FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2014-03-13 (木) | 編集 |
1月にPET−CT検査を受けて、とりあえず再発、転移が見つからなかったら、
いまだ胸に残るCVポートを抜去しようと考えていました。



以前のBlogにUPした、ポート部分の写真。

DSC04935  十円


月曜日のワタシの勤務中、
先生に外来で、チョチョッと局所麻酔して切開し、抜いてもらった。


201403112215176be.jpg
(んまぁ〜ぴこるるさん、丸々とお太りになって、、、)

カメラが違う為か、写真ウツリの肌の色が別人のように違っているけど
どちらも間違いなくワタシです。



少し内出血してます。


髪も伸びましたが、
お肉もだいぶつきました。







抜いたポートを貰ってきました。


先生『、、、、持ち帰ってどうするの?』
ぴこ『屋根の上に放り投げるの 』←冗談です。


『相変わらずぴこさんは変人ね、、、、』
言葉にはせずとも、先生はそう思った事に違いない(苦笑)

20140311222907720.jpg

2年6ヶ月の間、お世話になったポート。
ワタシにとって、
CVポートを入れて抗癌剤治療を受けよう、、、
そういうあの時の自分の選択に間違いはなかった。

化学療法センターの看護師にも、患者としてのワタシにも、
お互いのストレスが少なくて済んだ選択だった。
それに両腕の血管が無事なのは、ポートのおかげ。



前の写真は10円玉と比較しているけど、
今回は100円玉と比較してみた。
ワタシのポート(セプタム)はかなり小さいです。



ウチの病院では初発乳癌患者にはCVポートは入れません。
(健側のマンモグラフィが撮れなくなるため。)


ポートを入れていた患者さんが亡くなった時、
体内のCVポートは抜去します。
火葬の後に、ご遺族が出てきたポートを見て驚かれないようにです。

『生きている人からポートを抜去したのはぴこさんが初めて』
帰り際に先生が言う。
『えっ、亡くなった後からしか、今まで抜いた事ないの?』


『じゃぁワタシ、先生にとって生きてる第1号ね』




第1号かぁ、、、、レジェンド目指しガンバル。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト