以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-03-12 (月) | 編集 |
乳房のシコリに気が付いて、乳腺外来や外科外来を受診すると、触診以外にマンモグラフィー(レントゲン)と乳エコー(超音波検査)を皆さん最初に受けたと思います。

超音波画像(乳エコー)を診ながら針を刺されて、シコリの中身を採取する検査『穿刺吸引細胞診』を、その日のうちに受けた方もいるでしょう。

この穿刺吸引細胞診は細い針で行われます。
シコリの中身が上手に吸い取れれば、病理検査にて細胞のクラス分類が判明します。
    (クラス分類の説明は省略します)


さらに詳しく組織を調べるのに、局所麻酔を施してから太い針を刺して検査する『針生検』があります。
ブログの中では、皆さん『太針生検』とか、『コア針生検』 『マックスコア針生検』 などと記述していますね。

F1000016 針

これは当院で実際に使用されている針です。
(医療器具メーカーによって多少デザインは変わります)。
これは『モノプティ』と呼ばれています。

よく乳癌ブログの中の記述では、
ピストルみたいな~すごく太い針で、『バチン、バチン』と音がした!
と、皆さんが書いていらっしゃるのがこれです。

実は、今日も外科外来にてこれで針生検を受けていた女性がいました。
私は、、、とてもとても複雑な気持ちでした。



最近はマンモトーム生検を行う施設も多いですね。
マンモグラフィーなどで確認しながら、自動で回転する刃により、広範囲に病変が取り切れるメリットもあるようです。
シコリとして触れないような小さな癌や、石灰化の段階の癌の診断に有効だそうな。


マンモグラフィーのメリットと、超音波のメリット双方を兼ね備えた、そして痛くない乳癌検査が早く普及して欲しいです。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ




コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは!
ぴこるるさん、いつも勉強になります!
ありがとうございます!
私も退院して1ヶ月、タキソテールとハーセプチンの点滴に行って来ました。
主治医と相談してハーセプチンを受ける事に決めました。
副作用は少しムカムカするのと下半身がもぞもぞする程度で熱も出ていないし、ご飯もしっかり食べれましたよ(^^;)

今週は子供の卒業式があるので、副作用軽く済むといいなぁ。

来週は心臓血管内科を受診するように言われたのですが…やっぱり抗がん剤で心臓に負担がかかるからなんでしょうか?
ぴこるるさんもかかっていますか?

先週は職場に顔を出して、来月から仕事復帰したい事を伝えてきました。腕はまだ全然上がらないんですけど…痛みは少しずつ良くなっています。
抗がん剤を受けながら仕事している方、たくさんいますよね!私も頑張りますよ(^-^)/
2012/03/13(Tue) 01:10 | URL  | hiromi #-[ 編集]
hiromiさん
私もハーセプチン始まる前に心臓超音波検査(心エコー)受けましたよ。
ハーセプチンの副作用に心臓機能低下がある為のようです。私は、今の所大丈夫そうです。
来月から抗ガン剤受けながらも復帰なんですね、、、お子さんの入学式とか、体調のすぐれない日に当たらないといいですね。抗ガン剤投与のスケジュールと体調と、治療と、仕事とのバランス、無理しないで、、、、職場の皆さんに甘えてくださいね。
またその後の、、、コメントまってま〜す。
2012/03/13(Tue) 06:08 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
私は細い針の方が痛かったなあ。まあ麻酔無しだから当たり前かあ。針生検は局部麻酔しているから痛くなかったもの。
麻酔があると無いのでは、大違いだね。

でもやっぱり一番痛くて怖いのは・・・歯医者さんかなあ。。。
2012/03/13(Tue) 19:16 | URL  | うめちゅう #-[ 編集]
うめちゅうさん

実はね〜、最近歯医者に行ったんですよ〜。
すごい久しぶりに〜。5年ぶりくらい(笑)
虫歯はなかったんだけれど、、、、、クリーニング(お掃除)していただきました。
その後歯がツルツルして気持ち良かったです。けっこう好き!
2012/03/15(Thu) 03:25 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: