FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2015-08-03 (月) | 編集 |
ブログ村で、同病のブロガーさんの訃報を目にすることがある。


ワタシのBlogにコメントを頂いた事があるブロガーさんが
亡くなられたと知った時などは
ワタシは家で、 無口になったりしてた。


そして、
昨年のbambi*さんの出版パーティー参加のために
京都駅で待ち合わせし、沢山お話した
若いaさんが、先月亡くなられたのを知った。

ワタシが乳癌になったばかりの頃
まだBlogを始めたばかりの頃
aさんのブログ、よく読ませて頂いておりました。

彼女のブログにUPされてたウィッグの写真、目に焼き付いています。
他の若いブロガーさん同士でオフ会したという記事も覚えています。
誰が亡くなってももちろん悲しいのですが、
特に、自分よりずっと歳下の、
若い方が亡くなるのはさらに複雑な気持ちです。

彼女のご冥福をお祈りします。





そして8月
ブロガーのyさんが亡くなった事を知りました。

yさんとも何回かお会いしたのですが、
大阪での乳癌学会最終日にお会いしたのが最後になりました。
あの日彼女はグレーのロングスカートに
ワタシが差し上げたグレーのケアキャップをかぶっては「ちょうど同じ色で合っているでしょう、ありがとう。」と微笑えんでセミナーに参加されていました。

いつも勉強熱心なyさんは、そのセミナーもひとり前の席に座ってメモを取りながら聞いていました。

大阪の乳癌学会だけでなく、浜松での学会の時も、その他シンポジウムの時も、
「こういうセミナーは、砂かぶり席で聞くものよ!」と最前列の席を表現し、笑いながら誘う人でした。



彼女の腕が浮腫むようになった時には
ワタシが持っていたリンパマッサージの本とDVDを贈りました。
yさんが2度目の脱毛をされた時は、ワタシの使用回数の少なかったニットキャップやケアキャップを譲ったりしました。

その後、
ワタシは看護師だけど無力で。
何か良いアドバイスをしてあげる事も出来ず。


ただ、彼女のブログをクリックして、応援する位しかしてあげられず。


そして、、、、、






でも今は、
もう痛みのない世界で
彼女の幼い頃に乳癌で亡くなられたというお母様と、お父様と、
3人で再会されているのだろうと、
きっと積もり積もったお話をされているのだろうと、想像します。


忘れません。
yさん。

ご冥福をお祈りします。





スポンサーサイト