FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2016-11-06 (日) | 編集 |
毎年、この時期のワタシの恒例
人間ドックを受けてきました。

何度かこのBlogにも書いてきましたが、
自分の勤務病院でなく、自宅から近いM病院の人間ドックです。

M病院の人間ドックでは、
胃カメラ検査か胃透視かを選択するのですが
もちろんワタシは胃カメラ派。

胃透視検査(バリウム)では早期発見は無理と考えているからです。

ワタシの働く内科外来でも、たまに患者さんから
「ここの病院では鼻からの胃カメラしていませんか?」とか
「麻酔をしてもらって眠っている間に胃カメラ出来ませんか」
など聞かれるのですが、
ワタシは毎年、M病院の
口からの胃カメラ(昔からの方法)を頑張って受けてます。

胃カメラ検査を受ける前に
まず最初に「バルギン消泡液」という白いシロップの泡消しを
飲まされると思います。マズイよ〜

次に「キシロカインビスカス」という麻酔ゼリーを3分間口に含ませられ、
肩には「ブスコパン」の筋肉注射を受けます。

ワタシの勤務する病院では、
胃カメラ前のこのブスコパン筋肉注射はもうしていないのですが
人間ドックを受けているM病院では、まだやっています。

肩への筋肉注射はとても痛いので、
胃カメラよりも、筋肉注射の方が大嫌いなワタシ。

担当の看護師さんに「臀注にして下さい〜」とお願いして
別室にて「お尻」に注射してもらった事もあります。
中臀筋に打ったほうが痛くないんですよ。→ ゼイ肉が多いからよッ

ツワモノなワタシは、過去に
自分で、自分の尻に注射したもあります ⇦ ある意味で器用だから(笑)

人間ドックの最後は、婦人科検診。
去年は女医さんだったのに、
今年は男性の医師でした。 ハァ〜 ガッカリ

緊急手術が入ってしまい、
急遽代わりの男性医師に今日はなってしまったんだとの事。

オバちゃんになっても、 婦人科検診は女医さんが良いですねぇ。

人間ドック後のお楽しみと言ったら
お昼ご飯のお弁当じゃないでしょうか。 → えっ、ワタシだけ❓

2016110517000629d.jpg

人間ドックが終わった後に出されたお弁当、、、、今回はシンプルです。


あぁ、、、肉が食べたい。



その日
人間ドックが無事に終わったご褒美にと
帰り道ケーキ屋さんに寄ったのは言うまでもありません。





スポンサーサイト