FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2014-12-25 (木) | 編集 |
うちの病院の
外来受付終了は11:30なのだが、
受付時間終了間際に来院した患者さんがいた。

その患者さんは某耳鼻科医院からの紹介状を手にしていたが
その宛名は(何故か)外科宛てだった。

某耳鼻科医院でしばらく経過をみていたものの
手に負えなくなったので紹介状を持たせたらしい。

もともと経過を見ていたのは『耳鼻科医院』だし、
2行しか書いていない紹介状の内容も耳鼻科対応と思われる内容だった。

窓口クラークさんがワタシに
『ぴこさん、このまま外科で受けちゃっていいですか?』
『いやいや、紹介状の内容が、どう考えても耳鼻科デショ』


すぐ耳鼻科外来に電話し、
今から、ひとり患者さん診察してもらえるか?相談すると、
(その時点ですでに11:30をとうに過ぎていた)
今日は手術日なので、耳鼻科外来の受付はもう終了した、
緊急な具合でなければ、診察依頼は後日にして欲しいと、電話でやんわり断られた。


うーーん、、、、

困った。


せっかくいらしたこの患者さんに何て説明しよう?
今日は手術日なので外来は終了で『明日また出直してきて』って申し訳ないけど頼もうか。
それともうちの外科医に(とりあえず)診察してもらおうか。



とにかく
その患者さんの患部をちょっと見せてもらおう。
そして、どう対処すべきか?
どうトリアージすべきか?
一番どうするのがベストなのか、それから考えよう。
そんな事を思いながらその患者さんを個室に呼び入れた。


個室に入ってきてもらい、二人きりになって
問題の患部を見せてもらって、驚いた。


ナニコレ??


ワタシも緊急手術たくさん見てきたけど、
救急にも勤務したけど、こんな症状見たことない。
(スミマセン、個人情報なので詳細は省きます)

患者さんはパッと見は元気そう。
一人で病院にも来れるし。
でも、さすがに、、、、コレって


『ワタシと一緒にこれから耳鼻科の外来に行ってもらっていいですか。耳鼻科に行って先ず診てもらいます。緊急事態かどうか、、、、耳鼻科の担当者に一緒に判断してもらいます』


その患者さんと連れだって耳鼻科外来に向かった。

耳鼻科の外来では患者さんはもういらっしゃらない様だったが、
ナース2名とクラーク1名、医長のT先生がまだ残っていた。


知り合いだった耳鼻科ナースのひとりに
『直接、見てもらって判断してもらいたい患者さんなの。緊急かどうか』

そう話すと、耳鼻科医長のT先生が奥から、
『どれ診せて』
(耳鼻科医長のT先生とは、ずっと手術室で一緒に勤務してた。)

『コレは、、、、!!!』



それからが耳鼻科大変でした。
その患者さんは集中治療室入院、全身麻酔の緊急手術となったのです。






判断、間違わなかった。
良かった、、、、正しいトリアージだった。

ホッとした〜。
(良かった、、、帰さなくって)





何年看護師をしてても、
何歳になっても、
オバちゃんになっても、(笑)
こんな風にずーっと『勉強』は続く、、、、。


いや、
勉強というよりも『修行』と表現した方が近いか。


これからも
自分の置かれた状況で頑張ろ。







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト