FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2016-05-22 (日) | 編集 |
今日のBlogは暗ーい内容があります。
暗い内容の話が苦手な方はスルーしてくださいね。











高校時代の同級生たちと待ち合わせして
亡くなったS子のお墓まいりに行ってきました。

毎年
S子の亡くなったこの5月に行く事に決めているのです。
このBlogにも同じ様な内容を何度か書いてきています。


テニス部の友人S子は
突然のクモ膜下出血により45歳で亡くなりました。

2011年の当時
5月にS子が亡くなって、7月に乳癌が確定したワタシ
(あの世へのお迎えの)1番はS子で、2番目はワタシか、、、
当時その思いが頭にチラつきました。





墓地に行く途中でお花を購入し、お水を準備し、
S子の婚家には寄らずにお墓に直行しました。
(彼女の嫁ぎ先はお姑さんと同居だったので、S子の亡くなった今では、なかなか行きづらいものがあったのです。)

「S子、今年も皆んなで会いに来たよ」
そう声をかけながら、目的のお墓に到着です。



そうして
皆んなでお線香やお花などの準備をしている最中に、
ワタシはある事に気付きました。

傍らの墓誌に、新たな名前が彫られている?

そしてその名前には見覚えがありました。
間違いありません、友人S子の旦那サマの名前でした。
享年5⚫️歳、、、、

そんな?

信じられない。
亡くなってたなんて。 (昨年は名前彫られてなかったハズ)

S子が45歳で亡くなってまだ5年。
旦那さまは5⚫️歳なはず。


お子さん達だってまだ、、、、



しかし墓誌に彫ってあるんだから
間違いはないはず。

不慮の事故だろうか?
それとも病気だったのだろうか?


お墓参りとは言え、
(5年も経つと)ワイワイと賑やかな雰囲気で来ていたのに
皆んなで一気にドーンと暗い気持ちになりました。

夫婦で45歳と5⚫️歳で亡くなってしまうなんて。
残されたお子さん達、、、
どんなに悲しく心細い思いをしておられるだろう。

そんなお子さん達を
S子夫婦は
空の上からどんな気持ちで見ているのか、、、、。





後で聞いた話では
旦那さまは事故では無く「突然死」だったとお聞きしました。
心臓でしょうか、、、
過労もあったのかも、、、



皆んなと別れ、
S子夫婦のお墓まいりから帰って来て
思いを新たにした事。




生きている今を大事にしよう。

今 置かれている場所で
自分なりの人生、頑張って行きなければね。



S子、旦那サマ
これからも皆んなで毎年お墓まいりに行くからね。
ずっとずっと、、、、忘れないからね。










スポンサーサイト