FC2ブログ
看護師であり乳がん患者でもあります。家にいるにゃんず3匹と、仕事の話、お金の話、乳がん治療のその後の話など、日常のアレコレを記録していきます。
2013-11-11 (月) | 編集 |
金曜日の夕方、
ひさしぶりに実家へワタシ一人で寄ってみる。


両親に会うのは今年の正月以来なので、約10ヶ月ぶりか。

実家は市内で近いのだが、
ワタシは意識してあまり親とは会わないようにしている。



父親は、ワタシのボサボサ伸びた髪を見て、
『それはカツラか?』という。

『カツラじゃないよ。地毛だよ。伸びたんだよ』
と説明すると
『伸びたのかぁ、、、、』
と感慨深げに言う。

正月に会った時もカツラじゃなかったんだけど、憶えていないのか?
ボケた?
と、、、心の中でツッコむ。






ひとしきりお互いの近況を報告しての
帰り際、

母親から


『健康に気をつけて。親よりも必ず長生きして』


と、言われてしまう。

親とは以前Blogにも書いたが
色々葛藤があった。
それでもやはり、こんなセリフを言われると、
グッと心にくるものがある。



親よりも、
1日でもいいから長く生きねば。

人の子として、親に返せる「孝行」だ。




がん患者にならなければ、
全く考える事もなかった、そんなことを
再確認した先週の金曜日。







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

スポンサーサイト