以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-08-21 (火) | 編集 |
最近旅行ブログになっていましたね。
今日は真面目なブログ内容ですわよ〜。



昨日ブログ上に、『Rさん』よりコメントを頂いた。

毎年マンモグラフィーと乳エコーの乳癌検診を受けていたのに、今年見つかった乳癌は早期発見でも8㎜×8㎜×6㎜大ですでに浸潤癌だったとの事。毎年検診を受けていたのに。
去年見つけてもらえれば『非浸潤』だったのだろうかと考えてしまう、、、、との事。

このコメントを受けて、最近乳腺外来勤務で感じたことを今日は書き綴りたいと思う。


今さらながらワタクシ事だが、ワタシの乳癌の原発のシコリは18㎜×17㎜大で、乳管を通し進展ありdaughter nodule(娘細胞)も形成している。乳管内伸展があるので、浸潤部分と非浸潤部分を合わせて考えると実際の癌と言える部分は18×17よりももっと大きかったと言える。
しかし術中センチネルリンパ節生検は(-)であった。
ついでに?腋窩リンパ節も一部切除されたが、それらも(-)であった。
(なぜセンチネルがマイナスなのに腋下リンパ節を摘出したかについては、ブログの前の方に何度か記載しているのでここでは省略します)

しかし、実際乳腺外来勤務にて多くの乳癌患者さんを見ていると、
自覚症状なく、検診での発見で腫瘍径が小さく(早期発見と思われたのに)いざ手術してみると、術中センチネルリンパ節生検にて転移が認められる方がままいるのだ。micrometastasis(微小転移)も含む。

主シコリの大きさが2㎝大のワタシがセンチネル(-)なのに、どうしてこの患者さんのシコリは1㎝以内なのにセンチネルは(+)なのだろう。
それはずっとワタシの疑問であった。

検診で1㎝弱で発見される方は『硬癌』であることが多い。
『硬癌』だから小さくとも転移しやすいのか?
ワタシは『充実腺管癌』だから転移はまだだったのか。
でも疑問がある。ワタシKi-67値高かったよね。
あのmicrometastasisの患者さんのKi-67値はワタシよりも低いけど?
いったいどういう関連なのか?

こんな疑問を乳腺外科医に話すと、医師が言うには、『硬癌』とか『充実腺管癌』『乳頭腺管癌』とかはあまり関係がない、『シコリが年数経っているシコリかどうかだろう』との意見だった。

腫瘍径が小さくとも、10mmでも・8mmでも、既にセンチネルが(+)なのは、腫瘍がたとえ小さくとも存在年数が経っているシコリなのだろうと言う事だ。

小さくとも、もうずっと以前からそこ(乳房)にあったのだろうと思われる。
『乳癌は10年位かけて育つ~』とか聞きますよね。
乳癌細胞は、癌が小さいうちから身体の全身中に散らばり始めるという理屈も、そう考えると確かに頷けるのである。

ではワタシの場合はどうか。
2010年11月にMMG(マンモグラフィー)を他院にて撮影していたがこの時は問題なし。
  (多分、見落とされたのではないと思う)
2011年6月にシコリを自覚し、翌7月のMMGにて素人目にもわかるほとはっきり腫瘍が写っている。
ワタシのシコリは半年間で急成長甚だしかったものの、年数としては浅いシコリだったのだろう、だからセンチネルは(-)だったのだ。
そう考えるとなんだか納得できるのです。


ここまでエビデンスのない個人的考えを、うだうだ〜と述べてきましたが、
自分が乳がん患者にならなければ、こんな事は看護師として全く考えなかっただろうなぁ~とか、
色々思う所はあります。

乳癌はとても奥が深くて、乳癌のことまだまだ学習してゆきたいし、色々考えて行きたい。
疑問は少しずつでも理解して解決してゆきたいと日々考えています。

乳癌治療が落ち着いた方が
『最近は乳癌の事とか再発の不安とか考える時間が減ってきた、、、、忘れている時間が増えました♡』
等のブログ記事を見ると、
本当はこの姿が理想なのだとは思いますが、、、、、、

でもワタシは看護師でもあるし、
乳癌とのお付き合いは公私ともに一生のライフワークにしてゆきたい。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント:
この記事へのコメント:
おはようございます。
私も硬がんです。
2009年9月の検診では異常なしで、2011年1月に発見した時はしこりは2.2cmでした。3月手術、病理結果は2.5cmでリンパ転移が4個でした。
成長が早いということは、再発も早いのかなとビクビクしています。
2009年以前から小さいものがあったけど発見されなかった、ということがあるのでしょうか?
他の方のブログで、同じような病状・治療の方が再発されると、とても不安になります。
ぴこるるさんはご自分も不安をかかえながら、他の患者さんに「大丈夫よ」と励まされているのでしょうね。ご立派です。
2012/08/21(Tue) 09:02 | URL  | アクリルブルー #-[ 編集]
ぴこるるさん、私の声にならない叫びを拾ってくれてありがとうございました。来週セカンドオピニオンの予定です。診断に対してのセカンドオピニオンです。Rさんの気持ちわかる。
カテゴリー4の検診結果を受け、再度マンモ・超音波、この2つの結果から次はマンモトーム・CT、さらにこれらの結果からMRIもと。そして診断はグレーだと。。色わけなの??
そして医師から、セカンドオピニオンをと。。乳腺専門がある病院で見てもらうのがよいと。。
でも聞きました。黒になる可能性を。
それはわからないと。。
ここなんです!
悪性疑いが悪性へいくのを日々恐怖と共にだまって過ごすしかないのか・・・。過ごすしかないのですか。
2012/08/21(Tue) 13:17 | URL  | N #-[ 編集]
疑問がはれました
ちょっとズレてしまいそうなのですが...乳がんの発見速度について悩んでいた事で、ぴこるるさんのブログを拝見して疑問がはれたのでまずはお礼申し上げます。ありがとうございました☆

私は10年以上毎年きちんとした乳がん検査を受けてきており、1~2週間に1回は自分でも胸をよく触ってみるなど慎重に乳がんの早期発見につとめてきたのですが、
2011年5月に見つけたシコリは、8月の手術後病理結果では2.1cm(充実腺管がん&硬がんのMIX)にもなる大きさでした。

ここでずっと不思議だったのは、2011年4月中旬まで検査や自分の触診でもシコリは見つからなかったのに、たったひと月ほどで2cmにもなるシコリが突如出現したこと。

「乳がんは時間をかけて育つ」 私もそう噂で聞いていたので “あんな大きいシコリ、何年前からあって、なんでもっと早く見つけられなかったのだろう” と今でも「発見の遅さ」を時々悔やんでいましたが

成長速度も個人差があるのですね。
不勉強なため自分のシコリもじっくりと育ってきたものと決めつけて鬱々としていましたが、異常なほどの“急成長”だったということもあるんだと思うと 「じゃあ、春に見つけられなかったのも仕方なかったのかな」 と少し気が晴れた思いです。

<追伸>
忙しくてなかなか伺えませんでしたがイタリア旅行記、これから拝見させていただきまーす♪ 仏も大好きですが伊はもっと好きな国なのですっごく楽しみです!!
2012/08/21(Tue) 16:46 | URL  | 桜猫 #-[ 編集]
勉強になりました
こんばんは
私はまだ手術をしていないので、はっきりしませんが
Dr曰く、『4年前の発症、6センチ×6センチの非浸潤癌』
こんなに大きな腫瘍になると、さすがにカブトガニのような硬いものが胸に当るような気がします

今、ノルバテックスを1.5か月服用して術前治療をしていますが腫瘍は全く小さくなっていません。
となると、非浸潤癌の特性になるわけで、、、

9/3が手術日ですが、私は4年間も乳がんでいながら
本当に非浸潤癌なのか?リンパ節に転はないのか?

それと、私は乳頭直下7ミリまで癌が迫ってきています。
乳頭を残すべきか?Dr間で賛否両論分かれていまして
頭を痛めています。

あ~でも乳がんは10年かけて育つは初耳でしたが
凄く安心しました。
最初、4年モノと聞かされた時は、死んでてもおかしくないじゃん
と思いましたもの
2012/08/21(Tue) 20:27 | URL  | うさぎ #TrE5O6vA[ 編集]
わかりませんね~~
同じ疑問を未だにかかえています。また、99%治癒すると言われている非浸潤がんで、全摘出してホルモン治療中の2年目に鎖骨下までリンパ節転移した人もいます。センチネルでマイナスでリンパは取っていませんが、毎年検診していたそうです。本人もですが、主治医がびっくりしたそうです。たまにこういう事態があるそうですが、2年って早すぎですよね。結局、エビデンスがあってもわからないな~~と思っています。
2012/08/21(Tue) 20:35 | URL  | タッキー #-[ 編集]
はじめまして
こんばんは。今日は、ぴこるるさんブログで何となくモヤモヤしてた事が、すっきりしました。

前にも書きましたが、私は毎年自治体が行う検診(マンモ、触診)を受けていました。去年も受け、異常なしの結果を受け取り、1週間後に自分でしこりを見つけ受診し、浸潤性乳管癌と診断されました。
大きさは、2.5㎝×2.8㎝。センチネルリンパ節生検(-) 
この時期、更年期でシール状のホルモン剤を貼っていました。ER(+)PgR(+)の私には、良くなかったようです。
ブログを読んで、年数の浅い癌に餌を与えて急激に大きくしてしまったのだと、納得しました。乳癌は、年数をかけて大きくなると聞いていたので、何となくモヤッとしていたのが晴れました。ありがとうございました。

自分でわかるくらいのしこりを、なぜ触診でわからないの?と、思いました。また、私のマンモの画像では、検診では異常なしとなるでしょう。と言われました。この時は、検診って何のため!!と、思いましたが。自分で気付かず、異常なしを信じ今年の検診までそままだったらと思うと、ゾッとします。

今月18日は、告知されて1年目でした。告知されて、乳癌についてもっと勉強するべきだったと、今思っています。あの時は、主治医の説明で納得し、目の前にあることをこなしていくことで精一杯でした。

これからも、勉強させてください。とりとめもなく、長くなってしまってごめんなさい。

2012/08/21(Tue) 22:50 | URL  | pochiまま #ILnYFO8M[ 編集]
ありがとうございます
私は1年に一回のマンモ、エコーでしたが、半年おきに検査されていても大きなしこりで発見されたかた等もいらっしゃるのですね。

本当に憎き癌細胞です!


ぴこるる様がとてもわかりやすく考えをのせてくださるので、疑問が解消されたり、心が温かくなったり、ありがたいです。

2012/08/21(Tue) 23:12 | URL  | ろーず #-[ 編集]
私もです!
ぴこるるさんこんにちわ!
今日の記事はなかなか刺さりましたー。
私も乳腺クリニックでエコー&マンモ&触診を毎年してたのにずっと見つからず、半年後の職場検診でオプションの乳腺エコーで見つかりましたが既に1cmで浸潤してました。。その時のドクターの触診もマンモも異常無しになっていて、何を信じれば良いのやら。今まで癌がずっと在ったのに嘘の安心だったのねーーと思うと悔しいです!

2012/08/22(Wed) 00:05 | URL  | わか #-[ 編集]
こんにちは。

いろんな方々の体験談や読ませていただくと、乳がんの
難しさを痛感させられます。

私は毎年乳がん検診を受けていましたが、たまたま1年半
いつもより少し遅く受けて乳房の石灰化を指摘されました。
毎年受けている施設だったので前回の画像と比べてもらい
ましたが、前回の画像には異常はないとの事。その速さに
驚きました。
また、私の知り合いの30代の女性は、検診で異常がみつかりましたが、
精密検査の結果、異常を指摘された場所は
異常なく全く別の場所に乳がんがみつかりました。異常が
見つからなかったら、がんがわからなかった事になるので
その話を聞いたときぞっとしましたよ。

患者会でも、検診で異常がないといわれたのに後日自分で
しこりを見つけたとか、異常を自分で見つけても最初の
医療機関では異常ないといわれたとかいうお話も聞きました。

乳がん検診は私の地域では一般に外科と看板をあげている
先生が行っているケースが多々あります。それぞれの先生も
勉強されているのだとは思いますが、実際はもっと細かい
知識と経験が必要なのではないかと思ってしまいます。

2012/08/22(Wed) 06:56 | URL  | 夢かあさん #-[ 編集]
私も自分で気づいて病院に行きましたが、医師からは4年位前から発症していただろうと言われました。しこりが大きくなるのは(本人に意識させるのは)本当にあっという間の事なんだろうな、検診していても何をしていても、気づかない時は気づかないんだよね。気づいた時には、いつから?どうして?と自分を責めたり、運命を呪ったり、苦しみが始まります。
乳がんは人それぞれだし、再発・転移との闘いの病だと言われるので、不安や恐怖は乳がん患者から消えることはないと思います。私もはじめよりも今の方が不安がいっぱいで、落ち込みがちですが、もう治療を終わって元気な人たちの、大丈夫だよー、の声を支えに毎日を大事に生きて行かないといけないなあと、思うようにしていますv-16
2012/08/22(Wed) 08:41 | URL  | みんみんぶーた #-[ 編集]
勉強になりました
こんにちは
私は、自分の病気と向きあっていませんでした。詳しく調べるとやっぱり、怖いです。
長く付き合う病気になると思うので、きちんと病気と向きあって行きたいと思います。
温存手術をしました。
オフ会で、担当医から温存と言われ、自ら再発予防のために全摘をした人がいました。私は、担当医の言われるがまま、治療をしてきました。それは後悔はしていませんが、自らの意見を通した人の話しを聞いたら、何も考えていない自分が・・・・・今更ながら、温存で良かったのか?悩むことがあります。
2012/08/22(Wed) 09:36 | URL  | あ~ちゃん #-[ 編集]
ぴこるるさん、こんにちは。

みなさんのコメントなどをみて、発見されるタイミングなども人それぞれで、本当に厄介な病気になってしまったんだなぁ~と痛感しました。

ご報告が遅くなりましたが、無事にCVポート入れました。

先日、初めて外来で点滴を受けたんですけど、快適でした。
ぴこるるさんの教え通り、襟元がゴムで伸びる服を着て行きましたよ!

いろいろと情報いただいて、本当にありがとうございました。
2012/08/22(Wed) 10:04 | URL  | のん #-[ 編集]
なるほど~。
ぴこるるさん、はじめまして。

現在、術後FEC治療中のmikichaと申します。

私が病理の結果を聞いてから悶々としていたことが、晴れました。

半年前の触診・エコー・マンモで異常なし。
今年に入って自治体の検診案内が届き、半年前にやったからいいかなーと思いつつも、子宮がん検診とセットで申込み、発見されました。

術後の病理結果は1.3×0.8cm の硬癌(検診では0.8×0.5)
EG,pLg 共に強陽性、HER2は0、Ki-67>10%
脈管侵襲はリンパも血管も陰性
核異型度1
典型的ルミナールA。増殖の遅い大人しい癌なんだと思ってほっとした後、
リンパ節転移数が19/19でびっくり。
ルミナールAなのに、原発巣が小さいのに、なんでこんなに転移してるの?硬癌だから?
え~っ、脈管侵襲(-)なのに?わけわからん!!!
ハイリスクなのは間違いないし、FEC→タキソテールに突入しました。

ブログを拝見し、「存在年数」・・・。
妙に納得できました。
更に前向きに抗がん剤治療を受け入れようと思います。

ありがとうございました。
2012/08/22(Wed) 13:59 | URL  | mikicha #7SMSw2C6[ 編集]
アクリルブルーさん
ブログにも書いてある通り、硬癌とか充実腺管癌とかはあまり関係ないので、気にしない方がいいかと思います。それよりもサブタイプとかグレードとか静脈浸潤とか、リンパ管浸潤とかが微妙に関係してくるかと思います。
ビクビクしながら生活してもつまらないですよ、アクリルブルーさんは特技がたくさんあるのですから、ぜひそれら好きなことに打ち込んだ方が嫌な事忘れられますよ~。好きなことして笑ってNK細胞をぜひupさせましょうよ~。
2012/08/22(Wed) 20:09 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Nさん
うぅ~ん、辛いところですね、、、、。うちの病院でも他の病院での針生検にて診断がつかなかった方(グレーの方)が時々病診連携(紹介)にていらっしゃいます。
Nさん、ワタシはこう考えるのですよ。
ワタシのシコリは一発で『ClassⅤ』が出ました。HER2(+)の俗にいう顔つきの悪い癌でしたから。逆に言えば、顔つきが悪いからすぐ診断できたのですよ
Nさんのような診断経過をとる方は、(癌だったと仮定して)だいたいそんなには顔つきの悪い癌ではない事が多いです。元々グレー診断なんですから。
あまり慰めにはならないですね、、、、今こんな事を言われても。
でもとにかく白黒をはっきりつけてもらって下さい。
それまで本当に『黙って過ごすしかない』のですが、その間にセカンドオピニオン医師に色々質問できるよう医師の話すことが理解できるよう、自分なりに勉強しておくといいかと思います。
でも、もちろん癌じゃなかった事を祈っていますよ。
2012/08/22(Wed) 20:30 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
pさん
コメントありがとうございます。
ご紹介のサイト、早速見に行きました!
教えていただいて良かったです!ありがとうございます。
またお気づきのブログ等ありましたらお願いします~m(__)m
2012/08/22(Wed) 20:35 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
桜猫さん
桜猫さんには、じかに説明したいことが、、、、、
メールをおくりますね。
2012/08/22(Wed) 20:37 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
うさぎさん
コメントありがとうございます。
術前なんですね。色々不安・迷い複雑ではありますね。
(ぶっちゃけた話、、、術前のノルバデックス服用ってハッキリ分かるほどの縮小効果は?です、、、、増殖を防ぐ、程度かと、、、)
手術日までまだ時間があるのでよ~く先生と相談して納得のいく手術を受けて下さい。
でも乳癌治療は、手術してからがスタートみたいな所もあります。
道のりは長いですが、お互いがんばりましょう~。
2012/08/22(Wed) 20:58 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
タッキーさん
> 非浸潤がんで、全摘出してホルモン治療中の2年目に鎖骨下までリンパ節転移した人もいます。センチネルでマイナスでリンパは取っていませんが、毎年検診していたそうです。本人もですが、主治医がびっくりしたそうです。たまにこういう事態があるそうですが、2年って早すぎですよね。結局、エビデンスがあってもわからないな~~と思っています。
そのような事もあるのですね~、もともと100%ではないので起こってもおかしくはないのですがね。
2012/08/22(Wed) 21:48 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Tさん
コメントありがとうございます。
> 数年にわたり検診していての発見でしたが、このタイミングでしか見つけられず、またこのタイミングこそが絶妙だったのではないかと考えています。もっと早くても見つけられなかったでしょうし、遅くなると育っていたかもしれません。
> どんな病気の場合も、患者は誰かに(おもに医者に?)文句を言いたいものです。
> なぜ、あの時の検診で見つけられなかったの!って…。その症状が確認できるまでの期間は人それぞれに違う

まさにその通りです!
同じ事が言いたかったです。
Tさんの表現、、、分析、、、すばらしい。Tさんタダ者じゃないわねぇ~ヽ(^。^)ノ(笑)
2012/08/22(Wed) 21:56 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
pochiままさん
すこしすっきりする事が出来たのですか、、、それは良かったです。
こんなブログでもお役にたてたのかな。
全然長くないですよ~。大丈夫。
この夏で1年と言う事は、ワタシと時期一緒なんですね。
マイペースでゆったりとお互い治療していきましょうね~。
2012/08/22(Wed) 22:05 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ろーずさん
『さま』付けなくていいですよ、、、ワタシ恥ずかしいです(笑)
今回皆様からのたくさんのコメントを頂き、様々な経験・考えをお聞きすることが出来て、ワタシも色々勉強になります。本当にありがたいです~。
2012/08/22(Wed) 22:10 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
わかさん
コメントありがとうございます。
先ほどのTさんのコメントにもあったように、
このタイミングでしか見つけられず、またこのタイミングこそが発見される絶妙だったのではないかと考えます。もっと早くては見つけられないし、遅くては育ってしまっていたかも知れまん。
乳腺外来でいろいろな患者さん達を見ていると、自分の時と兼ね合わせても、、、本当にそう感じるのです。
2012/08/22(Wed) 22:21 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
『夢かあさん』さん
本当に、育つのがゆっくりな乳癌と、成長が早い乳癌があるんですよね~。
自分が後者に当たってしまった事はとても残念でしたが、、、、同じように複雑な思いを抱いている同病の方々がこんなにいらっしゃる、、、という事がわかり、みんなを励ますとともに自分もしっかり前を向いて勉強してゆこう、、という気になります。
2012/08/22(Wed) 22:27 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
みんみんぶーたさん
治療中はネガティブになりやすいし、、、、脱毛した自分の姿・手術した胸の傷を鏡で見ては凹むものです。
今は仕方ありません。忍耐の時です。治療が落ち着いたら、髪が伸びてきたらきっと復活しますよ。必ず!
2012/08/22(Wed) 22:32 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
あ~ちゃんさん
患者さんには大きく分けると二つのパターンがあって、詳しく細かく聞きたいタイプと、怖い事は詳しく聞きたくないタイプがあるのですよ。
あ~ちゃんさんはきっとあまり詳しくは知りたくないタイプなのかも。
自分に無理してまで他の人に合わせる必要はないかもしれません。じぶんのペースを大切に~。
2012/08/22(Wed) 22:40 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
のんさん
ポートが無事入ったんですね。
健側の腕が抗癌剤の点滴漏れとかで血管が痛んだりしないので、いいですよ~。
これから長い治療になりますが、、、お互い頑張りましょうね。
ワタシもハーセプチンがいよいよ終盤となり、終了したらポートを抜去するのかどうか、、、悩む段階になってきました。入れるのもドキドキでしたが、抜くのもドキドキですよね~。
看護師でも、手術室に勤務していたワタシでも、やはりドキドキではあります(笑)
2012/08/22(Wed) 22:48 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
mikicha さん
コメントありがとうございます。
少しは疑問がはれましたか~。
抗がん剤治療をバッチリ受けて、今のうちにガンをやっつけちゃってくださいね。
顔つきの悪いタイプではないので、ここでしっかり治療受けておく事です!
あと、、疑問点は医師にどんどん聞いてみた方がいいですよ。
なんなら直接病理医の話なんかも聞けるといいですよね、、、、。
2012/08/22(Wed) 22:57 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
奥が深いですね!
どういうわけか?治療過程で 色んなトラブルがありました。
病棟では マンモトーム生検入院時に非常識な看護師が担当で 不愉快でした!

センチネル生検入院や温存手術入院では クリニカルパスの入院中の経過用紙が 全く同じ用紙で、何れも2泊や3泊入院予定だったのに、10日分まで主治医が日付を記入していたんです!
クリップが入るかもしれないことは全く書いてないし、全摘の流れが全体的に経過が解る?ように書いてあるんです。全身麻酔手術ということで術後翌日までは共通でいいとしても、、、個別性が無い。

術後は創部の点検だけで、センチネルも温存術後も退院指導が無かったんです。

術後の病理説明では 遠慮会釈なく患者を傷つけるような酷い説明で 一年間も苦しめられた経緯があり、
定期検診についてもCT 希望する度に、、、
エビデンス重視を主張して、機械のように同じ言葉を繰り返すことが どれだけ患者を傷つけているのか?解っていない!温度差を感じました。

普通は 患者さんは 何もいえず我慢するか?転院することになるのではないでしょうか?
大病院なのに 中身はまだまだ!改善が必要だと切に実感しました。
看護師である故、私もライフワークにしたいと思っています。
2012/08/27(Mon) 08:16 | URL  | カジカジ #-[ 編集]
カジカジさん
自分が患者側になってみて、わかって来る事って多いですよね。
トラブルを経験し、それは悲しかったけれど、、、
改善するためにはどうしたらよいか、、、考えるナースになれますよね。
お互いにね。
2012/09/01(Sat) 00:38 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: