以前はドSな手術室ナース。今はM気味な外来ナース。しかし家に帰るとにゃんず3匹を溺愛する、妄想好きのオタクな女の古(←こ)なのよ〜。2011年からの乳癌治療の話もちょっとだけね。
2011-12-20 (火) | 編集 |
手術室勤務が長くなると、一般病棟では看護師として使い物にならなくなるという事があります。
手術室看護師は、一般病棟とはまったく異なる業務をしているからです。

私は手術室にばかり偏った看護師にはなりたくない、、、と思っていたので、一般病棟の勤務もしていました。
ケアマネージャーの資格も取っていたので、老人病棟とかの勤務もしました。

私が配属されていた一般病棟は、夜勤は3人~4人の看護師で行うのですが、夜1時位から5時位の間に、交替で仮眠をとっていました。
しかし、ペアの看護師が問題です。
仮眠をとる場所はいくつか選択肢があって、ドクターのカンファレンス室(ソファーがある)とか、今は使われていない一番奥の○号室(ベッド置き場になっている)とか、独りで休憩できる(横になれる)好みの場所を選ぶのだが、

『●●さん、どこの部屋で休みますか~、どうぞ先に選んで下さい』
などと、手伝いにきた看護師の私が先住看護師に声をかけると、
『私は○号室は遠慮するわ、、、、あそこにはいるから(見えるから)、、、』
などと、不気味なことを教えてくれる看護師が居る。

看護師さんの中には霊感が強い方がいて、どなたかが『見える』らしいのだ。

そんなあそこの部屋には◯◯が見える、、、とか言われてすぐ、そのいわくありげな部屋に入ってひとり休憩する勇気もなく、、、、そうこうしているうちに私の夜の休憩時間はなくなるのであった。

私は、見えない看護師でよかった  よかった。


見えない看護師で良かったと言えば、20年ほど昔の話。
今は薬剤師も、臨床検査技師も当直(夜勤)が居るので安心だが、臨床検査技師の夜勤者がいなかった時代。

夜間に緊急の、クモ膜下出血の患者さんの手術をしていた時。
私は間接介助(外回り看護師)をしていた。
麻酔科の医師が患者さんの出血量を知りたがった。しかし、脳外科の手術は大量の生理食塩水を使用してしまうので、正確な出血量は算定しずらいのだ。
そこで目安にするのは、採血結果・貧血の度合い(血色素量)である。
この値で(手術で出血してて)すぐ輸血が必要か判断するのだ。

ちょうどその日は、夕方手術室内の血液分析の器械が故障してしまったのだ。
当時はあとは2Fにしかなかった。誰かが手術室のフロアーを離れて、2Fの検査室まで行って血液検査の分析器械まで行ってこなければならない。
脳外科医師2人で手術しており、麻酔科医1人ももちろん離れられなかった。
直接介助看護師も離れられるはずないので、私が行くしかなかった。

夜中の2時すぎ、まず警備員からマスターキーを借りて非常灯しか明りのない中、2Fまで行って、真っ暗な検査室のカギを開け、分析器械を1人で立ち上げて採血スピッツをセットして、、、、分析器械が動き出すのをじっとまって、、、、もくもくと作業。

しーーーんとした夜中。
聞こえてくるのはジーコロ、ジーコロという器械の音だけ。(アナログ時代の音ね)

やっと出た結果をプリンターで印刷し、そそくさと手術室の棟にもどりました、、、。

脳外科医師・麻酔科医師にありがとう~と感謝され、、、、ほんとに私はなんでもやる(させられる?)看護師です。
これは、私は暗闇が怖くない人だからいいけど、他の看護師だったら絶対やらないような行動です。
間接介助が留守にする手術なんてありえないんですよ~。  (途中で何かあったら大変

今の病院体制は、検査技師も薬剤師も夜勤がいるので、こんな思いしないで済むので安心です。


本当にいい時代になりました。(おいおい、ばーさん看護師のセリフだね、、、、)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


コメント:
この記事へのコメント:
私も見えません(笑)
ぴこるるさん、私も病院に勤務しています。
ナースではなく介護の仕事ですけど…。
寝たきりの患者さんが8割の小さな病院ですが、もちろん夜勤もありまして、夜勤は夕方4時半から朝の9時まで仮眠なし、各詰所ナース1名 介護1名で朝まで2人で40人の患者さんを受け持ちます(>_<)
詰所は3つあるので、夜勤者は全部で6人です。介護の仕事は夜中の12時と朝の5時に患者さんのオムツ交換と体交をするのが主ですが…その他にも夜と朝の食事の介助や雑用が山のようにありまして…とっても大変です(+_+)

やっぱり病院ですから…出るんです!というか出るらしいです(?_?)
夜中にゴミを出しに外来の横を通るんですけど…見える人は何回も外来の待合室で見ているようです(@_@)

私は見えなくて本当に良かったと思いますが…でも怖いです(-_-;)

もう仕事、ずっと休んでますが…介護の仕事はけっこう好きなので早く復帰したいです(*^^*)

自分の事ばかりでごめんなさいm(__)m
2011/12/20(Tue) 11:40 | URL  | hiromi #iU4puUNs[ 編集]
hiromiさん
そうですか~、仕事の苦労わかります~!!
老人病棟?も経験しましたから!
看護というより介護がメインです。おむつ交換・食事介助・陰ケア・口腔ケア・リハビリと、忙しいんですよね~エンドレスだし。
やっぱりどこの病院でも『見える看護師さん』がいて『出るらしい場所』あるんですね。
hiromiさん、正職員ですか~。絶対辞めない方がいいですよ。(泣き落とししても、、、、)
癌患者になっちゃうとなかなか再就職大変みたいです。
手術は来年?かな。がんばろうね~~。
2011/12/20(Tue) 17:52 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
出張のホテルでも・・・
見える人は大変だよね(私も見えません)
日本に居た頃、出張(みたいなもの)先でもホテルでも出ていました(らしい?)同僚で見える子は色々言っていました。私は見えないから関係ないけど。
1回だけ怖いなと思った事は、誰も動かしていない物が動いていた時だけです(気のせいかもしれないしね。)
ぴこるるさんも見えなくて良かったね。病院には沢山いそうです。
あっ、昔、私の姉にはそう言えば霊感があったなあ。父が何年か他の街の病院に勤めた時、家族で病院の裏にある宿舎に何年か住んだ事があるんだけれど、その時はお風呂場の窓から手が出ているとか色々言っていましたねえ、そういえば。私は一回もないからもう怖くなくなっちゃったけど。だってそういう方(?)がいらしても、この年まで見た事が無いなら一生みれないと思うもの。
見える方で看護婦さんというのは大変そうだね〜。
2011/12/20(Tue) 18:31 | URL  | うめちゅう #-[ 編集]
うめちゅうさん
うめちゅうさんも見えない人でしたか、、、良かった。ホッ。
お姉さんは見える人だったんですね。
病院の官舎に住んでいたんでは、怖い思いしましたね。

私はけっこうそういうの疑り深いので、見えると言い出す看護師さんって、どうなのよっ!と、、、
思っちゃうのよね〜。
2011/12/21(Wed) 17:09 | URL  | ぴこるる #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: