以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-09-22 (土) | 編集 |
8月に職場の健康診断があったことは以前ブログにも書いたけど、その際
『ヘリコバクター・ピロリ菌検査』も受けていた。

毎年人間ドックで胃カメラはしていたけれど、ピロリ菌の検査は実はうけていなかったの。



ヘリコバクター・ピロリ菌とは、胃粘膜にすむ菌で、幼児期の経口感染などが原因と考えられている。
(幼児期に井戸水を飲んでいた、親が口で噛み砕いだものを離乳食として受けていた)
日本人の50歳以上の80%がピロリ菌に罹患していると考えられています。

ヘリコバクター・ピロリ菌が慢性的に持続することで、胃がん発生との関わりの強い萎縮性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった病気が起こりやすいとされている。



去年は乳がんで、
今年ヘリコバクター・ピロリ菌検査も陽性だったらダブルで凹むなぁ~と、プチ心配だった。
心当たりがあったから。
ワタシの血縁では胃がんの患者は祖父とその弟達など、明らかに胃がん家系だったからだ。



検査の結果がスタッフに返ってきて、各職場ではみなそれぞれ

『子供の頃、実家は井戸水だったけど大丈夫だったわ~』  とか、
『ピロリ菌いたの!除菌しなくっちゃ!』とか、、、、その日1日中話題でした。



ワタシの実家は子供の頃井戸があったので、井戸水も多分飲んだだろう、、、と思っていました。
もしかしたら、ピロリ菌持っているかも、、、確率は高いかなと考えていましたが、、、、

img299.jpg

今回、結果は陰性(-)でした。
胃がんリスク検診もA群(胃粘膜は健康的・胃がん発生頻度はきわめて少ない群)と診断されました。

とりあえず、胃がんの心配はないようです。




一生のうち、人の罹患する『ガン』が一種類だけ・一回だけって決まっていたらいいのになぁーって思う事がある。
(もちろん、、、、全く『ガン』なんて一回もならないにこしたことないけれど。)
ダブルキャンサーにしても、再発にしても、全く別の癌にしても、、、何回もは辛いよね。
あぁぁ、、、、、、時々考える事。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


注: ピロリ菌がいると診断されても、
   抗生物質などの投与(内服治療)を受けることによって、
   除菌は可能です。  
   胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの症状がある場合は、
   この除菌治療は健康保険の対象になります。
   しかし症状がない除菌治療希望の場合は自己負担になります。
(あめたいさん、ご指摘ありがとうー!修正しました。)



コメント:
この記事へのコメント:
ほんとにそうですよね。実は私、この前の検診で甲状腺のエコーでひっかかりました。一つは病変。一つは、腫大と書かれていてショックでした。一年前の検診で乳がんがみつかり、今度はまた…と。
なんとなく喉に違和感があって、受けただけにショックも大きくて、ほんとに絶望してしまうくらい落ち込みました。
でも、専門医でみてもらうと、組織をとるまでもなく異常なし。、慢性甲状腺炎の人は、ぼこぼこしていて腫瘍と間違えられやすいのだそうです。
一日前の検診の医師の話だと、ほとんど腫瘍に間違いないという顔でしたけど。
ほんとに生き返るとはこのことでした。11月にはハーセプチンが終わるのにと運のなさを嘆いていたのが、嘘のようでした。
乳がんだけで、ありがたいと思ったのが自分でも可笑しかったです。感謝感謝の日々です(笑)
2012/09/22(Sat) 09:38 | URL  | ちろの母 #kO4bfBBs[ 編集]
ホントホント。一つで十分ですよね。
私は先日の診察時に、痛みでロキソニンを使うのに、毎日だと胃に悪そうだとか、効かなくなりそうと、主治医に相談したところ、今の量なら心配いらないとのこと。そして、笑い話のように、「それにね~癌の予防になるかもっていわれてるんだよ~」って。胃癌だったか、大腸癌だったか忘れましたが…。ホントかいな。癌患者に癌ってどうよ。まぁ笑ながら、「これ以上いらないから、ロキソニンばんばん飲んどきま~す!」って言っときましたが。ホントはガンなんて1コもないほうがよかった。がホンネだけど、なってしまった以上は、もう二度と…。ですよね。
2012/09/22(Sat) 11:41 | URL  | ブー #HqbrdGlA[ 編集]
除菌します
ぴこるるさん、はじめまして。
私はピロリ菌陽性で胃炎あり、来週から除菌予定です。
除菌をすれば胃がんのリスクが1/3になると聞き、除菌しないという選択肢はないと思ったのですが、はじめて行った病院の先生は「どうして除菌したいんですか?みんな持ってますよ。」という感じでした。
この先生はがんと言われた事がないんだろうな、と思ってしまった。
下げられるリスクは何でも下げたいんです!
胃炎では保険にならなくて、胃潰瘍からが保険適用という事です。
2012/09/22(Sat) 12:30 | URL  | あめたい #-[ 編集]
ちろの母さん
女性の『甲状腺の病気』は多いんですよね~。
乳がんと同じ位?それ以上にけっこう聞きます~。看護師さんでもけっこういます。
でも今回セーフ!で良かったですね。
11月にハーセプチンが終わるのは一緒ですね。
少しお財布に余裕ができるかな?
(でもワタシはその分を何か無駄使いしそうですが、、、、)
2012/09/22(Sat) 13:54 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ブーさん
確かにロキソニンの飲みすぎで胃が荒れる・胃痛がするというのはききます。
ロキソニンと一緒に胃薬も処方されるようです。
ワタシもいつもロキソニンは携帯・常備していました~。
頭痛・生理痛・やけどしてチリチリ痛い時も飲んでしましたね。
いまは薬剤閉経してしまったので生理がないから、ロキソニン飲む機会ないけど。
『誰か~ロキソニン持っていない~?』
『あ~、ワタシ持ってるよ~、あげるよ~』って会話が、OP室看護師仲間では飛び交ってましたネ。
2012/09/22(Sat) 14:12 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Kさん
ヘリコバクター・ピロリ菌の検査って、採血で調べるものとか、吐く息で調べるものとか、種類があるんですよ。簡単ですよ。もし今度胃炎や潰瘍になった時に、内科医に聞いてみるのもいいかもね。
2012/09/22(Sat) 14:21 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
あめたいさん
コメントありがとうございます。
『あめたい』さんお名前を見た記憶があるので、ブログを拝見した事がある気がするのですが、、、、、見つけられませんでした~。
潰瘍にならないと保険適応にならないんですね。理解がまだまだでした。
教えていただきありがとうございます。
今回のうちの職場の検診で、ピロリ菌を指摘されたナース結構いました。女の古でした。(笑)
みんな(もちろん)自費で除菌する~!と決意していましたよ。うちの病院はピロリ菌外来(たしかそんな名前)があるんですよ。
乳癌治療に比べたら、数週間の内服なんて簡単ですよ。がんばってください。
2012/09/22(Sat) 14:35 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
健康診断でピロリ菌検査ですか。どうやって検査するのか興味森森。便検査?血液検査?
ピロリ菌は発見次第、除菌出来るんですよね?
近くの町医者(梅ちゃん先生のような)が言われてました。
私の職場はパートの健康診断が無いので、検査なし。怖いです。
でも1こ病気持ってるから、症状が出れば、いつでも病院で相談・検査してもらえるし・・・
と開き直ってるというか、根拠のない自信。

2012/09/22(Sat) 16:31 | URL  | ねこみか #81OYL7IA[ 編集]
ねこみかさん
50歳以上の日本人のピロリ菌保菌者は多いときいても、微妙なお年頃のワタシ達は、ピロリ菌を飼っているのか、いらっしゃらないのか、何と無く気になりますよね。
今回は血液検査で調べました。色々検査方法はありますよ。(便検査は無いと思う〜)
2012/09/25(Tue) 13:43 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
再び
再び登場です。
かくれぴこるるファンで、いつも読ませていただいています。
病気ブログをちょこっと書いていたのですが、一度終了して、今はたまーに、ひそかに、日常ブログを書いています。
ピロリ菌外来ってあるんですね。
私は近所の町医者にかかり、除菌中。
今のところ副作用は、やたらお腹がすく事。それは食欲の秋のせい?
2012/09/28(Fri) 17:25 | URL  | あめたい #-[ 編集]
あめたいさん
あめたいさんのブログ、わかりました〜!
ピロリ菌の検査って、便検査もあるんですか?
ギャー知らなかった。うちの病院ではオーダーでたの見たことないですが、、、、そうなんですね。
勉強になりましたよ〜。
2012/09/29(Sat) 23:19 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Hさん
それは心配ですよね。
でも、お子さんがもう少し大きくなる頃には、もっといい検査・もっと簡単な検査方法・簡単な除菌の方法・保険も効くようになるかも知れませんよ。そちらの医療はメキメキ進歩しますから。期待しましょう。
2012/10/17(Wed) 19:46 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: