FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2014-05-27 (火) | 編集 |
ずいぶん昔の話ですが、
ワタシには、忘れられないヘアー話があるのですよ。

友人看護師K子の夫は消防士(救命救急士)で
酒の席にて、こんなことをつぶやいたのです。


以前、交通事故現場で女性を救急搬送した際、
足を受傷しているため、どうしても
彼女のジーンズ(スラックスだったかな?)
を脱がさなければならなかったと。

そしてなんとか脱がしたはいいが、、、、


彼女の下着(ショーツ)からはアンダーヘアーが
もっさりとコンニチハしていて、
目のやり場に一瞬困ってしまったというのだ。

それがキレイな女性だっただけに、
ショーツからはみ出たVラインのオケケ放置状態に、
心密かに彼はショックを受けた、、、、、という。






しかーしだ。



それを聞かされたワタシの方が
実はプチショックを受けてしまったのよ。


ううう、、、、
♂の本音はそうなのね。



緊急事態に備えて、女子たるもの
Vラインのお手入れを油断してはならないのかぁ〜
(女の古はつらいよ)



確かに自分が、事件・事故・体調不良などで
緊急で救急車に乗る羽目になった時、
今日は何色の下着をはいてたかな?
くたびれてなかったかな?
ヘアーはどうよ?

そこまで考えなくてはならないのかーー?
うーん、それどころじゃないし。


ふ、、、、やはり普段の行いなのね。




ちなみに
抗癌剤でアンダーヘアーも脱毛してから
現在ムダ毛と共にへアー復活したけれど、
タモキシフェン(抗女性ホルモン薬)内服中の為なのか
毛量少なく、
お手入れをしなくても
普通にショーツに収納できる状態。


もうV ラインを気にかけなくてもOK。
剃る必要はナシ、ナシ。

これタモキシフェンの効能?
それともただの加齢?




これでいつ何処で急に倒れても
救急車に載せられても大丈夫さっ多分。




そういえば、
以前どなたかのBlogにも書いてあったけれど、
ワタシも『モーゼの十戒』ですが(笑)


なんでだろ。



__ (2)
なるべくお世話にはなりたくないなぁ。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ