以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2012-03-02 (金) | 編集 |
3月になりましたね。
看護師の仕事に復帰して、1か月がたちました。3Kの肉体労働?ですが、だいぶ身体もなれました。

たかが1か月間とは言えど、色々思うエピソードがありました。
今日はそれらを書き殴りたいと思います。

私の病院は『乳癌治療で有名な病院』ではありません。
でも、乳癌の患者さんはけっこういらっしゃいます。
田舎の総合病院ですので、都心まで通うのは大変とか、某医大付属病院まで通うのはちょっと、、、という理由で、近くの患者さんが多いと思います。

なのにね、、、なのにね、、、看護師さん達(同僚だけどさ)乳癌を知らなさすぎよ~~~
うわ~~ん(心の声)

エピソードその1

昨年、40歳ぐらいの看護師さんが退職した。
(私は同じ病棟にに勤務した事ないので、彼女の正確な年齢はしらないの、、、)
あとで聞いた話、乳癌が発覚したためとか、、、。『治療に専念するため』に辞めたという。
それはいいんです。
私が復帰してから、私に『その彼女の話』を教えてくれたM看護師さんが、

『彼女、浸潤性乳癌だったらしいよ、、、、』

って、まるで、すごーく悪性度の高い・たちの悪い・進行性の癌みたいな言い方するのよ。

あの~、私もその浸潤性乳癌なんですけど、、、って、言いたくなった。

そもそも、シコリに気が付いて病院受診して乳癌と診断ついたら、『浸潤性乳癌』が普通でしょう。
乳癌患者さん全体のうち、『非浸潤性乳癌』でしたっていう、早期発見のかたは、多分乳癌全体の10%~20%くらいのはず。(裏覚えだが、、、)

私にその話をしたM看護師さん、悪い人じゃない。良い看護師さんなの。私なんかより外科のベテラン。
外科病棟勤務が長い。外科外来にも所属していたし。だから乳癌患者さんもたくさん見ているはずなのに、、、、きっとよくわかっていないと思う。



エピソードその2

看護師の中には、専門施設にて6か月の研修を受けたのち試験に合格すると『認定看護師』というのになれる制度があるんですけど。
*『専門看護師』とは別です。『専門看護師』の話はまた別にします。
『認定看護師』の資格を取りたいって言う看護師さんんがけっこううちの病院は多い。

『認定看護師』って種類がたくさんあって、その中の『がん○○○療法看護』を勉強している看護師Xさん。
『がん○○○療法看護』っていったら、乳癌患者さんにも接する分野ですよ。

そのXさんが私に
『カツラをかぶる体験実習も私達したのよ、カツラって高いわよね。10万位するのよね!』
『えっ乳房全摘でも放射線治療するでしょしてない?』

とか、、、カミングアウトした私に自信満々に話すんだけど、、、だんだん引き気味になる私。

医療用カツラ値段いろいろだけど、私のは10万じゃ買えないよ~
乳房全摘なら普通は放射線治療ないはずよ~
と、、、気の弱い?私はXさんに言えませんでした。ショボーン。

がん患者になってしまうと、、、弱気になるのかな~
きっとそうだ。
うちの看護師さん達の『少ーしずれてる?知識を正したいっ』ていう、大きな志しはないけどさ、私が元気に勤務することで、誤解を解いて、少しお役に立ちたいぞ。

今日もがんばる


皆さんの応援クリック励みになります~
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


コメント:
この記事へのコメント:
私が入院した病院は、乳がんの手術だけをする乳腺科ONLYの病院でしたが、看護師さんナーンにもわかってないなぁの人、数人おられました。
「同じ病気の人のブログなんか読んでも気持ちが荒むだけ、変な知識いれないでね。」って言われてびっくりしましたもん。どんだけ救われてるか、知らないのね。
かつらの話もそうですが、もっと言葉にも、知識にも、思いやりのある人、看護師さん増えて欲しいです。ぜひ、誤解を解いてくださ~い。
…と言いつつ病気になる前の私も、知らず知らずに人を傷付けていたかもと言う反省も含みですが…。
2012/03/02(Fri) 11:59 | URL  | れんこん #-[ 編集]
現実なんだね。
専門の知識を勉強している、看護師さん達がよく判っていないのなら。

一般のには何言っても判らないはずよね。
私が「乳がんです」と言うと、しばらく黙って今にも死にそうなことをいう人がいるのよ。

ガンってみんなかかりたくないから、情報すら避けているということもあるけどね。
2012/03/02(Fri) 15:51 | URL  | shinnriko #JiNNFfoo[ 編集]
わかるわかる!
乳腺センターのある病院でも、ここまではひどくなけれど(ごめんなさい)理解していない人けっこういました。一般病院なら、特にですね。私は今異常に詳しくて、医者になれそうな気分です(笑)
2012/03/02(Fri) 18:42 | URL  | いっちゃん #-[ 編集]
看護師さんでもそうなんだから
一般の方は言わずもがなですよね。

そう思って私は最低限の人にしか
カミングアウトしていません。

上司の奥さんが乳がんだったようで
手術で1週間休みます、3週間に一度通院します、
それ以外は普通に通勤します
と言って、理解されたのは助かりました。
家族が経験者だから理解できたんでしょうね。
2012/03/02(Fri) 20:39 | URL  | Bun #xtVPAbNc[ 編集]
残念ながらそうですよね。

でも、それって看護師だけではないですよ。私の
雇用主の先生も同じ。
十数年前までは消化器外科の医師だったので、私が
乳がんになった時は理解してくれてると思ってたんですけど。
いろいろ報告したり、他の患者さんの話をしたり
して「今の治療方針を知らないんじゃ・・・」って
気づきました。
今は温存手術も多くなって放射線が当たり前なのに、
全摘の全てがリンパ郭清するわけではないのに。
私も反論できませんでした・・・。

ときどき乳房の相談にのってるのを見て心配になる時も
あります。

そして、
私も日々勉強しなくちゃって思いました。
2012/03/02(Fri) 21:09 | URL  | 夢かあさん #-[ 編集]
れんこんさん

> 「同じ病気の人のブログなんか読んでも気持ちが荒むだけ、変な知識いれないでね。」って言われてびっくりしましたもん。
え〜なにその看護師さん!びっくり!あり得ない!
私はインターネットから、ブログから、闘病記から得た知識もとても多いので、そんな事を言う看護師がいることに驚きましたよ〜。
人のフリ見て我がフリ直せ、、、、(でしたっけ?)ぎゃー私も注意しないと、、、、。
れんこんさんいいアドバイス有難う御座います!
2012/03/03(Sat) 01:08 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
shinnrikoさん
> ガンってみんなかかりたくないから、情報すら避けているということもあるけどね。
確かに、その表現はナイスです。
総合病院の看護師といえど、病気や治療の知識は「広く、浅く」がほどんどです。
まあ、私も人の事は言えませんがね、、、、。
2012/03/03(Sat) 01:12 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
いっちゃんさん
> 私は今異常に詳しくて、医者になれそうな気分です(笑)
いっちゃんさんの表現にザブトン3枚!!
私も病気になるまではお恥ずかしい位の古い知識しかなかったので、本当は同僚達の事とやかく言えないんですけどね、、、、。(苦笑)
2012/03/03(Sat) 01:21 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
Bunさん
理解ある上司でラッキーでしたね。
何だかんだとは言いつつも、私も今の職場で闘病しながら仕事を続けられる事に感謝してます。
正職員ならではの大きなメリットがあります。これがパートの看護師だったら、、、、と思うと。
待遇の差が激しいのです、パートさんと言っても旦那さんの扶養に入っているかどうかでも違いますが、、、、
2012/03/03(Sat) 01:32 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
夢かあさんさん
そんな事もあるんですねー。ちょっと驚き!
差し出がましいので、下手な事も言えないしね、歯がゆいというか。
デリケートな問題です。ちょっとプチストレスですね。
2012/03/03(Sat) 01:40 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
こんにちは。
灯台元暗しと言うか、看護師さんもあまりご存じない方もいらっしゃるんですねー

私、乳がんになってから何人かのお医者さんのブログを読んでいます。
その中の一人で30歳の外科医の先生なのですが、
「中年乳がん患者さんが苦手」とブログで愚痴っておられます。(笑)
おばちゃん患者としては、励ましてあげたいので、
ぴこるるさんやここに来られる方もお時間があれば
青年医師を励ましてあげてみてください。
↓乳がん患者に対する愚痴いっぱいの30歳外科医のブログです。(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/nach_freiburg
2012/03/04(Sun) 09:48 | URL  | 励まし隊 #-[ 編集]
はじめまして
全摘の術後、ただいまハーセプチン中です。
リンパに転移してたのです。脇の下に放射線追加したほうがいいという先生もいるそうです。私は取りあえずハーセプチン、もしかしてホルモン療法と進みます。人それぞれなのにね、勉強中っていっても、デリカシーないですね。
言葉で力になれる看護師さん素敵です。
2012/03/04(Sun) 15:37 | URL  | きよら #mQop/nM.[ 編集]
励まし隊さん
コメントありがとうございます。
私も病気になる前の知識はひどいものだったので、同僚の事多くは言えないんですけどね~
でも、外科病棟などの乳癌に関係ある部署に勤務の方には、知っていてほしいな~と。
それから
ご紹介の医師のブログ拝見しました。
私は手術室に長く勤務していたのでたくさんの外科医を見てきました。30歳の外科医なんてまだペーペーですよ~。励ます価値が見当たりませんでしたね~。
2012/03/05(Mon) 19:51 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
きよらさん

コメントありがとうございます。
私と同じ、ハーセプチン⇒ホルモン療法組なんですね!先は長いけどがんばりましょうね~。
そうなんですよ。彼女の話し方がちょっとデリカシーなかったんです。その通り!
もっと違う言い方だったらカチンとこなかったんですよね、きっと。
『人のフリ見て我がフリなおせ』?だったかな?自分も勉強になりました。
2012/03/05(Mon) 19:58 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
質問です
はじめまして、手術してちょうど一月の 新参者です。あれこれblogを拝見していて、貴女様のblogに出逢いナースの方の知識と、色々な(旅行の事や、医者の裏話)(^o^)!勉強になります(^-^)v
ちょっと引っかかるけど…病院で聞かないまんまだったこと、質問させてください。
毎年マンモとエコーの乳ガン健診しっかり受けていました。今年は精密検査になり、悪性とわかり温存手術しました。グレードも、低いし顔付きも悪い癌ではなかったので、ホルモン治療と、放射線治療します、で質問は、私は早期発見だったはずなのにサイズも八ミリ、×八ミリ×六ミリ、でも浸潤性だったのです、去年の健診で発見できていれば非浸潤性だったのだろうか?ってふと気になって…今さらの話しですけど…。すみません何しろ早期発見だと手術したら楽勝!ってくらいしか思っていなくて、手術するにあたってあれこれ調べて、ああ…乳ガンってやっぱり大変なんだ!!と…それで病理の結果わかるまでは、進行性癌では?…って心配しました。毎年マンモエコーしていても見つけられないものなのでしょうか?私の通っている病院はかなり乳ガンではなの知れた病院です。赤ちゃん癌で見つけてもらえなかったのは、あれ?毎年検査していたのに?って疑問に思った次第。
2012/08/20(Mon) 01:00 | URL  | ろーず #OCAgjJT.[ 編集]
ローズさん
コメントありがとうございます。
私も、同じことを何度も何度も考えたことがあります。今でも考えます。
私は2011年6月にシコリに気付き受診したのですが、2010年11月に人間ドックでマンモを受けていたのです。
11月のマンモには本当に写っていなかったのだろうか、見落としされたのではないか、、、、と。
7ヶ月で(こんな結構大きい)シコリが出来てしまうものだろうかと。
残念ながら出来ます。
最近経験した2事例、シコリの大きさ1センチ弱でも、術中センチネルリンパ節生検で、(+)でした。転移しているということです。その方は腋窩リンパ節郭清も余儀なくされています。
シコリをすぐ作るタイプの癌なのか、、、
乳管にそって(乳管にそって育つが、乳管は破らない)癌があるのですよ。
後者は気の根っこのように拡がるタイプかの違いでは、、、と思います。
気の根っこのように拡がる癌だと、温存手術できないことも。
シコリが硬癌だと1センチ弱でも発見されやすいです。温存手術しやすいです。しかし、大きさ1センチなくてもセンチネルに転移していることがあります。小さくても癌が出来てから数年経過しているということです。
乳癌は発見されるまでに10年ぐらいもう育っている、、、、という話もききますが、理屈に合います。
ちなみに私の主シコリは2センチ近くあったし、娘細胞も隣にあった、繋がっているタイプでしたが、センチネルは(−)でした。シコリの年数が経っていない、、、という事なのだろうと思われます。
ローズさんは腋窩リンパ節に転移はなかったのでしょうね。小さくとも非浸潤でなかったのは残念でしたが、それでも早期発見なほうですよ。(うらやましいくらいです)
シコリが何ミリまで育ったらレントゲンにうつるか、ちょうどそのタイミングで検診を受けられたか?だと思います。
参考になれば幸いです。

2012/08/20(Mon) 05:39 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
お返事ありがとうございます
早速疑問にお答え頂きありがとうございます
そうなんですね。見落とされた?って、ぴこるる様も同じように考えてしまう、もうなんかわかってもらえて、嬉しいです。

最初のほうで書いていらした自分が癌だと何処まで告白するか…って考え私も凄く頷いて涙を流しました。

入院を知った友人から心配してメールきたとき、退院したら全部話そうって考えていたけど、『明日退院?退院ってことは完治だよね♪』ってメール返信みて、あー、心配性の彼女に話したら引かれるかなぁ。…

ただのかわいそうな人って同情は嫌だなとか、色んな事考えてしまいました。

貴女のblogで笑わせてもらったり、そうなのよ!って考えきけたり、とってもとっても励みになっております。

初めてコメントも書いてみて、お返事まで頂き今日は本当にうれしいです。


これからもよろしくお願いいたします!

2012/08/20(Mon) 10:55 | URL  | ろーず #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: