FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2015-07-14 (火) | 編集 |
6月に乳腺外科を受診した時、担当医 (X先生) から
タモキシフェン内服 ⇒ アロマターゼ阻害剤内服へ そろそろスイッチするよう、勧められていた。6月11日のブログ参照

AI剤(アロマターゼ阻害剤)の副作用である、骨粗鬆症や関節痛がとても気になるワタシは、
内心なかなか納得できず、X先生に何と理由をつけて(AI剤への切り替えを)断ろうか、ずっと考えていた。


そんな中、先日の乳癌学会にて元主治医2人(♂・♀)と再会。

さらに腫瘍内科医との4人で食事した際、酒の席で真面目に?相談してみた。
ビール飲みながらのセカンドオピニオンかも。


ワタシ『X先生が~、ワタシにAI剤にスイッチしろって言うんですけど。腫瘍径も決して小さいほうじゃないし、グレードも、ki-67も高いからって。ワタシはすでに関節痛が強いからAI剤じゃなくてTAM(タモキシフェン)のままでいいんですって言ったんですけど。それにE2(エストラジオール)は低値だけど、FSHがまだ充分上がっていないからって説明したのに、E2が下がっていれば大丈夫だって言うんですけど。それって先生はどう思います?』

元主治医♂・♀『そういえばぴこさん、FSHはまだ中途半端な値だったよね?今も?』
ワタシ    『はい、今も同じような値です』

元主治医♂・♀『AI剤にスイッチするのはまだ止めた方がいいね~』
ワタシ    『そうですか?』

元主治医♂・♀『完全に閉経を確認してからの方がいいから~』
ワタシ    『ですよねぇ★』




同じ乳腺外科医でも、やはり先生によって考え方が少し違うー。

次の診察の時、その時は
もう少し様子を見たいのでと言おうと決心した。

きっとX先生からは、「メンドクセ〜患者」と思われるだろうが。(苦笑)



この選択は本当に正しいのか、
結局間違っていたのか、その答えは、、、、、永遠にわからない。


人生も同じ。選択肢がある時、
自分にはどちらがいいのかみんな悩む。
どの医師の意見が一番自分の欲しい答えと近いのか?
この選択は正しいのか?どの選択が自分の身体に合っているのか?
そんなことで患者は悩む。
この病気になったら、ずっとずっと、一生悩むんだろうな。


でも自分で考えて選んだら、もう後ろは振り向かない。 なるべく(笑)







スポンサーサイト