以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-07-05 (木) | 編集 |
外科外来に勤務しているので、
毎日毎日『癌患者さん』と関わりがあります。
乳癌だけじゃなくて、消化器系の癌や、呼吸器系の癌ね。

手術が順調に終了し病理の結果もまったくリンパ節転移なしで、術後の治療は全く無しと言われ、意気揚々と帰宅する患者さんもいれば、
術後半年もしないで再発を告げられる患者さんや、
転移を告げられる患者さん。
セカンドオピニオンを受けるための患者さん。



先日のある患者さん。
他院からの紹介なので、以前の病院にて告知はすんでいたはず。
どこの場所の癌なのかは、ごめんなさい、ふせておきます。

医師から、
『手術を受けても5年生存率は10%です。
 それでも他に有効な治療法がないので皆さん手術を選ばれるようです。』
そう告知された患者さんは、医師の前では表情を崩さなかったのよ。



医師からの長い説明が終わった後、別室にて看護師のワタシから
入院準備やオペの準備にあたってのオリエンテーションを受けるんだけど、

そのとき、、、説明の最中に患者さんに突然泣かれてしまった。
  (注:ワタシが恐かったからじゃないわよ)


医師の前では堪えていたのに、急に涙腺のスイッチが入っちゃったのね。
気持ちが痛いほどわかる。

本当は『いっぱいここで泣いていいですよ~
    辛いお気持ちわかります、、、、』
っていうのがベターだったんだろうね。

しかし、医師の説明からずっと見ていたワタシ、、、
自分がもらい泣きしそうになってしまい、ワタシまでジワッと涙が浮かんできてしまった。
しかーし、ここで泣いてはマズイ。
ワタシが泣いたらますます患者さんが動揺してしまう。
なんとか平静を装わなくては。
クルリと窓の方を凝視して、『目頭のジワ~』をおさめたワタシ。

『前を向いて、治療を受けて行きましょうネ、、、』

ティッシュを渡し涙を拭いてあげながら、そう言うのが精一杯。
その後、患者さんは部屋をあとにしました。。



はぁ~。
どうも涙腺が緩い。
ふとした事でスイッチが入ってしまう。

告知の度、告知の度、泣いてたら、、、、、外科外来看護師勤まらないよね。
スグもらい泣きする(変な看護師がいる)って言われて、
配置換えになっちゃうよねぇ。

気を付けなくてはね、、、、、。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント:
この記事へのコメント:
おはようございます。
お仕事とはいえ、いろんな方の告知場面に居られると言うことは大変なことですね。
私のときも、別室で看護師さんが説明しつつ「前向きに行きましょう」と言われました。
この言葉で、一緒に戦ってくださると思ったものでした。
涙腺が緩くなるのもわかります。
自分のときのことも思い出しますもんね・・・。
2012/07/05(Thu) 07:48 | URL  | めれんげ #-[ 編集]
そっかあ、
でも、一緒に涙してくれたり、肩をとんとんと叩いてくれて、大丈夫、一緒に頑張りましょうねって言ってくれる看護師さんがいるだけで、患者って心が静まり、あったかくなるから、ぴこるるさんのような心優しい看護師さんは素敵だと思うなあv-16でもそれではプロとしてはダメなのかしら。
2012/07/05(Thu) 07:50 | URL  | みんみんぶーた #-[ 編集]
そうだよね
あたしはガンセンターに通ってるから度々泣いてる人を目撃する事があるの。
受付の段階で泣いてる人とか廊下の隅っことか、診察室から出てきた人とか・・・。

そんな患者に声を掛ける先生や看護師さん達は精神的に辛くないのだろうか?どんな気持ちなんだろうか?と思ってた。

うん。

よくわかった!

ぴこさん 尊敬するよ~( ̄0 ̄)/
2012/07/05(Thu) 08:54 | URL  | ayaya #-[ 編集]
やばい
読んでいるだけで涙にじんできちゃった。自分だったら本人の前でぜったい涙落としちゃってる。

でも、患者さんのためにそこを堪えたぴこるるさんはえらいなぁ。私も尊敬します。

2012/07/05(Thu) 09:22 | URL  | 桜猫 #-[ 編集]
おはようございます。
私はそんな看護師さんがいいです。
私にとって、患者にとっては1度のこと。
先生や看護師さんは何度も何度もの告知かもしれないけれど。

私も先生の前では粋がってました。
頑固だねーと言われましたし。

でも帰りの車の中ではすごく怖くなって、
家に帰って初めて涙が出ました。

尊敬します。
痛みを知ってるからこそなのですよね。
私も復帰後はそうでありたい。

感謝です。
2012/07/05(Thu) 09:43 | URL  | nao #i4ciekBw[ 編集]
わかります、、
涙腺のスイッチって、、ありますよ。
先生の前では緊張してるせいか涙出ませんけど、、

看護師さんに声を掛けられたとたん、じわっと、、

1年に3度も手術してると、同じ看護師さんにまた、、
気にかけて頂けただけで、うれしくて、涙ボロボロ、、

ホントお世話になってます、看護師さん。
ぴこるるさんもそんなお一人なんですね。
2012/07/05(Thu) 11:06 | URL  | 「風信子」 #-[ 編集]
2年前に。
ぴこるるさん、こんばんは。私も告知はひとりで受けて、お医者様の前では「大丈夫ですからどんどん検査とか進めてください」って笑って言った患者でした。そして、採血室で血を採ってもらっている最中に急に悲しくなって、わんわん泣いてしまったんです。そのとき対応してくれた看護婦さんたち、みなさん優しくて「落ち着くまでここに居ていいですよ」って。

術後まもなく2年。今では採血室やCTやマンモの技師さんたち、みなさんと顔見知りで病院に行くのが楽しみです。

明日は、日本から遊びに来ている友達と一緒に「奇跡のメダル教会」に行ってきます。さっきも、ぴこるるさんのパリ旅行記を読み直していました。みんなが元気になるように、いっぱい手をあわせてきます。

2012/07/06(Fri) 04:44 | URL  | ピノミホ #j4tZLsVo[ 編集]
誰よりも患者さんの気持ちに共感できるからこそ、感情のコントロールが難しいですね。

でも、ぴこるるさんが外科外来に配属されたのは、やはりぴこるるさんでなければ という意図があるのではないんでしょうか? (まさかあみだくじ・・・とか?)
2012/07/07(Sat) 00:39 | URL  | Pat #amXlFcx2[ 編集]
私も、ぴこるるさんのように同苦してくれる看護婦さんが良いです。
治療が辛くて、医療従事者の前でワッと泣きそうになった(泣いた?)事が何度かあります。
言葉をかけられるより無言で受け止めて下さっても気持ちが伝わる場面もありました。
何度も採血が採れない時、涙が出て来た時は、
(看護婦さんに涙が見えたか分かりませんが)私の血管が細いせいなのに「ごめんなさいね」と謝ってくれる看護婦さん。
そんな病院は、安心して治療に行けます。
あと主治医に「娘の同級生が亡くなった事、辛いです」と感情の不安定な感じを伝えたら「そうだよね」と同調してくれた事、すごく嬉しかったです。この先生なら大丈夫と思いました。
2012/07/07(Sat) 07:05 | URL  | ねこみか #81OYL7IA[ 編集]
ぴこるるさんの気持ち 良く分かります。

ぴこるるさんの 役割は大きいですもの。 頑張って下さいね!


2日前、看護師さんと同僚同席で 別々に主治医2人と話をしてきました。
主治医達は 結紮クリップの件で、指摘されたことがなかったようです。
若い主治医は 「5個で多いというのなら、肝臓の手術はもっと沢山入れてます! どこの病院でも、京大病院でも入れてます!クリップの説明は患者に一切しません!」という口調に唖然!

これまでの幾つかの診察でも、 説明が2転3転することが あり、 予後発言の時も! 後日、別の形で質問したら、事実だけを言ったらいいのに 「本当のことなので、嘘はいえません。」と、一言余計なことを言われたことがありました。そこが 不安が増強した原因だったので。
言うべきことは 不満も含めて 全部言いました。
しかし、「僕のポリシーですから!」「真摯に受け止めます!」の口調は 穏やかではなかった。笑顔も作り笑いでした。

結果、この先生では 患者の気持ちを汲み取る力が未熟なのだと、良く分かりました。 上の副部長の説明は 穏やかに説明され、理解できたので、すっきりしました。

ぴこるるさん、ありがとうございました。(^o^)
2012/07/07(Sat) 08:26 | URL  | カジカジ #-[ 編集]
めれんげさん
そうなの、、、。
病気は違っても、我が身の様に感じてしまうのよ。もし今この人の立場がワタシだったら、、、って考えちゃうんだぁ。自分が病気になる前はここまではここまでは涙腺緩くなかったと思うんだけど、、、
え、、、年のせいだろうって、、、(実は)そうかも。
2012/07/07(Sat) 10:12 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
みんみんぶーたさん
> ぴこるるさんのような心優しい看護師さんは素敵だと思うなあv-16でもそれではプロとしてはダメなのかしら。
ダメダメ看護師なんだよ~。いちいち泣いてちゃ、他の看護師さんの同僚に呆れられちゃうんだよ~。
これが20歳代の初々しい看護師の涙ならまだしも、46歳オバチャン看護師じゃ、
『いいかげんにしろ~、この忙しい時に~、仕事に戻れ~、感傷に浸っているんじゃな~い!』
って怒られちゃう(笑)
2012/07/07(Sat) 10:19 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ayayaさん
いやいや、優柔不断のダメダメ看護師なんだよ。
告知の後、診察の後、病状説明の後、患者さんってけっこう医師のまえでは淡々と聞いているんだよね。
みんなどこで泣いているんだろう、、この後トイレでかな、、階段の隅でかな、、、駐車場の車の中でかな、、、自宅にもどってからかな、、、とか考えるの。
だから看護師のワタシの前で泣き出したこの患者さんって、自分の感情に素直な患者さんだなぁ、、、って思ったよ。ワタシは素直じゃないから、ゼッタイ病院では泣くものか~~って人だからさ、、、。でも、つられて泣きそうになるんだよね。年かね?
2012/07/07(Sat) 10:33 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
桜猫さん
いやいやダメダメ看護師なんだよ。感情移入しすぎなんだよね。
本当に『厳しい状況におかれている患者さん』がたくさんいて、、、
いちいち一緒に泣いてたら業務がこなせないでしょ!早く面談室から出てきて、先生の診察介助についてよ~!っていう同僚看護師の声が聞こえてきます、、、、。
まあね、なんとかバランスを保ちながら勤務していきたいです。
2012/07/07(Sat) 10:39 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
naoさん
naoさんは、、、看護師さん?って思ってしまったのですが、、、。
ワタシも医師や看護師さんの前では自分のことでは泣けない人でした。
でも、、外科外来に勤務して、感情移入すること多し。
乳癌にしろ胃癌にしろ肝臓癌にしろ肺癌にしろ、、、患者さんの気持ちがすごくわかるようになってしまい、、、。
もちろん医師にとってはいちいち感情移入していたら外来診察が追い付かないって事実もあるのは充分わかっていますがね。
ワタシは患者の気持ち・看護師の気持ちのバランスをなんとか保って勤務していこうと思います~。
2012/07/07(Sat) 10:51 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
『風信子』さん
ふっふっふ、、、そんな立派な看護師ではないんですよ。
ダメダメ看護師なのです。
医師にはきっと気の利かない看護師、、、って思われていると思います。
明らかにOP室に勤務していた時よりも気が利かない。頭が回らない。
これはケモブレインのせいです、、、って医師に堂々と言ってます。
患者さんもなかなか顔と名前が一致しなくって、、、ケモブレインのせいか、、いや年のせいか、、、。
2012/07/07(Sat) 10:56 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ピノミホさん
ピノミホさんの通院している病院のスタッフはあたたかい方が多いんですね。病院に行くのが楽しみなんて、、、患者さんにそう思われるのは本望ですね。
だって今ワタシは化学療法センターに通っていますが、けして楽しみじゃないですから、、、。
う~ん、楽しみといわれるくらいの病院に、看護師になりたいですね。
それから、、話はかわって、、お誕生日おめでとうございます!
(すみません、、こちらのブログに)
素敵なパーティー、素敵なティアラです!とても似合っていますね!
いつか再びパリを訪れたいです。教会もまた必ず訪ねたい場所です~。
ソルドも興味ありますが、、、(笑)
2012/07/07(Sat) 11:14 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Iさん
ワタシなんか、ダメダメ看護師ですよ~。
ワタシも医師や看護師の前では泣けない人です。自分の病院ってこともあるからかな。
感情を吐き出す場所・愚痴を言う場所ってないよね、、、、。このブログに吐いてますが。
ワタシは自分で書く似顔絵そっくりですよ。(自画自賛)あんな感じです。(笑)
2012/07/07(Sat) 11:21 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Patさん
看護師として勤務しているのに時々『患者なワタシ』になってしまって、、、、
そのバランスを保って勤務していきたいと思います。
配置換えは本当に偶然なんです。意図はないんですよ。
採血室勤務も(注射・採血などの)腕が磨けて良かったんですが、、、
外科外来もやりがいがありますよ。
2012/07/07(Sat) 11:28 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
ねこみかさん
いい先生と巡り合えてよかったですね。フィーリングが合うってことは大事です。ずっと付き合う病気ですからね。
患者さんの中には、厳しく指導してくれる先生の方が好きって方もいますからね、、、。
ワタシはダメダメ看護師なのですが、、、、患者さんの気持ちを理解できる看護師として、バランスを保って勤務していきたいと思います。
ケモブレインで(いや加齢のせいか)、、、患者さんの名前と顔がなかなか頭に入らないのよ~困った。
2012/07/07(Sat) 11:37 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
カジカジさん
聞いてきたんですね。
すっきりしたとの事、安心しました。

それにしても、その若い方の医師は、まだまだですねぇ。
ちょっとコメント内容読んだだけで、ワタシも実はムッとしちゃいましたよ、、、。
カジカジさんは偉い!冷静に対応しているし。
2012/07/07(Sat) 11:50 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: