FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2014-12-07 (日) | 編集 |
2014120716561235e.jpg

昨日、12月6日の土曜日は、
看護師の友人と一緒に
日本乳癌学会 関東地方会に参加してきました。

乳腺外科の先生方の、
学会発表はもちろんですが、

看護師向けのセミナーもなかなか充実してました。

昨日の看護セミナーの内容は、

『局所進行乳がん患者の看護支援』


患者さんのプライバシーに関わってきてしまうので
詳しくはBlogに書かないようにしているのですが、

実は、
病院にいらした時点で
既に成長した乳癌が皮膚から飛び出していたり、
乳癌のシコリが自壊し乳房に皮膚潰瘍を形成していたりと、
進行した状態で受診する患者さんは、
結構いらっしゃいます。

病院に来れなかった理由は人それぞれで、
仕事が忙しかった、
子育てまたは介護が忙しかった、
病院が嫌いだから、
病院はお金がかかるから、
癌と言われるのが怖かったから、
反対に、乳癌だとは思っていなかったから、、、、

などなど。

大きく育ててしまった乳癌は、
乳房の皮膚を突き破り、やがてはシコリから出血し
浸出液が染み出てきたり、
感染をおこして悪臭を放ったり
痛みも伴ってきます。


自分では、
もうどうしようもない状態になってから、
初めて病院にいらっしゃるかたも。

そんな患者さんへの声かけや対応
自壊創のケアについて、、、、
今まで自分が行ってきた看護ケアが間違っていないことを
再確認も出来ました。




一緒に学会
付き合ってくれた同級生Kありがとね。










にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

[続きを読む...]
スポンサーサイト