FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2014-06-20 (金) | 編集 |
先日、師長から
「ぴこさん、緩和ケアの担当になってみない?」
と、声をかけられた。

うちの病院には、
がん性疼痛認定看護師だか、緩和ケア認定看護師どちらか、、、、
どちらか忘れちゃった(笑)
資格を持っている⚪︎⚪︎看護師がいて
その方をリーダーにして、
緩和ケアを実践して行くやる気のあるメンバーを、
各病棟や外来スタッフから、作るんだそう。
(ワーキンググループのような、委員会のような、、、ね)


ワタシ、即答しました。
「やりません」

「⚪︎⚪︎さんが緩和ケアは勉強教えてくれるそうよ。やってみない?」

「すみません。興味がありません。ホスピスやPCUの勤務経験もありませんし。」



師長がワタシに声をかけたのは、ワタシがサバイバーだから?
ただ、おばちゃん看護師だから?



なんだろう?
「緩和ケア」はしたくない。

自分の事じゃないのに、自分の緩和を、自分の最後を意識してしまう。
緩和とか、末期とか、
「死」を彷彿させるワードに、どうも拒絶反応が出てしまう。

「死」はいつの日か誰にも平等に訪れるし、
痛みのない終末期の方が、もちろん良いに決まってる。

でも今の自分に
終末期ケアが出来る自信がない。
「緩和ケア」という言葉も、終末期だけでなくて
今は広い意味を持つのだけれど。


自分の健康に自信を持っている看護師だったら、
何の迷いもなく学んだろうか。

どうも自分には、

今は、、、無理そう。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト