FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2014-01-11 (土) | 編集 |
今週の5日間は、ひどく長く感じました。

高校3年の娘が久しぶりに喘息の発作を起こしてしまい、
来週はセンター試験って、この時期に!
しばらく大きい発作は起こしていなかったのに!
いつものアドエアの吸入だけでは回復せず、
もう深夜だったので救急病院につれて行くのもねぇと、
幼い頃使用した喘息発作用の吸入器を納戸から引っ張り出した。

当時のインタールやメプチンの吸入液は残っていたんだけど、
薬の使用期限はもちろん切れていて、
『こんな古いの使って大丈夫か?』とワタシは自問自答しつつ
それでも娘に吸入をさせてみる。

娘もやはり苦しいらしく、藁にもすがるおもいで吸入。


思えばこの吸入器には、本当にお世話になった。

娘が2歳ぐらいの時から、
『さぁモクモクしようね〜』
気管支喘息を起こす度によく吸入をさせてた。

(当時けっこう高かったけど)この吸入器を買ってあったからこそ、
夜間救急にはかからなくて済んだんだよなぁ。



しかし、
娘の調子はあまり回復せず、結局翌日の朝近医に連れて行った。
娘の診察が終わって娘を高校に無事送り届けてから、ワタシも遅れて出勤。

今週は、毎日残業、、、、、、
来院患者数がすごいことになってる。新記録更新


そんな毎日バタバタな中、
自分のPETーCT検査が。

PETーCT室のナースが、
『ぴこさん、そういえば朝、出勤してたよなぁと思って、今日お休みもらわなかったの?』

うちの病院では
持病で定期通院する場合などは療休(有給)が認められているんです。
他院にかかっている同僚は、堂々と外来勤務をみな休みます。
でもワタシは休みません。(スタッフ少なくて外科外来は休み辛い)

『ぴこさん、今日のPETーCT、単純ですね。』
『うそ〜〜、CT造影なし?』と驚くワタシ。
『先生の指示は、今回は造影無しの、単純で入ってます』ナースと放射線科技師。
『ギャー、造影して頂戴。せっかく受けるんだから!』

技師さんが主治医に確認をして、(主治医のミス?)無事造影ありのPETーCTとなりました。
『あ、、ワタシ造影剤のイオメロンはダメだから。アレルギーがでたことあるの。イオメロン以外でよろしく。

メロンは好きだけど、造影剤イオメロンは嫌い』

そんなおバカな親父ギャグを放しつつ、無事に検査は終了。


ワタシがもどるまでパートの看護師さんを残業させていたので、
ハァハァ言いながら走って外科外来へもどる。

しかしPETーCT終わって、
そのままご飯も食べずに働きだすサバイバーナースって、
ワタシくらいなんじゃないだろうか。

同僚ナースには、なるべく近寄らないように仕事をしました。
(ワタシから被曝しちゃうからね)

『オイラに近づくと火傷するぜぃ』
なんて意味不明なオヤジギャグをここでもかます(笑)



あとは読影を待つだけなのですが、もう一つ心配な点が。
うちの病院には読影をする放射線診断医が数名在籍しているのですが、
どの医師が読影するのか、その読影力に差があるのです。

『▲医師の読影レポートは見落としが心配』と聞いていたので
今日の読影が▲先生だったら嫌だなぁ〜、と気がかりでした。
で、肝心のPETーCTの読影結果。




◯先生だった。
多分、、、、大丈夫だったみたい。


取りあえずホッとした。
これで1年安心できる。



コメントくださった皆様、ありがとう。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト