから先どこまで散っているのか???
今は「死」に対しての恐怖はなくて、再発・転移の痛みや苦しみ
容姿がどう変わっていくのか?が不安です。
恐るべし、目に見えない細胞レベル!
2012/11/16(Fri) 20:29 | URL  | tomuta #-[ 編集]
はじめまして
2月に手術しました
わからないことばかりです
超早期とは浸潤していない0期のことですか?
私は1㎝未満の1期でルミナールAですがやは微少転移してるとおもうと。。。。
でも、まだ虹の橋は親より早く渡りたくないです
2012/11/16(Fri) 20:45 | URL  | ゆきりん #EBUSheBA[ 編集]
おめでとうございます。
1年間、お仕事、しかもナースのお仕事を続けながらの
ハーセプチン投与、お疲れ様でした。そしておめでとうございます。

ぴこるるさんの今日のブログ、
虹の橋を渡るのは一人で…。色々なことをかんがえました。
家族や友人、お医者様や看護師さん、
皆さんに支えて貰い、寄り添って貰ってる。
でも、一人なんですよね。
そういう風に思うのが何と無く「感謝してない」みたいな…だから口に出せなかった。
癌との闘いは自分一人、これは覚悟でもあります。

私は来週がラストケモです。
この後、放射線、ホルモン療法と続きます。でも。
ドセタキセルが終了したら、リンパ節転移の数は忘れて過ごそうと思っています。
2012/11/16(Fri) 21:44 | URL  | mikicha #Bs/Xgq9g[ 編集]
母より先に・・・のくだり。
私の母も、あんまり心配してないように思ってたら(←手術で取ったら終わりみたいに)、
先日、米を抱えるのに「姉さんは重い物持っちゃいけん。○○(妹)持ちんさい。」と言ってくれて、
手術から1年も経ってるのに、まだ心配してくれてるんだ・・・と嬉しかった。
やっぱ親より長生きしたいですよね。
2012/11/16(Fri) 22:39 | URL  | ねこみか #81OYL7IA[ 編集]
ハーセプチンお疲れ様でした
ぴこるるさん、ハーセプチンお疲れ様でした。
元看護師ということもあり、ぴこるるさんのブログをいつも拝見させていただいています。

私は、この10月に右胸を全切除して、12月からいよいよAC療法が始まります。
そのあとはパリクタキセル・放射線・ホルモン療法と続きます。HER2は陰性でしたが、Ki67が高かったです。

乳がんと言われた時は、さほどのショックはなかったものの、ぴこるるさん同様、再発や転移を思うと怖くなります。
乳がんのことも手術のことも、まだ高齢の両親には言えないでいます。
最初は、手術が終わって落ち着いたら知らせようと思っていたのですが、このまま知らせずに、親を看取れたらいいなぁと思うようになりました。

そう、未来のことは誰にもわかりません。その時が来た時に、後悔しないように生きていきたいと思います。

ぴこるるさんのブログや、そこへのみなさんのコメントを励みに、私もこれからの治療に立ち向かっていきます!!
2012/11/17(Sat) 06:14 | URL  | かめ #dKs4hKJY[ 編集]
お疲れ様でした!
振り返ってみれば、辛い事も大変さも大切な気持ちの糧になる一年だったと思います。私がガン発症した際に、放射線科の助教授ドクターから、全てのガンは全身的な病。切除して終わりではないんですょ。ゆっくり療養して一緒に闘いましょう!麻酔科ドクターからは、ガンで幸せだったょ。人は誰でも病気になるもんだ。急にこの世から去る事になる位なら、病と向き合い治療を選択して自分の意志でこれからを造って行こう。辛い事も自分の糧に、選択示は沢山有るのだから。と、支えられて私の今が在ります。当時、私には幼い子供の成長をみたい、ナースとしてもっともっと学び、働いて居たい。死にたくない。の根底は有るものの、受け入れられず気持ちが限界でした。脳腫瘍で亡くなった妹の事が頭に浮かび、術後は意欲も無くて、現実逃避の毎日。更に、婚家の母との確執も大変で同期のスタッフから個人的感情から二人のドクターの診察を主治医と決められ、これが私の気持ちを前向きに変える機会となりました。医療従事者のプライドも、自分の病気には全く通用しない。ヨワヨワな当時の私。こんな気持ちも大切な私の糧なんだ!と今は思える様になりました。現在の私は、バードに働く毎日ですが実は再発してます。子供達は、病気でも守り育ててくれた母を、今度は私達が守る番だからって知恵を出し合い四年前に再婚した主人と母の最期のサプライズに向けてこそこそしてますょ(笑)娘もナースなんで、主人と私の居ない場所で主治医とコンタクトとり、今は退職を迫ってますが、進行した病状を理解してる私としては、もう少し外来通院しやれる所までやりたい。これが私の生きる道なのです。まだ若いと言われる年頃の40代ですが、若いスタッフの育成と先を照す道しるべとして、頑張らねばだ!です(笑)しがないナース管理職。それでも、家族と同じ様に大切なスタッフ達。先に虹の橋を渡った妹が、姉ちゃんが満足したら迎えに行く☆って夢は本当だろう。

ぴこるるさん、生きて活きて下さいね!再発しない様に、陰ながら祈っています。


2012/11/17(Sat) 08:01 | URL  | ひまわり #-[ 編集]
ハーセプチン終了おめでとうございます。
ひとつ区切りがつくと気持ちが軽くなりますよね。
おつかれさまでした。

親より先に癌になる不幸を私も思ってました。
だから針検の結果を聞くまで親には言えませんでした。(その時の医師からは家族と一緒に結果を聞いた方がいいと何度も強くすすめられたのにそれを断り続けてました)

母親には手術が決まった時に『あなたより先には死なないから安心して』と言いました。
母は56歳…あと30年は生きてほしいけど私は?あと30年頑張れる?再発しないと言い切れる?
今でもあの約束が守れるか不安になります。
2012/11/17(Sat) 08:32 | URL  | サヲサヲリ #-[ 編集]
はじめまして
こんにちは。
ブログ村より、ずっと読ませていただいていました。
ハーセプチン終了お疲れ様でございました。

「乳がんは液体のようなもの」は
衝撃的な真実でした。
しかしぜひ知っておきたい事実ですね。
貴重な情報をいつもありがとうございます。

そして「がんとの闘いは自分一人」
まさにまさに!と納得しています。
家族がいくら協力的であっても(我が家はまったく協力的ではないけど)、
お医者様がいくら熱心で優しくても、
最終的には自分でなんとか乗り越えるしかないのですよね・・。
わかっていても、つい甘えたくなってしまう。

そして、誰もがいつかは渡る「虹の橋」(素敵な表現ですね)。
これはもう誰もが避けては通れないけれど、
がんサバイバーはその姿を常にくっきりと見ているのでしょう、
遠くにしろ、近くにしろ。
なので、この先「生きる」ことをどうしていくか、
より具体性をもって、より良く、すごしていかなくては・・と
改めて感じます。
2012/11/17(Sat) 14:23 | URL  | ゆり #IrF973n6[ 編集]
お疲れ様です
治療とお仕事と医療従事者側の立場と患者側の立場、いろいろ精神的にも大変な時間だったと思います。
これからも大変なことに変わりはないでしょうが、18回完遂お疲れ様でした。
またいつかお会いできる日を楽しみにしています。
2012/11/17(Sat) 14:29 | URL  | みんく #F141CBR6[ 編集]
ぴこさん 久しぶりのコメントです。
いつも読み逃げでごめんなさい(~_~;)

術後治療のハーセプチン終了おめでとうございます。わたしは来年の二月に終了となります。ぴこさん始め、他のブロガーさんでハーセプチンの治療をしてる方は全18回という方が多いのですが、わたしの場合塀剤で4回の後、単剤で13回 全17回を提示されてます。医療機関によって違うのでしょうかね… ハイリスク組としては高価な薬剤ではあるけれど一回でも多く受けたいなぁと思うのですが。

いつかは渡らなくてはならない虹の橋、、、いつも頭から離れないわ。
2012/11/17(Sat) 14:51 | URL  | みどり #-[ 編集]
ぴこるるさん、ほんとうにお疲れ様でした。
なりたくてなった病気ではないですが、この病気になって失うものもあるけれど、得たものの方が大きいと最近つくづく感じるのです。
今まで何事にも、もしやいい加減に暮らしてきたような…
神様が私に、大切に生きなさいと考えるきっかけを下さったのかもしれません。
この病気になり、一日一日が大切に思える様になりました。今までの自分に反省するきっかけにもなりました。
人は誰でもお迎えがやってきます、それまでは無理せず笑顔で過ごしていきたいなぁ。
ぴこるるさんのブログでいつも元気頂いています、ありがとうございます。
2012/11/17(Sat) 15:02 | URL  | akm #-[ 編集]
おつかれさま~
私も先週終わりました!骨密度が低くて、ショック。でも、上げてやるーと燃えています。
今、治療終了の京都旅行に来てます。
紅葉楽しみまあす!
2012/11/17(Sat) 15:39 | URL  | ちろの母 #kO4bfBBs[ 編集]
あぁ、そうでした。
私は父を癌で亡くしましたが、母は元気。私は乳がん。思うようにはいかないものです。でも未来は予測できない方がきっといいな。いつも素晴らしいメッセージを本当にありがとうございます。
2012/11/17(Sat) 17:14 | URL  | はと #-[ 編集]
お疲れ様でした。
ハーセプチン無事終了お疲れ様でした。
それぞれ状況は、違いますが治療を続けている方の励ましになりますね。

私は、ブログに書かれているように「再発組」です。9年目の再発です。

全身のどこかにがん細胞が浮遊しているのかもしれませんね。
年齢的に言ったら還暦過ぎですから不満もいえませんが。。。

でも未来への時間が潰えたわけではありませんね。
仕事も今だ続けていますし、孫とも楽しく過ごしていますし、できるだけやれることにチャレンジしたいです。

ただ、風邪をひいても免疫力が弱くなり治りが遅い感じがします。

抗がん剤を使用してないのが救いですかしら?

では、楽しい時間をお過ごしくださいませ。
2012/11/17(Sat) 20:11 | URL  | 本屋のオバさん #6x2ZnSGE[ 編集]
お疲れさまでした
ぴこるるさん、ハーセプチン18回終了お疲れさまでした。

私は、11回目が終わりました。ここまでくると先がみえてきたので、頑張ります

ぴこるるさんのブログを読んで、私も乳がんは塊と思っていました。液体なんだと自分の意識を変えなければ。また、ひとつ学びました

私は手術後体調が悪かった時初めて、これからの人生は終わりと背中合わせなんだ と、強く意識しました。その日が半年後か3年後 5年後 10年後か。幸いにも天寿を全うするか。これからは、人生の終わりを告げられることがあるという恐怖と共に生きていかなければいけないのですね
この不安は、誰にもわかってもらえません
独りで耐えていかなければいけないことなんだと思いました
時々、思いっきり吐き出したくなる事があります。ここにお邪魔して、ぴこるるさん
の思いや、皆さんのコメントを読ませていただいてその思いを解消しています。
ぴこるるさんにお目にかかって、ゆっくりお話したいなぁ と、一人で思っています

抗がん剤治療中の辛い時には、万一がないように今ここで徹底的に治療するとはわかっていても、この治療の成果が最期まで判らないのでなら…。という思いがちらつきました。

少々介護が必要な高齢の両親と同居しています。同居ですがあまり詳しく病気のことは話していません。今はただ、お迎えは順番にきて欲しいと願っています

今日のぴこるるさんの思いに同感するところがたくさんあり、コメントさせていただきました。ネガティブなコメントになってしまい、ごめんなさい

普段は、フェマーラの副作用?関節痛にも負けずポジティブに暮らしています。
トリプルポジティブ、関節痛 軽い財布に負けないよ おばさんは、強く頑張ります

長くなって、ごめんなさい
 




2012/11/17(Sat) 23:25 | URL  | pochiまま #ILnYFO8M[ 編集]
Uさん
ポートがなくったって、大丈夫ですよ。ハーセプチンで血管炎になった人って聞かないですもん。
高い点滴だけど、、、、しっかり受けときましょうーー!(文長くないですよ!)
2012/11/18(Sun) 22:20 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
tomutaさん
こればっかりは神のみぞ知る、、、なので、
あとは運を天に任せるしかないです。
そうですね、、、終末期への不安って、痛みの心配だけじゃなく、『自分の容姿がかわる』不安、、というのがありますね。
いや、、、、どうせもともとワタシたいした『容姿』じゃないんですけど、いちおう。
2012/11/18(Sun) 22:29 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ゆきりんさん
コメントありがとうございます。
患者さんには、病気を『詳しく知りたいタイプの患者さん』と、『怖いから詳しく知りたくない患者さん』がいるのです。ゆきりんさんはどちらのタイプなんでしょう。
わからないことばかりです。とは、、、、、図書館で乳癌の本を借りて読む、または、本屋さんで買って読んでみるのもいいかもしれません。
微小転移の心配はしない方がいいですよ。
2012/11/18(Sun) 22:44 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
mikichaさん
いよいよラストのケモなんですね。ワタシも去年の11月が最後のEC療法でした!
冬の間に髪が伸びてきますね!ギリギリ夏の脱ズラに間に合いますよ!
嫌な数字は忘れましょう〜!
ワタシもkiー67値の数字は心の奥底にしまっています。
2012/11/18(Sun) 22:56 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Mさん
ハーセプチンがすごく効くタイプですね。しっかりバッチリ受けて行きましょうね。
ワタシは終わってしまったので、、、、ちょっと残念。(ハハハ、、、)
お母様泣いちゃったんですか、、、。(優しそうなお母様ですね)
うちの母は、ワタシのハゲ見せたけど泣かなかったなぁ。それどころか、ワタシのズラを被って、
皆から『若く見える』と言われて喜んでいたな、、、、。
2012/11/18(Sun) 23:04 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
虹の橋ね
そうですか。
虹の橋というのは何とも綺麗な言葉ですね

私は虹の会に入っています
それは逆縁の母の会です
先に虹の橋を渡った息子に会うときにね
「おかんは楽しい人生を送れたよ」
と話しできように毎日を生きています
いろいろな事を思う日もありますが
いかされている日々を思いながらね
2012/11/18(Sun) 23:22 | URL  | じゅん8008 #V0sVL5lk[ 編集]
ねこみかさん
ねこみかさんのお母様優しいですね。
うちの母は、、、、そうでもないな(苦笑)
2012/11/18(Sun) 23:33 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Tさん
いやいや、毎月のお注射も大変だし、放射線療法に25回〜30回連続で通うのもやはり大変ですよ。
ほんと治療は大変です。お互い頑張りましたね!
資生堂の アデノバイタル?育毛剤ですか?今度お店で見てみよう、、、、。
2012/11/18(Sun) 23:47 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ハーセプチンお疲れさまでした。
長かったようなあっという間だったような…ですかね。

再発のことを考えるとホント気分が落ちますね。
その時、自分はどうなるのかななんて考えたりしますが、別の自分はなんくるないさ~と思ったりもしています。

とりあえず、1日1日を大切に過ごそうと思います。
病気になってからは、あの時こうすればよかったって思わないように、やりたいと思ったことは周りのことはあまり考えずにやることにしています。
2012/11/20(Tue) 20:58 | URL  | akuni #-[ 編集]
かめさん
コメントありがとうございます。
かめさん、看護師さんなんですね。こんな『駄ブログ』ではなりますが、
看護師さんからメールを頂くと、また違った嬉しさがあります。
かめさんの病院はAC療法なんですね。ACもけっこうキツイらしいですね、、、
でもみんな乗り越えてきた道ですので、頑張ってください。
またコメントに遊びにきてくださいね。
2012/11/20(Tue) 22:07 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ひまわりさん
ステキな、、、、そしてすごく重みのあるコメントありがとうございます。
ひまわりさんの人生にはいろいろなドラマがあるんですね、そして周りの温かい人たちが支えてくれているんですね。思いやりのあるひまわりさんの下で働くスタッフは、きっと恵まれていますね。色々な事を学べますね。
お互いまだまだがんばりましょう。また コメントに遊びにきてくださいね。
2012/11/20(Tue) 22:17 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
サヲサヲリさん
不安はだれにでもありますよ。
でも、、、、あまり考えないで生活しましょう!
確かにサヲ サヲリさんは若いので『若年性』ってのが気にかかるだろうけど、、、、、
お母さんの為と言うよりも、、 かわいい娘さんのためにもポジティブに!
ブログ村をみると、30歳台の方ってけっこう多いですよね。でもみんな頑張ってますから!
またコメントに遊びにきてくださいね。
2012/11/20(Tue) 22:28 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Cさん
コメントありがとうございます。
まぁ、ワタシと同じトリプルポジティブですね!親しみ感じてしまう〜!
ハーセプチンが初発乳癌に認可されてからまだ歴史が浅いので、
『ワタシハーセプチンしてから、もう5年元気にしています〜』とか、
『私はハーセプチン終了してからもう10年経ちました〜』とかっていう長生きの先輩が、いないのよね。
ぜひともそういう未来のモデルケースにどんどんなれるよう、、、我々トリプルポジティブ仲間がんばりましょう。
2012/11/20(Tue) 22:38 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
bさん
コメントありがとうございます。
ワタシもお会いできて良かったです!
フランスの話とか、、、もっとお聞きしたかったなぁーー!
また機会がありましたら、ぜひ!
お互いホルモン療法も、ぼとぼちと耐えましょう〜。
2012/11/20(Tue) 22:47 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ゆりさん
コメントありがとうございます。
ゆりさんのブログにも、今度ゆっくりと遊びに行きたいと思います。
お互いこれからもマイペースで闘病してゆきましょう。
そしてより良く過ごして行きたいですね。
2012/11/20(Tue) 23:12 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
みんくさん
こんばんはーーー!
またすてきなみんくさんにお会い出来るかも?
楽しみです。
2012/11/20(Tue) 23:15 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
みどりさん
こんばんは。髪だいぶ伸びてきましたか?
人間は致死率100%です。誰も必ず『お迎え』がきます。必ず『虹の橋を渡らなくてはならない』
だから、今はなるべく考えないようにして暮しましょ。
病院によって17回だったり18回だったりするようです。
効果の差はないんでしょうが、、、、医師に聞いて見てはどうでしょう。
2012/11/20(Tue) 23:24 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
akmさん
ステキな考え方です、、、、。
ワタシも実は認めたくないような気もするのですが、、、、、
この病気になって、ガン患者になって、『得たもの』『気づかされたもの』本当はあります。
病気と代償に、、、がどうも引っかかるのですがね、、、、。
素直に喜べないのですが。
またステキなコメントお待ちしています。
2012/11/20(Tue) 23:34 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ちろの母さん
ワァ〜!
治療終了の京都旅行〜!!
いいなぁ〜!京都は高校の修学旅行以来30年行っていません(笑)
いつか訪れてみたいです。紅葉素敵でしょうね。楽しめましたか。
2012/11/20(Tue) 23:40 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
はとさん
コメントありがとうございます。
そう、、、親よりも先に癌になると、、、『何だかなぁ〜』と複雑な気分になりますよね。
でも、これからもマイペースで 闘病して行きましょうね。
2012/11/20(Tue) 23:43 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
『本屋のオバさん』さん
コメントありがとうございます。
QOLが保たれた生活が出来ているのは、理想に近いのではないでしょうか。
進行がゆっくりなタイプと思われますが、、、、
治療薬を上手に使って、もっともっと長生きしてください。きっと可能です。
2012/11/20(Tue) 23:51 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
このブログがアップされてから何度も何度も繰り返し読んでいます。

今の私にはとても説得力のある内容でした。

ありがとうございます。

2012/11/20(Tue) 23:51 | URL  | mimi #-[ 編集]
pochiままさん
ハーセプチンも11回までいったんですね。後半はアッという間です。
効果のある薬らしいので、シッカリ受けておきましょう。
自分も闘病中で両親の介護があるのはなかなか大変ですね。
ストレスをためずにうまーく日常をこなしてください。
コメント長くないですよ、色々ストレス解消して行ってくださいね。
2012/11/21(Wed) 00:05 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
じゅん8008さん
いつか、、、きっと会えます。
ワタシはそう信じています。
空からきっと見守っていてくれる、、、とも思ってます。
2012/11/21(Wed) 00:12 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
akuniさん
そうですね。
一日一日を大切にしよう、、、、と、病気をしてから思うものの、症状が不変で変わりない日々が続くと、ついダラダラと生活しがちです、、、私。
時々脱線し、、、、軌道修正し、、、、立ち止まり、、、それを繰り返しながらも、「生かされていることに感謝」しながら、生きて行きますよ〜(そうしたい)
2012/11/22(Thu) 13:15 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
mimiさん
あの、、、、
オフ会にいらっしゃったmimiさん??
それとも、、、、別のmimiさんかしら?
「今の私には」って所が、なんだか気になります、、、、、。
2012/11/22(Thu) 13:24 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: