FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2014-08-17 (日) | 編集 |
ピンクリボンアドバイザー認定試験を受けた方は、
ほとんどの方はこの公式テキストを
1回は読んだのではないかと思う。

20140817222500ac7.jpg


この公式テキストでは、35ページに書いてありますが

乳がん検診受診率は31.4%

これ、覚えたのでは。



じつは、この31.4%という数字は
厚生労働省の「平成22年度国民生活基礎調査における
がん検診受診状況」からの数字です。

この31.4%という検診率を
高い!と感じるか、
低い!と感じるか、
その人それぞれでしょうかね。

ちなみにこの31.4%とは、
40歳以上の日本女性が、
この2年間に乳がん検診を受けたかどうかの数字です。
検診のモダリティは不問で、調査対象者の主観的な回答になります。

この国民生活基礎調査は3年に1回行われており、
先月、平成25年度の(最新版)国民生活基礎調査結果が発表されています。

それによると、平成25年(昨年)の
乳がん検診の検診率は、43.4%

本当は、国の掲げる目標は受診率50%なんですが、
それでも、だいぶ伸びましたよね。

ちなみに平成22年度の検診率についても今回修正があり
計算し直されて、31.4%でなく39.1%に改正されたのですヨ!
ご存知でしたか?




43.4%かぁ〜

まだ乳がん検診を受けたことがないっていう人達に
もっと検診を受けてほしいです。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト