FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2014-10-18 (土) | 編集 |
がん看護カンファレンスに参加してきました。


今回のテーマは
『乳がん患者の就労に関する実態と支援』
他の病院の看護師さんの『看護研究発表』を聞くのです。
(最後に質問も出来ます。)


このテーマには自分がサバイバーとして関心があり
他の専門病院での就労支援についての取り組みに
とても興味がありました。





でも、、、、終わってみて
はっきり言ってしまうと

自分が期待したほどの情報は得られませんでした。




よく聞かれる(言われてる)

『乳癌と診断されたからと言って、
ショックで慌てて仕事を辞めないよう』

患者さんに助言する。


やはり、その一言に尽きてました。



これは外来看護師なら、もう実践してるはず。




そして発表された
『就労に関する乳癌患者さんのアンケート』の対象も、
初発乳がん手術を受けた患者さん限定だった。


確かに初発の時は、
職場復帰に向けて、職場の人へのカミングアウトはどうしようとか、
術後の復帰の時期はどのくらい休んだらOKか?とか、
何もかも始めてで不安です。
(ワタシもまぁそうだったし。)


でもこのブログ村のサバイバーさん達の悩みを読むとわかるのですが、
再発乳がん患者さんの、就労の悩みは、
とても切実である事が理解できます。



特に
自分自身で治療費を工面しなければならない場合。



エンドレスの治療を受ける覚悟。
生活費+(高額な)治療費を賄わなくてはならない覚悟。
その不安。
仕事と通院に要する時間や体力のバランス。


どんな就労支援策があるのだろうかと知りたかったが、
結局、
『初発の乳がん患者』対象の話だったのよね。


やはり
病気を経験した事がない看護師の発表なんだよね。
サバイバーの、本当に必要な就労支援にはまだまだ不足感。

そんな印象の発表でした。



なかなか難しいよね。





201410180953526ed.jpg


2014101809535484a.jpg




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト